物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

離島対策

尖閣キャラクター、お披露目 アホウドリのアルバちゃん


1:■忍【LV30,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/01/15(水)18:41:38 ID:???


 14日に石垣市民会館で開かれた尖閣諸島開拓の日式典では、政府が選んだ尖閣諸島のイメージキャラクターで、
アホウドリをモデルにした「アルバちゃん」がお披露目された。

 アルバちゃんは、尖閣諸島のとある島で暮らすアホウドリの女の子。羽根や足が小さく、飛んだり泳いだりするのは苦手だが、
近隣の島の友だちと遊んだり、おしゃべりするのが大好きという設定。

 この日は展示ホールのパネルでアルバちゃんが紹介された。

(以下略)

八重山日報 1月15日
http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/10388




2:/)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s[]:20/01/15(水)18:43:51 ID:cN.xj.L1

あーほーかい。


7:名無しさん@おーぷん[]:20/01/15(水)21:04:28 ID:eU.77.L41

>>2
これこれ


3:名無しさん@おーぷん[]:20/01/15(水)19:49:21 ID:DR.x8.L11

アホウドリ居たっけ
山羊が居るのは知ってるけど


9:■忍【LV9,バリイドドッグ,I4】[]:20/01/15(水)22:35:30 ID:8M.kp.L9

>>3
確かに山羊は記憶に残っているw


5:名無しさん@おーぷん[sage]:20/01/15(水)20:18:30 ID:cP.n7.L1

アホウドリの羽は長いと思うがなぁ。長い下り坂がないと飛び上がれないドジっ子風だけど。


6:名無しさん@おーぷん[sage]:20/01/15(水)20:19:55 ID:op.qy.L7

ちょっとデフォルメしすぎたよねw
言われないとアホウドリってわからない
特徴的なクチバシは残した方がよかったかも


続きを読む

中国の「静かなる侵略」に無防備でいいのか、「丸ごと買いたい」と言われた島


1:■忍【LV28,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/12/06(金)14:29:35 ID:???


(略)……

「島を丸ごと買いたい」:奄美・加計呂麻島
 安全保障関連の国土買収は、奄美大島でも数年前から始まっています。
表向きは大陸から友好平和を願う暖かい風という趣きですが、真の意図はまだよく見えてきません。
 2013年、奄美大島の地元紙・南海日日新聞に不可解な広告が載りました。

「山求む!」、「豊かな山林・原野求む。どんな山奥でも、条件が満たされていましたら買取もいたします。××不動産」
 広告主は奄美市内の小さな不動産会社で、いかにも唐突な珍しいメッセージでした。
「40年以上この新聞を読んでるけど、 
こんな広告を見たのは初めて。いったい何をはじめるつもりなのか?」
 地元の人もいぶかるように、今どき不人気な奥山の山林がほしいとはどういうわけなのか、リゾートか、それとも太陽光発電か、
世界遺産登録を見据えた先買いか──いずれにせよスポンサーがついていることは間違いありません。

(中略) 

 ちなみに江仁屋離島は、陸海空の自衛隊が離島奪還訓練を行う場所で、大島海峡を隔てたその視線のすぐ先には
奄美大島の西古見集落が見えます。
この地区は現役国会議員の出身地でもあります。一行は、加計呂麻島で稼働している四つのキビ酢工場をめぐり、これらにも
興味を示したそうですが、それにしても人口流出著しい加計呂麻島を丸ごと買ってどうするつもりなのか。まさかサトウキビ事業ではないはずです。
 天然の要塞、加計呂麻島は、もともと島全体が秘密の基地でした。山腹には日本軍の遺構がいくつも残っています。
1905年、日露戦争での連合艦隊はここからバルチック艦隊との決戦に向かい、太平洋戦争では戦艦武蔵と大和が停泊しました。
島北部の薩川湾は水深が深く、数十年前までは東シナ海と太平洋につながる海峡では随一の良港でした。島を丸ごと買いたい
という背後には、やはり軍事面での意図がうかがわれます。
(以下略)


新潮 12月5日
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12050731/?all=1

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 104◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574232256/



2:名無しさん@おーぷん[]:19/12/06(金)14:36:12 ID:hr.u1.L1

支那人とか離島の売買とか禁止しちゃえよもう


3:■忍【LV20,デスジャッカル,JP】ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw[]:19/12/06(金)14:37:00 ID:wa.m3.L20

シナ人は所有権と領有権の区別が出来ないから絶対ダメ


4:/)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s[]:19/12/06(金)15:00:17 ID:9q.u1.L1

△ 静かな侵略
〇 静かな戦争


5:■忍【LV1,サラマンダー,48】[]:19/12/06(金)15:11:11 ID:0b.7i.L1

法務省の官僚どもは土地を買いあさられるのに
のんきなものだな
こんなの移民奨励する前に穴をふさいどくもんだろ
やっぱ法務省は外国のスパイだらけって噂は
本当なのかもしれんよ。


6:/)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s[]:19/12/06(金)15:16:17 ID:9q.u1.L1

>>5
財務省=銭ゲバ
法務省=スパイ
外務省=無能


9:名無しさん@おーぷん[]:19/12/06(金)15:58:58 ID:3b.0c.L1

>>5
ここ買われるとシーレーン防衛も何も無くなるから絶対だめ。
関係省庁仕事してほしい


13:名無しさん@おーぷん[]:19/12/06(金)17:46:29 ID:Ve.7i.L2

>>5
たしか外国人による土地購入は財務省の管轄らしい
うろ覚えだけど


続きを読む

韓国の国防費、日本の防衛費を上回る 日本は対馬海峡の防衛強化を


1:■忍【LV28,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/11/13(水)12:43:13 ID:???


◎記事元ソース名/文政権、対日「戦争」の準備開始か 国防費、日本の防衛費を上回る[R1/11/13]

 韓国の国防費が、日本の防衛費を上回った。そんな衝撃的なデータが公表された。

 河野太郎防衛相が10月28日、自らの公式サイトに、日韓両国の国防費をドル換算で公表したのだ。そのデータによれば、
2010年時点では、日本は419億ドル(約4兆5800億円)に対し、韓国は352億ドル(約3兆8477億円)だった。

 ところが、経済不況に苦しんでいるにも関わらず文在寅(ムン・ジェイン)政権は国防費を増やしており、昨年(18年)、
日本は494億ドル(約5兆3999億円)に対し、韓国は506億ドル(約5兆5310億円)と、ついに追い抜かれてしまったというのだ。

 しかも、韓国の国防費は、今後も急増する見込みだ。

 河野氏は、《日本の中期防(中期防衛力整備計画)では毎年の当初予算の防衛予算の伸びは1・1%と閣議決定されています。
韓国の国防部による「2020-2024国防中期計画」によれば、毎年の伸びは7%ちかくになります》と説明する。

 よって、このままだと24年には528億ドル(約5兆7715億円)の日本に対し、韓国は772億ドル(約8兆4387億円)
となり、《日韓の国防費が1・5倍近くまで差が開きます》と指摘している。

 なぜ、文政権はこれほどの軍拡を進めているのか。

 実は、北朝鮮に対しては「緊張緩和」と称して38度線に配備していた韓国軍を減らしていて、『国防白書』からも「北朝鮮は主敵」
との文言を削除した。

 にもかかわらず、文政権は国防費を7%も増やし、来年度の国防予算に「周辺国に対抗する戦力を確保する」という項目を新設した。
戦闘機が発着できる多目的大型輸送船を含む海軍力を増強する方針も明らかにしている。

(以下略)

夕刊フジ 11月12日
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191112/for1911120001-n1.html

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 103◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572488930/


2:名無しさん@おーぷん[sage]:19/11/13(水)12:45:59 ID:8B.wt.L7

なんせ敵が多いからねえ。北朝鮮、アメリカ、中国、日本、
在日も徴兵して、もっと軍拡したほうがいい。


3:名無しさん@おーぷん[]:19/11/13(水)13:02:18 ID:Yn.vy.L1

そんで名品(ゴミ)兵器を大量開発すんのかー()
電気管理士とかも、南鮮政府は金持ちだなー(棒


5:名無しさん@おーぷん[]:19/11/13(水)14:11:46 ID:FB.wt.L1

韓国軍装備予算増額→北朝鮮南進→韓国軍が装備をほったらかして敵前逃亡
→北朝鮮軍が兵器を大量捕獲→文「作戦通りニヤリ」


11:名無しさん@おーぷん[sage]:19/11/13(水)17:43:30 ID:zp.q6.L1

>>5
あーwなるほどw


22:名無しさん@おーぷん[sage]:19/11/13(水)23:58:23 ID:eb.vy.L1

>>5
鹵獲な


続きを読む

鹿児島県十島村、村長が自衛隊誘致の方針表明 「無人島の活用策」


1:■忍【LV25,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/09/25(水)10:34:59 ID:???


離島奪還訓練場、誘致へ 鹿児島・十島村が表明

2019年9月23日 21時53分
 鹿児島県十島(としま)村の肥後正司(まさし)村長が自衛隊を誘致する方針を正式に表明したことが23日、分かった。

 十島村には防衛省が離島奪還作戦を行える初の訓練場を整備する候補地に浮上している臥蛇島(がじゃじま)がある。
南西方面での中国の離島侵攻の脅威をにらみ、陸海空3自衛隊が実戦に即して訓練できる場所は欠かせず、地元が自衛隊誘致の
方針を固めたことで訓練場整備が具体化する可能性が高まってきた。

 肥後氏は12日の村議会一般質問で「無人島の活用策として自衛隊の誘致を考えている」と明言した。

 誘致の理由として災害派遣の迅速化につながることや無人島と周辺海域の警戒監視能力が向上する利点を例示。
インフラ整備や村の活性化、交付金が期待できるとの認識も示した。防衛省から施設整備の提案があれば、受け入れに
向け住民を含めた協議会を設置する考えも明らかにした。

 肥後氏の表明に先立ち十島村の村議団は6月、自衛隊の無人島活用を求める要望書を防衛省に提出。「住民の安全性、
安心感は格段に向上」「政府の安全保障政策の推進に大きく寄与する」と明記している。

(以下略)


livedoorニュース 産経新聞 2019年9月23日 21時53分
https://news.livedoor.com/article/detail/17126050/

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 100◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568522360/


3:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)11:16:23 ID:zV.9w.L10

この島ぐぐるマップだと地図に「自販機」って書いてある…?


4:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)11:20:53 ID:Vw.sp.L1

>>3
本当だ自販機ってあったwww


5:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)11:23:57 ID:Vw.sp.L1

同じくぐぐるマップで村の東に御池って所があるけど
(底なし沼)ってなんだよwww


6:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)11:32:58 ID:r6.9p.L1

島村が「国防」に目覚めてくれるのは心強いな

これを機に、日本各地の島々もドンドン国防意識に目覚めてほしいわぁ


続きを読む

北海道のエサンベ鼻北小島消失、付近に浅瀬確認で領海はほぼ現状維持か


1:■忍【LV25,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/09/25(水)10:21:23 ID:???


海上保安庁は24日、浸食で消失すれば日本の領海が狭まる可能性があるとされていた北海道猿払村沖約500メートルの
「エサンベ鼻北小島」について、島は消失し、付近に浅瀬を確認したと発表した。同庁は消失しても浅瀬付近に別の離島
などがあるため、領海はほぼ現状維持できる見込みとしている。

 同庁などによると、第1管区海上保安本部(小樽)がオホーツク沿岸にある猿払村沖を調査した結果、小島があった
付近に島は存在せず、非常に水深が浅い浅瀬があった。

(以下略)


livedoorニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/17129483/

■関連スレ
【領海】北海道の沖合で小島消失の可能性 領海縮小の恐れも 海保、5月下旬に調査 [H31/4/25]
https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556154921/


2:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)10:39:19 ID:Vwj

海水による浸食かな


3:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)10:43:16 ID:yMR

つーても領海が減っても約0.03km2、東京ドーム半分ちょっとだからな。
あわてるな。
ワイはあわてたけど。


4:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)10:44:57 ID:Vwj

>>3
実際の大きさを出されると痛手を感じる


5:名無しさん@おーぷん[]:19/09/25(水)10:59:20 ID:YQ0

領海はほぼ維持なんだね 安心した


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索