物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

誘導ミサイル

米軍がミサイル防衛から方針転換?大慌てで対艦ミサイル大量調達


1:■忍【LV24,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/03/22(月)06:39:57 ID:???


 米軍当局はロッキード・マーティン社に137発の航空機発射型対艦ミサイルの開発製造を4億1400万ドル(各種支援費用込み)で発注した。これだけの数のミサイルを一度に発注するのは珍しい。

 米海軍と米空軍が調達を急いでいるこのミサイルは「LRASM(長距離対艦ミサイル)」である。米海軍はF/A-18E/F戦闘攻撃機に、米空軍はB-1B爆撃機に搭載する。

 中国の海洋戦力(海上戦力、海中戦力、航空戦力、長距離ミサイル戦力)の充実が著しく、南シナ海や東シナ海においてアメリカ
海洋戦力が後れを取り始めた状況をなんとか打開するために、米軍当局が慌てて調達を進めているのだ。

■対空戦重視のアメリカ海軍の伝統
(略)

敵艦を攻撃する装備が限定的にとどまっているのも、アメリカ海軍水上戦闘艦の特徴であった。

 こうした防御重視の軍艦建造や艦隊編成に対しては、米海軍関係者の中からも「対空防御を重視するあまり金をかけすぎて、
敵艦艇を攻撃する戦闘力が弱体ではないのか?」という疑義が呈されてはいた。
(略)

■中国が開発する「効率が良い対艦ミサイル」

 一方、中国海軍や第2砲兵隊(現在、ロケット軍)それに中国空軍は、各種対艦攻撃用ミサイルの開発に勤しんだ。

 対空防御ミサイルの開発に比べると、アメリカや日本が装備する対空システムを突き破る対艦攻撃ミサイルの開発は技術的に容易である。 
当然コストも抑えられ、大量生産も可能だ。その結果、例えてみると、米海軍や海上自衛隊が超高価な対空ミサイルを10発調達するのと
同じ予算と時間で、中国海軍は100発以上の各種対艦ミサイルを手にすることができる状況が生まれてしまったのである。


 とりわけアメリカ海軍関係者たちが危険視しているのは、YJ-12とYJ-18と呼ばれる超音速対艦ミサイルだ。

 YJ-12の射程距離は400kmで、マッハ3で飛翔する。現時点ではアメリカ海軍艦艇のハープーン・ミサイルの攻撃圏外から 
攻撃可能なため、極めて危険なミサイルある。YJ-18は巡航速度はマッハ0.85と亜音速であるが、敵艦に数十キロまで近づくと
マッハ3に速度を上げて目標に突入する。射程距離は540kmといわれている。

 それだけではない。海軍航空隊のミサイル爆撃機や戦闘爆撃機にも超音速や亜音速の対艦ミサイルが装填されるのに加えて、 
DF-ZF極超音速対艦攻撃グライダーも実戦配備が近づいている。さらにロケット軍は、地上から空母や強襲揚陸艦を攻撃する
ための対艦弾道ミサイル(DF-21D、DF-26など)を運用しており、戦時において米空母艦隊は迂闊に東シナ海や南シナ海には近寄れない状況となってしまっている。

■今になって回ってきた空母偏重のツケ

 アメリカ海軍首脳の主流派や連邦議会の国防関係議員などは、原子力空母戦力を自他ともに世界最強と認め、これまで過信しすぎてきた。 
そのため、海軍内部からの「対艦攻撃力を見直せ」という声に真剣に耳を傾けることはなかった。

 しかし、かつては取るに足りない戦力と見くびっていた中国海洋戦力は短期間で飛躍的に強化され、気がついた時には上記のように 
各種対艦攻撃力を身につけた極めて危険な存在に変貌していたのである。

 そこでアメリカ海軍は、遅ればせながらようやく対艦攻撃能力に予算を投入して、中国軍艦に装填されているYJ-18の射程圏外から
攻撃が可能なLRASMの開発・調達に本腰を入れ始めたのだ。

 ただし対艦ミサイル技術で中国に大きく後れを取ってしまったアメリカが生み出すLRASMは依然として亜音速ミサイルであり、
中国の最新鋭対艦攻撃兵器にアメリカが追いつくには、たとえ莫大な予算を投入しても数年間にわたる開発努力が必要と考えられている。


米海軍が方針転換、大量調達するミサイルとは?
ようやく「対艦攻撃戦力」構築に舵を切ったアメリカ
JBpress 2021.3.18(木)北村淳
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64518



2:名無しさん@おーぷん[]:21/03/22(月)09:13:06 ID:2Y.c9.L13

極超音速ミサイルのせいだろうな


4:名無しさん@おーぷん[]:21/03/22(月)09:47:19 ID:Mo.oi.L1

>>2
それもあるけど、実際は移動している対象に命中させるのはかなり難しい。
相対速度の調整のために用いられる燃料を消費し尽したらコントロールできない。
なのでロシアの実験は対象が固定されていた可能性が高い。


3:名無しさん@おーぷん[]:21/03/22(月)09:46:21 ID:MB.tv.L1

日本もASM-3(改)への繋ぎとしてASM-3Aを量産配備するとか
色んな装備が揃うまでチャイナが待ってくれるといいんだが


5:名無しさん@おーぷん[sage]:21/03/22(月)10:15:14 ID:MN.7j.L10

>南シナ海や東シナ海においてアメリカ海洋戦力が後れを取り始めた

武漢肺炎に続いて台湾侵攻、やれやれ、また暴支膺懲かいな。
こんどは鬼畜米英が味方だけど。


続きを読む

中国が神経を使う“主張を通す国ベトナム”とのミサイル威嚇合戦


1:■忍【LV23,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/03/05(金)12:41:05 ID:???


 南シナ海問題に関する情報を発信する非政府組織が最近、「中国がベトナムとの国境近くに地対空ミサイル基地を建設している兆候がある」
との情報を公開し、ベトナムが危機感を抱いて確認を進めている。そのベトナム側でも中国に対する抑止効果を念頭に最先端ミサイル購入の
計画が浮き沈みしており、中国側が神経を尖らせている。

◇「広西チワン族自治区に地対空ミサイルの基地」

 ベトナムのオンラインメディアのVNエクスプレスの2月4日報道によると、中国がベトナム国境から約20kmにある広西チワン族自治区
寧明県で、地対空ミサイルの基地を建設している兆候があると、非政府組織(NGO)が衛星写真をツイッターに投稿したという。
 このNGOは「ザ・サウス・チャイナ・シー・ニュース」で、南シナ海問題に関する情報発信を続けている。
 衛星写真には、この基地のほか、軍事用滑走路に沿って少なくとも6基のミサイル発射装置とレーダーが存在することが示されて
いるという。衛星データによると、中国側は2019年6月にミサイル基地の建設に着手したそうだ。NGOは「現時点では未完成」としている。

 このほか、ベトナム国境から約60km離れた場所にも、ヘリポートとみられる構造物が建設されていると、NGOが分析している。
 ベトナム外務省報道官はVNエクスプレスの報道を受けた記者会見で「この情報の信ぴょう性を調査する」と述べ、中国に確認を求めている。
 中国側の意図をどうみるか。米ダニエル・イノウエ アジア太平洋安全保障研究センターのアレクサンダー・ビュビン教授は米政府系
放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に「これは中国が国境戦争の準備を進めているというシグナルだ。
それはきょうや明日という話ではなく、長期的なものだ」と語った。

 一方、シンガポール南洋理工大研究員の高瑞連氏はVOAに「ベトナム国営石油ガスグループが現在、(中国が領有権や海洋権益を主張する)
南シナ海での新たな天然ガス探査計画を提案している。寧明県で建設しているミサイル基地はこの計画に対する“中国からの警告”の可能性が
ある」と指摘する。

(以下略)

Yahoo!ニュース
西岡省二 ジャーナリスト 3/5(金) 11:10
https://news.yahoo.co.jp/byline/nishiokashoji/20210305-00225783/



2:名無しさん@おーぷん[sage]:21/03/05(金)12:58:03 ID:Pg.ym.L10

カンシーチョワン人とベトナム人、どちらもネコを喰う連中、それはさておき、
ひとふた式をベトナムの漁師がカッとなったらぶっ放せるように改良して、
大量に供与してやれば、侵略の抑止力になるのでは。


3:名無しさん@おーぷん[]:21/03/05(金)13:47:27 ID:pF.mv.L1

>>2
今求められるのは抑止力ではなく駆逐力だと思う。
段階的にはそういう状況になっている。


5:名無しさん@おーぷん[]:21/03/05(金)20:45:22 ID:5I.gs.L6

>>2
猫は旨いって説と不味いって説があるが、どっちなんだろうか
犬みたいに色で味が変わるのだろうか
食わんけど


7:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:21/03/05(金)23:36:15 ID:En.es.L1

>>5
タヌキでもかなりギリギリ感あるのに、猫は臭いやばそうな気がする


続きを読む

国産トマホーク開発へ 射程2000kmの新型対艦弾 現行の12式は1500kmに延伸


1:■忍【LV21,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/12/29(火)06:20:37 ID:???


 政府が研究開発を進める新型の対艦誘導弾の射程が約2千キロに及ぶことが28日、分かった。配備が実現すれば自衛隊が保有するミサイルでは
最長射程となる。これとは別に、陸上自衛隊が運用する12式地対艦誘導弾の射程を将来的に1500キロに延伸する案が浮上していることも判明。

「国産トマホーク」ともいえる長射程ミサイルの整備を進めることで、自衛隊の抑止力強化につなげる狙いがある。複数の政府関係者が明らかにした。   
新対艦誘導弾は防衛装備庁が平成30年度から研究を始め、令和2年度までに計105億円の関連予算を計上した。4年度までに試作品を開発し、
同年度中に性能試験を行う計画だ。  

射程は約2千キロで、日本からの地上発射でも中国や北朝鮮が射程に入る。レーダーからの被探知性を低減させるステルス能力や、複雑な動きで
敵からの迎撃を防ぐ高機動性も追求する。 
地上発射に加え、艦船や航空機からの発射も可能にする。  
12式地対艦誘導弾は、今月18日の閣議で射程の延伸が決まった。
当面は従来の約200キロから900キロ程度に延ばすが、最終的に1500キロを目指す。  
政府は平成29年にF35戦闘機に搭載するノルウェー製の「JSM」(射程500キロ)と、F15戦闘機に搭載する米国製の「JASSM」
「LRASM」(ともに射程900キロ)の取得を決めた。
新型の対艦誘導弾と12式の射程はこれらを大幅に上回り、射程1600キロ以上とされる米国の巡航ミサイル「トマホーク」にも匹敵する。  

長射程ミサイルの導入について、政府は「自衛隊員の安全を確保しながら相手の攻撃を効果的に阻止する」と説明する。相手の射程を上回る
ミサイルを持つことで事態への対処を容易にする狙いがあり、主に島嶼(とうしょ)防衛を想定している。  
南西諸島に配備した場合、1500キロあれば平壌を、2千キロあれば北京をほぼ射程に収める。

(以下略)

Yahoo!ニュース 産経新聞12/29(火) 0:44
https://news.yahoo.co.jp/articles/d9b5f427963eb88aac99d0915d0a966abeb7a1dc



2:新年まで@65:06:35[]:20/12/29(火)06:53:25 ID:U3.bl.L13

>>1
>南西諸島に配備した場合、1500キロあれば平壌を、2千キロあれば北京をほぼ射程に収める。



ダメじゃん ホントのこと書いちゃあ


3:新年まで@64:56:40[]:20/12/29(火)07:03:20 ID:ze.h9.L1

さりげなく北京にご注進しちゃうか


4:新年まで@64:50:44[]:20/12/29(火)07:09:16 ID:NU.m3.L1

迎撃ミサイルを開発するためにも常に最新型のミサイルの開発は必要
特に迎撃回避能力は敵性国家で実用化されており
それに対する迎撃能力を得る前の段階では反撃能力だけが抑止力となる


5:新年まで@64:50:35[]:20/12/29(火)07:09:25 ID:9C.ut.L1

>南西諸島に配備した場合、1500キロあれば平壌を、2千キロあれば北京をほぼ射程に収める。

<; `∀´> 南西諸島はウリナラ起源!
(; `ハ´) 南西諸島は古代から我の領土!


続きを読む

米先端武器を開けてみれば…使われた技術はメイド・イン・ジャパン


1:■忍【LV21,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/12/21(月)11:07:59 ID:???


(略)……

日本の防衛産業関連企業生き残りに向けた輸出戦略

日本は輸出対象に対し「軍事武器」ではなく「防衛装備」と呼ぶ。
2014年に規定が変わったが、攻撃武器ではなく人命救助、輸送、警戒・監視活動などに使われるものだけ輸出している。輸出も防衛省と外務省がまず
判断するが、経済産業省が中心となっている。

初めはアジア・太平洋地域の国が目標だった。販売品目も水上偵察と人命救助用US-2水陸両用機や対空監視レーダー程度だった。US-2はインドと
インドネシアが関心を見せたが販売には至らなかった。レーダーはタイに提案したが失敗した。

最大の失敗はオーストラリアの潜水艦事業だ。オーストラリアはコリンズ級潜水艦に代わる次世代潜水艦12隻を、技術移転を受けオーストラリアで建造する
計画を立てた。日本は米国の支持を背にして挑戦状を差し出した。だが企業の微温的姿勢と政府の輸出経験不足でオーストラリアが希望する産業的要求など
を満たせず、フランスのバラクーダ型潜水艦に機会を奪われた。

◇成功より失敗が多い

日本は数回の挫折にもあきらめず退役武器供与と政府開発援助(ODA)などを動員して輸出を支援した。退役武器供与の最初の受恵者はフィリピンで、
日本の海上自衛隊で退役したTC-3訓練機を導入して海上偵察機として運用している。マレーシアは日本の海上保安庁で退役した警備艦を譲り受けて
運用している。

ODAは日本政府の予算で執行されるが日本の防衛産業企業で製作したものを支援した。ベトナムとフィリピンがODAを通じ日本で作った警備艦を支援
された。こうした支援に力づけられフィリピンとレーダー輸出契約を結んだのだ。ベトナムも海洋警備隊の艦艇6隻の導入を検討している。

日本は全面的な技術移転も約束している。日本はインドネシアに海上自衛隊でもまだ使っていない新型護衛艦を提案している。護衛艦は攻撃能力を備えた
武器で輸出が難しいという予想もあるが、日本では共同開発を通じて解決できるという見通しも出ている。

日本のアジア太平洋地域への防衛装備輸出は中国の南シナ海進出に対応するという目的も大きい。中国の拡張に恐れを感じるこの地域の国に必要な装備を
輸出して共同対応体制を作るという戦略だ。

◇米国の先端武器開発にも参加

日本は遅々として進まないプラットフォーム輸出と違い先進国と先端技術と部品を利用した共同開発で成果を出している。代表的なものは米海軍が最近
大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃に成功した防衛ミサイルである「SM-3ブロックIIA」が挙げられる。日本はここに円錐型弾頭前部のノーズ
コーンなどを供給する。

米国が開発した陸上配備型弾道ミサイル防衛(MD)システムであるイージス・アショアに装着するSPY-7レーダーにも日本の技術が使われている。
SPY-7は日本のほかにもカナダとスペインの次期戦闘艦に搭載される。

英国とは長距離空対空ミサイルを共同開発している。日本が開発したAAM-4Bのレーダー探索器と欧州MBDAが開発したミーティオミサイルを
結合し、改良型である新型長距離ミサイル(JNAAM)を開発してF-35戦闘機に搭載する予定だ。日本はJNAAMをドイツとフランスなど
ミーティオミサイル運用国に輸出することを希望している。

日本の武器輸出は規模の面ではまだよちよち歩きの段階にすぎない。しかし日本の先端技術部品を使った武器の共同開発を米国と欧州に提案し、部品輸出
に活路を見出す可能性が大きい。国際共同開発は、リスクは分担しつつ同時に市場は育てる方法だ。

(以下略)

中央日報 12月20日
https://japanese.joins.com/JArticle/273567

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 117◆ !max600
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1607491679/



2:名無しさん@おーぷん[sage]:20/12/21(月)12:10:06 ID:xO.zf.L1

同盟国が役割分担しとるだけ。中共製部品がゾロゾロ出て来たらびっくりするがの。
ところで、中共のミサイルには日本製のリレーが使われてるらしいが、振動に弱い部品しか作れん未熟な技術力を恥じた方がええで。


3:■忍【LV0,作成中..】[sage]:20/12/21(月)12:44:53 ID:g1.qr.L1

相変わらず朝鮮記事は要らん前置きが長過ぎるな。


4:名無しさん@おーぷん[]:20/12/21(月)12:57:36 ID:a2.xb.L1

>>3
迸る対日モヤモヤね

オージーの次期潜水艦は絶賛炎上中らしい
TC-3のフィリピン仕様はカラーリングが格好いい


5:名無しさん@おーぷん[]:20/12/21(月)23:39:52 ID:G8.qr.L2

まぁようやくスタートラインに立ったばかりだしな
これからこれから


続きを読む

米原潜、中東のホルムズ海峡通過 米海軍異例の発表


1:■忍【LV21,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/12/22(火)12:25:56 ID:???


(CNN) 米海軍は21日、原子力潜水艦「ジョージア」が同日、イランに近いホルムズ海峡を通過したことを明らかにした。
海軍が原潜の動きを公表するのは異例。

海軍は声明で、ジョージアがミサイル巡洋艦2隻とともにホルムズ海峡を通過し、ペルシャ湾に入ったと発表した。

さらにジョージアの能力について、対地巡航ミサイル「トマホーク」を154発搭載可能と強調した。

米当局者らの間では、米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害してからちょうど1年となる来月3日に合わせ、
イランが米国に攻撃を仕掛ける可能性が指摘されている。

イランの隣国イラクでは20日夜、米大使館周辺にロケット弾8発が撃ち込まれた。

(以下略)

CNN 12月22日
https://www.cnn.co.jp/usa/35164202.html



2:名無しさん@おーぷん[]:20/12/22(火)12:31:25 ID:31.3j.L4

イランといえばドミニオン国の一つ


3:名無しさん@おーぷん[]:20/12/22(火)12:35:09 ID:Xp.oj.L17

対イランでの中東団結への援護


4:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:20/12/22(火)13:37:26 ID:lH.oj.L1

なんというか、トマホークは割と撃ってもいい雰囲気になってて戦略性増しましたね


6:名無しさん@おーぷん[sage]:20/12/22(火)17:07:09 ID:Z4.yl.L1

>>4
それと共にイランが報復した長距離ミサイルも戦術兵器になりつつある。
併せて攻撃性というより抑止性が増した感じかな。
それが政略性なり戦略性ともなるが。


7:■忍【LV0,作成中..】[sage]:20/12/22(火)17:10:42 ID:Qs.la.L1

>>4
偵察衛星でざっと調べて、無人機で人の出入りを見張れば、現地に調査員を派遣するという危険をかなり省けるからね。(現地調査員はゼロには出来ないみたいだけど)
それに巡航ミサイルを組み合わせると、(味方の)人が死ぬ可能性を極少に出来る。
ただ、巡航ミサイルは意外と高くてコストパフォーマンスが悪い。
同じだけの損害を与えるのなら、素直に攻撃機で各種爆弾を運用した方が圧倒的に安上がりになる。
最終的には無人機で爆撃する形になるのかも。

と、ここまで書いてて思ったんだが、積載能力の低い無人機を多数出しての爆撃と、積載能力の高い攻撃機(F-15Eとか)を少数出しての爆撃と、どっちが効果的なんだろう?
機体その物は、結局は作戦地域に近い現地基地が必要だし、整備員も無人機沢山作戦の方が数必要だろうし、
パイロットも無人機沢山作戦の方が数必要になる。
結局は最後は人件費の問題か。


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索