物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

米中関係

バイデン米大統領:習近平は独裁者 対抗姿勢鮮明に


1:■忍【LV25,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/04/30(金)11:24:19 ID:???


◎記事元ソース名/習近平主席を「独裁者」と表現 就任100日バイデン大統領が対抗姿勢鮮明に

バイデン大統領は、もともと用意していた原稿を急きょ変えて、中国の習近平主席を「独裁者」と表現するなど、対抗姿勢を
鮮明にした。バイデン大統領「(習近平国家主席は)世界で最も重要な国になるため、必死になっている」

(以下略)

FNN 4月29日
https://www.fnn.jp/articles/-/176303



2:名無しさん@おーぷん[]:21/04/30(金)11:31:01 ID:bc.8a.L1

トランプでもバイデンでも中国を締め上げる大統領が良い大統領だ。


8:名無しさん@おーぷん[]:21/04/30(金)16:49:42 ID:Ml.ef.L11

>>2
×締め上げる
○滅ぼす


3:名無しさん@おーぷん[]:21/04/30(金)11:49:56 ID:Dz.fm.L1

考え方が甘いし温い。
習近平だけではなく中国人全員が問題だと認識するべきでしょう。


4:名無しさん@おーぷん[]:21/04/30(金)11:56:32 ID:n3.gb.L1

ミエミエのポーズに過ぎない
ハンター・バイデンの件で中共の傀儡バイデンの地位は変わり様が無い


5:名無しさん@おーぷん[]:21/04/30(金)12:51:04 ID:5o.p9.L11

議会は党に関係なく支那絶対殺すマンで占められてるから、本心でどう思ってようとこうならざるを得ない


続きを読む

台湾政府、中国本土からのハイテク求人を禁止


1:■忍【LV25,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/05/01(土)15:10:43 ID:???


<半導体の人材流出を阻止するため労働部が決定した罰則付きの強硬手段>

台湾問題をめぐって米中間の緊張が高まるなか、台湾の労働部(労働省に相当)は、台湾の人材派遣会社が中国本土からの
求人情報を出すことをいっさい禁止する。

Nikkei Asiaが独占入手した情報によれば、台湾労働部は通達を出し、その中で「米中間の地政学的な緊張の高まり(やアメリカの
対中半導体禁輸措置)により、中国の半導体開発は打撃を受けている。中国は半導体の国内調達網を構築するため、台湾の優秀な
半導体エンジニアの引き抜きをこれまで以上に積極的に行っている」と指摘した。

台湾のこの決定は、中国へのハイテク部門の人材流出を阻止するための強硬手段であり、通達に違反した者には罰金も科す。
特にIC(集積回路)や半導体など、台湾がリードする分野の重要な求人で違反があった場合は相応の措置を取るとしている。

Nikkei Asiaによれば、労働部の通達は「(中国での)半導体やICに関する仕事に人材を紹介した場合には、罰金額はより高くなる」
とする。また台湾最大手の人材紹介サイト「104人力銀行」は同紙に対して、新たな規制は、中国に製造拠点を持つ台湾企業にも
適用されると述べている。

(以下略)

Yahoo!ニュース 4/30(金) 17:46配信 ニューズウィーク日本版
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c8543b7b85db8bc469200d2a7f69abf74916956

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 121◆ !max600
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1619598908/



2:名無しさん@おーぷん[]:21/05/01(土)15:12:23 ID:jh.5y.L1

>>1
日本が言えたことじゃないけど、競争相手国・敵国相手に随分ユルユルだったのね


7:名無しさん@おーぷん[]:21/05/02(日)13:50:36 ID:FF.ns.L19

>>2
てか、
日本や台湾だけでなくどこの国でも、ほんのちょっと前まで中国を「巨大市場」と見て敬意を払っていただろうが。
中国を政策としてハッキリ敵国認定するようになったのはアメリカがトランプ政権になった後のことだし
そのトランプ大統領も常に中国を支持する勢力から非難され何をやるにも妨害されていた。
本当に中国が敵扱いされるようになったのは今年に入ってからだ。


6:名無しさん@おーぷん[]:21/05/01(土)21:52:32 ID:2F.nz.L1

いまの政権はアメリカよりの人がトップだけど、
親中政権だったときもあったからね。


3:名無しさん@おーぷん[sage]:21/05/01(土)15:36:01 ID:Kr.pw.L1

日本は相変わらず野放しどころか奨励


4:名無しさん@おーぷん[]:21/05/01(土)16:03:50 ID:rc.gb.L1

今の時代の人材業は闇市場が当たり前のように存在しているから
罰金ではなく逮捕という手段を執った方が妥当だと思う。
その闇市場を構築しているのが中国をはじめロシアやイラン、中南米だったりするんだけど。


5:名無しさん@おーぷん[]:21/05/01(土)17:37:48 ID:au.qs.L9

留学生も制限しろよ。犯人は留学生もだろ?
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210420/k10012984761000.html


続きを読む

米国、反中連合から韓国を除外 米上院外交委員長:同じ立場の国々を集めた


1:■忍【LV25,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/04/11(日)11:52:30 ID:???


◎記事元ソース名/米国、反中連合戦線から韓国を除外

米連邦議会上院外交委員会は8日(現地時間)、中国けん制を目的とする総合対策を定めた超党派による法案「戦略的競争法2021」案を公表した。

同盟国やパートナー国と協力し、軍事と経済の両面において中国を締め付けると同時に、最先端の科学技術を米国が先に確保し、長期にわたる
競争で勝つことを目指すという構想だ。

バイデン大統領の対中政策を支えるために米民主党が中心となってとりまとめられた法案だが、共和党もこれに完全に合意したことから、
この法案は米国による今後の対中政策の土台になりそうだ。

(中略)

とりわけこの法案は「インド・太平洋における安全保障を強化するため」として日本の軍事力増強を強調している。

日本の長距離精密火力、防空力とミサイル防衛力、海洋安全保障、情報と監視・偵察能力の向上を米国として支援すべきことを定めているのだ。

日本が中国をこれまで以上にしっかりと監視し、必要な場合は長距離ミサイルで攻撃もできるよう支援すべきということだ。

また安全保障上の新技術獲得を目指す両国の民間分野における協力を後押しするため「米日国家安保革新基金」を立ち上げるという
内容もこの法案に明記されている。

米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国連合体「クアッド」参加国の間には「より多くの軍事的な対話、合同訓練が行われなけ
ればならない」という条項もある。

米国にとって条約上の同盟国であると同時に、クアッドの一員でもある日本とオーストラリアの役割は自然な形で強調されている。

「米国、日本、オーストラリアの間で締結された三カ国軍事情報保護協定を通じ、日本やオーストラリアとの軍事協力をより
一層深めねばならない」という条項もある。

(中略)

この法案は、先端技術を利用して市民を監視、抑圧する中国の「デジタル独裁」に対抗するには、「経済面・外交面であらゆる
手段を動員する必要がある」として「デジタル技術貿易同盟」の構築を提案している。その一方で「デジタル貿易の合意」に
向けた二国間・多国間交渉の必要性にも言及しているが、その交渉相手としては欧州連合(EU)、日本、台湾、
そして米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドからなる情報共同体「ファイブ・アイズ」しか明記されていなかった。
「適切な他国が含まれる」との記載はあるものの、ここに韓国の名前は登場しなかった。

(以下略)

朝鮮日報日本語版/2021/04/10 09:01
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/10/2021041080006.html



2:名無しさん@おーぷん[]:21/04/11(日)11:59:45 ID:xy.kr.L1

お腹 スッキリ!


3:名無しさん@おーぷん[]:21/04/11(日)12:19:22 ID:ZS.nq.L22

よーし


4:名無しさん@おーぷん[sage]:21/04/11(日)15:57:31 ID:yy.bu.L1

評価する


5:名無しさん@おーぷん[]:21/04/11(日)16:01:48 ID:gr.is.L15

もはや、正体がバレとるわけだ


続きを読む

バイデン米政権、中国のスパコン開発企業などに制裁措置発表


1:■忍【LV25,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/04/09(金)09:32:20 ID:???


アメリカのバイデン政権は、中国でスーパーコンピューターを開発している7つの企業や国立の研究団体が、軍事転用に
関与しているとして、アメリカ製品の輸出を事実上禁止する制裁措置をとると発表しました。

アメリカ商務省は8日、アメリカ企業からの製品の輸出を事実上禁止するリストに、中国のスーパーコンピューターを
開発している7つの企業や国立の研究団体を加えると発表しました。

制裁の理由について商務省は、スーパーコンピューターは核兵器などの開発に活用できるもので、これらの企業と
団体が軍事転用に関与していると説明しています。

この制裁リストには、トランプ政権時代にファーウェイをはじめ、通信や半導体などハイテク分野の中国企業が次々に
加えられましたが、バイデン政権になってからは初めてとなります。

レモンド商務長官は声明で「中国の軍事にアメリカの技術が使われないよう、あらゆる権限を行使する」と述べ、
引き続き制裁を強化していく考えを示しました。

(以下略)

NHKニュース 2021年4月9日 9時12分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210409/k10012964251000.html



2:名無しさん@おーぷん[]:21/04/09(金)09:36:15 ID:hX.ho.L1

結局トランプ路線の踏襲
バイデンジャンプやハンターセックスを隠蔽して無理を通して
政権を奪取したがアメリカの世論を敵に回す覚悟は無かったようだ


3:名無しさん@おーぷん[sage]:21/04/09(金)09:58:27 ID:Ul.lc.L1

nVidiaのGPUを並列接続してるだけなのにw


4:名無しさん@おーぷん[]:21/04/09(金)12:39:05 ID:eM.uw.L1

中国はもう独自でスパコンは作れなくなったな。


5:名無しさん@おーぷん[]:21/04/09(金)12:50:11 ID:a0.la.L1

日本も日本の平和の脅威の韓国にしなきゃならんが、米国は早く手を切れ。
邪魔なんだよ。て、米国も支那については日本をそう思っているだろうけどね。
双方の思惑の交差は早く統合して欲しいものだね。
梯子はずしは止めよう!の声掛けして。


6:名無しさん@おーぷん[sage]:21/04/09(金)13:12:06 ID:58.ho.L1

ブタに真珠、ネコに小パンダ


続きを読む

震え上がる習近平 台湾侵攻狙う中国へ、アメリカの怒りが頂点に達した!


1:■忍【LV24,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/04/02(金)11:12:04 ID:???


2022年、台湾で起こる危機的事態

 米国のインド太平洋軍司令官や元大統領補佐官らが、相次いで「中国による台湾侵攻」の警鐘を鳴らしている。台湾危機は
日本の危機に直結する。そのとき、日本はどうするのか。4月上旬に予定される日米首脳会談で、焦点の1つになるのは確実だ。

 口火を切ったのは、米インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン司令官だった。同氏は3月9日、米上院軍事委員会で
「今後6年以内に中国が台湾を侵攻する可能性がある」と証言した。
同氏は「米国のリーダーとしての役割に取って代わろうという野心を強めている。…その前に台湾が野心の目標の1つである
ことは間違いない」と語った(https://www.afpbb.com/articles/-/3335866)。

 すると、次期インド太平洋軍司令官に指名されているジョン・アキリーノ海軍大将も3月23日、同じ委員会で「私の意見では、
この問題(中国による台湾侵攻)は大方の想定より間近に迫っている」と警告した(https://www.cnn.co.jp/usa/35168332.html)。

 ドナルド・トランプ政権で大統領補佐官(国家安全保障担当)を務めたハーバート・マクマスター氏は4月2日、同委員会で
「2022年以降が台湾にとって最大の危機を迎える時期になる」と証言した(https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM0311U0T00C21A3000000/)。

 なぜ、22年以降かと言えば、冬の北京五輪が同年に予定されているからだ。習近平総書記(国家主席)にとって、北京五輪は最重要
イベントなので、それまでは国際的批判を招く手荒な行動を避けるだろうが、終了すればフリーハンドを握る、という見立てである。

 同氏は、中国が南シナ海で人工島を建設し、軍事拠点化を進めてきた1つの理由も、台湾に侵攻したとき「米軍が南シナ海から
支援に駆け付けるのを阻止するためだ」と語っている(https://www.epochtimes.jp/p/2021/03/69278.html)。

 米軍トップや元政権幹部らが、そろって「中国による台湾侵攻が切迫している」という認識を示したのは、前例がない。彼らの危機感は本物とみていい。


米国が「台湾支持」を明確に
 米国は、これまで台湾にどう向き合ってきたのか。

 歴代政権は、台湾について「1つの中国政策」を堅持してきた。それは、1972年の米中共同声明(上海コミュニケ)に示されている
(https://history.state.gov/historicaldocuments/frus1969-76v17/d203)。「米国は台湾海峡のどちらの側の中国人も、
中国は1つしかなく、台湾は中国の一部と主張していることを認識する」という有名な声明である。

 この声明の解釈について、私は昨年9月25日公開コラムで「中国も台湾も『中国と台湾が合わせて1つ』という認識では同じ」で
あり、米国が「台湾は中国の領土の一部」と認めたわけではない、と書いた(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75889)。

 中国は「台湾は中国の一部」とみなしているが、台湾も「中国こそが台湾(中華民国)の一部」と主張している。そして、米国は
そんな双方の理解を「認識した」にすぎない。つまり、米国は主権について、どちらの側にも与せず、中立的な立場を維持してきた。

 ところが、コラムで紹介したように、デビッド・スティルウェル国務省次官補(東アジア・太平洋担当、当時)は昨年8月、講演で
「中国の台湾に対する挑発を受けて、我々は重要な政策調整を強いられている」と語った。米国が中立の立場を捨てて、台湾を
支援する方針を示唆したのだ。
(以下略)

Yahoo!ニュース 4/2(金) 8:01配信 現代ビジネス
https://news.yahoo.co.jp/articles/40b8f4596d83d96e84c985cf96cd42af8dbe6b8e



2:名無しさん@おーぷん[sage]:21/04/02(金)11:19:09 ID:pR.cr.L1

俺の怒りが有頂天


3:名無しさん@おーぷん[]:21/04/02(金)12:15:06 ID:vM.cr.L1

まぁ、激怒とか関係ないから。
どう転ぼうと、米中は一度は実弾を使った戦争が必要になる。
その際に、どれだけ中国を叩き切れるかによって結果が変わってしまうので
どれほど残忍と呼ばれようが、中国の主要都市の全てを焦土化する覚悟で挑まなければいけない。


4:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:21/04/02(金)12:25:48 ID:ds.zp.L1

現実の情報を吸い上げられなくなった典型的な独裁者爆散パターンだし、
軍事オプションで行くところまで行っちゃうか暗殺の二択ですねえ・・・


7:■忍【LV15,バリイドドッグ,I4】[]:21/04/02(金)21:17:02 ID:uT.gt.L15

>>4
易姓革命ルートも追加しちゃおう


8:名無しさん@おーぷん[]:21/04/02(金)21:59:44 ID:Yz.xr.L5

>>7
徳の無い天子は斬首されるんだよなえ


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索