物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

海上保安庁

宮古島に離島初の海保射撃訓練場 2019年度中 領海侵入漁船の制圧訓練も


1:ん◆2R.j9FMXMSiE[sage]:2017/09/07(木)16:38:50 ID:???


 読売新聞によると、海上保安庁は離島では初めてとなる射撃訓練場を2019年に宮古島に整備
するという。
 領海侵入した中国漁船の乗組員を想定した制圧訓練も行う予定という。
 2016年8月には、最大15隻の中国公船と漁船200~300隻が尖閣周辺に押し寄せていた。

 詳細と続きは読売新聞で。


>尖閣最前線、宮古島に離島初の海保射撃訓練場
2017年09月06日 07時07分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170905-OYT1T50131.html

「領海侵入した中国漁船の乗組員を想定した制圧訓練も行う予定」原文ママ。


2:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/07(木)17:27:12 ID:LyC

尖閣に作ろうよ


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/07(木)17:44:23 ID:v2B

>>2
尖閣の久場島と大正島は在日米軍の射撃場になってるが、長らく訓練は行われていない模様。
米軍に頼んで訓練を再開してもらえばいい。


6:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/07(木)17:47:58 ID:LyC

>>5
すでに設備があるのなら話が早い
ぜひお願いしたい


12:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/07(木)20:50:00 ID:v2B

>>6
設備というか、ただの更地だけどね。
ちなみに1972年から米軍の射撃場に供与されたまま現在も在日米軍の管理地域になっている。政府もこのまま返還を要求しない模様。


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/07(木)17:36:21 ID:APc

日本初って
今まで射撃訓練すらしてなかったってことか?


4:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/07(木)17:37:56 ID:uOU

>>3
> 離島では初めてとなる射撃訓練場


続きを読む

海上保安庁、人工衛星で領海監視へ 海難救助にも活用


1:◆dy5OJynnfTQj[sage]:2017/08/29(火)21:53:13 ID:fUO

 海上保安庁は、多発する中国公船の領海侵入対策や、海難救助などで現場の状況を的確に把握するため、今年度から人工衛星を使った監視システムを導入する方針を決めた。

 人工衛星により、周辺国の沿岸部も含めた広範囲で画像を撮影し、警戒警備や捜索、捜査などに活用する。
 今秋にも人工衛星を運用している民間事業者と契約を結び、システム運用を開始する方針。

(省略)

全文はこちら
読売オンライン会員記事(2017年08月29日 07時08分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170828-OYT1T50118.html


2:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:2017/08/29(火)21:54:40 ID:g2n

海保は対潜哨戒機の中古を回したほうがいいと思う
というか国境警備隊が必要


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/08/29(火)21:55:15 ID:f0l

いいと思う


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/08/29(火)21:56:34 ID:Lii

竜飛崎の墜落事故の煽りか(´・ω・`)。
隊員個々にGPS付けときゃよかったじゃん(´・ω・`)。
まあ、シナの領海侵犯の監視は要るだろうけど(´・ω・`)。


5:名無しさん@おーぷん[]:2017/08/29(火)22:55:42 ID:yUD

2年前から報じられていた海洋状況把握(MDA)か。
今秋にもシステム運用開始とか、予想外に動きが早い。

中国などの不審船を監視、衛星によるリモートセンシング利用へ―日本 ― レコチャ (2015/9/5)
http://www.recordchina.co.jp/b118147-s0-c30.html

>MDAの運用には新たな衛星や無人機が多数必要になることから、
>正式な計画実施は2019年度以降になるとの見方もある。


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/08/29(火)23:20:54 ID:AOl

徹底的にやれ。
つうか見つけたら即沈めちまえよ


続きを読む

尖閣領空で中国の「ハエ」撃墜する日 海保に白羽の矢が立ったワケ


1:■忍法帖【Lv=7,ばくだんいわ,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX.[sage]:2017/08/23(水)07:18:23 ID:VWT

◆尖閣領空で中国の「ハエ」撃墜する日 海保に白羽の矢が立ったワケ 自衛隊との垣根消える?
[産経ニュース 2017.8.23 07:00]


 中国による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での一方的な海洋進出と挑発が
止まらない。新たな手段も繰り出し、小型無人機「ドローン」を使った領空侵犯は
その象徴だ。小型のドローンとはいえ主権の侵害を放置すれば、中国はさらに挑発を
エスカレートさせる恐れが強く、手をこまねいているわけにはいかない。
撃墜もいとわない強い姿勢が求められ、白羽の矢が立ったのは自衛隊ではなく
海上保安庁だった。(社会部編集委員 半沢尚久)

■ 5月にドローン

 ドローンによる領空侵犯は5月に起きた。

 尖閣諸島の魚釣島の西北西約14キロの領海内で中国海警局の船の船首付近で
ドローンが飛行しているのを海保の巡視船が確認した。海警局の船は領海に
侵入しており、その上空でのドローンの飛行は領空侵犯に当たる。

 海保から連絡を受けた航空自衛隊はF15戦闘機やE2C早期警戒機などを
緊急発進(スクランブル)させたが、ドローンは5分弱で海警局の船に
戻ったとみられている。空自がスクランブルで出動したのは、現状では領空侵犯や
領空接近に対処するのは空自だけに与えられた任務だからだ。

 ただ、ドローンに対するスクランブルについて空自幹部は「広大な領空でハエを
追うようなものだ」と指摘する。小型のドローンはF15などのレーダーに映らず、
パイロットも目視できないためだ。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/premium/news/170823/prm1708230001-n1.html


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/08/23(水)07:21:56 ID:hwl

みつけたら、ジュっと焼いちまう。レーザー砲みたいなのが必要だな。


3:付箋[sage]:2017/08/23(水)07:43:13 ID:eIV

リーパーやトライトンでも
導入すれ


4:名無しさん@おーぷん[]:2017/08/23(水)07:54:31 ID:d53

同じ国防任務なんだから連携上手くやって欲しい
あとは日本でやってるVTOL型ドローンに期待しとく
飛行速度速いんで偵察監視にちょうど良さそう


5:FX-502P[]:2017/08/23(水)08:07:54 ID:m8f

ジャミングで対抗するのか
AIで自律飛行するようなのが出てきた場合どうするんだろう

それより、捕獲用に特化したドローンみたいなのは難しいんかねえ
ドローンにはドローンで対抗するのがいちばん効率良さそうな気もするんだけど


15:名無しさん@おーぷん[]:2017/08/25(金)01:31:28 ID:8O2

>>5
ドローン対策にこそレーザーだと思う
今の技術なら一発100円で撃てるんだぜ
http://gigazine.net/news/20141212-us-navy-laser-weapon-movie/


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/08/23(水)08:13:03 ID:PRP

【沿岸警備隊】って軍のひとつだからね。

天皇陛下がアメリカを訪問したとき、
アメリカは史上初の五軍による歓迎の観閲儀仗を行ったが、
陸海空軍と海兵隊と沿岸警備隊(Coast Guard)だった。


現在の日本では海上保安庁は防衛省とは別の組織だが
もうそろそろ昇格するなりなんなりしてもっと充実させてもいいと思う。
せめて【予算が無さすぎて耐用年数を過ぎた巡視船を引退させることすら出来ない】
という現状を改めるべき。
(日本人が選挙で海上保安庁の予算不足を考慮しないから政治家は政策論争として取り上げないし予算もつけない。
政治は全て【票を集められない話題は徹底的に無視される】から
海上保安庁が貧乏なのは日本人が無能なせい)


続きを読む

中国ドローンの領空侵犯に電波妨害で阻止 先行導入視野に政府検討


1:■忍法帖【Lv=7,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2017/07/31(月)10:35:54 ID:???


■ソース元記事名/中国の領空侵犯、電波妨害でドローン阻止 政府検討

 政府が、小型無人機「ドローン」による領空侵犯への対処策として、海上保安庁の巡視船に電波妨害装置を搭載し
ドローンの飛行を阻止する検討に入ったことが30日、分かった。
尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で5月に中国公船から飛行したとみられるドローンが領空を侵犯したことを受けた措置。
航空自衛隊が担ってきた対領空侵犯措置を海保が補完するもので、法的根拠も整理する。

 5月に領空侵犯したドローンは、尖閣周辺の領海に侵入した中国海警局の船の近くを飛行しているのを海保の巡視船が発見。
尖閣周辺でドローンの飛行が確認されたのは初めてだった。

 海保から連絡を受けた空自のF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対応したが、
小型のドローンはF15などのレーダーに映らず、パイロットが目視もできないため、スクランブル対応を疑問視する声が多い。

 そのため、政府は海保にドローンに対処する能力を保有させる方向で検討に着手し、電波妨害装置の導入が有力になった。

Yahoo!ニュース/7/31(月) 7:55配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000052-san-soci


2:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/31(月)10:43:16 ID:2zx

>電波妨害装置は一式につき数億円のものが想定されている。

・・・・・・。


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/31(月)10:46:08 ID:Di6

撃ち落としちゃダメなのか?


5:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/31(月)11:14:48 ID:Etj

チャフグレネードをドローンで落とせばいいじゃん
こっちのドローンも落ちるけど、せいぜい十万ぐらいだし


7:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/31(月)11:21:26 ID:7aV

やはりジャミング検討になったか


8:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/31(月)11:47:51 ID:y2G

これに準じた電波法改正で
総務省と一波乱ありそうな予感・・・


9:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/31(月)12:04:37 ID:tFq

もう尖閣を電波妨害基地にしたら?


10:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/07/31(月)12:28:12 ID:qWz

空自に電子戦機を導入するのが手っ取り早いかと。



他の使い道も沢山あるし。


続きを読む

中国公船、対馬と沖ノ島沖で領海侵入 海保が初確認


1:■忍法帖【Lv=1,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2017/07/16(日)09:45:17 ID:???


 第7管区海上保安本部(北九州)によると、対馬海峡を東に航行していた中国海警局の船が15日、長崎・対馬と
福岡・沖ノ島周辺の領海に相次いで一時侵入した。7管本部は、いずれの領海も中国公船の侵入を確認したのは初めてとしている。

 国連海洋法条約によると、全ての国の船舶は沿岸国の安全などを害しない限り領海を通航する権利がある。
7管本部は今回のケースが“領海侵犯”に当たるかどうかは明言していないが、特異事案として領海からの退去を求めたとしている。

 7管本部によると防衛省から、対馬下島の領海に海警局の船1隻が午前11時50分ごろ侵入したことを確認したと連絡があった。

(以下略)

産経 2017.7.16のニュース
http://www.sankei.com/photo/daily/news/170716/dly1707160004-n1.html

関連記事
【外交/日中首脳会談】安倍首相、対北朝鮮で建設的役割を=習主席、独自制裁に反対、安倍首相は中国公船の領海侵入の改善も求める H29/7/8
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499506855/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 73◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498477014/


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/07/16(日)10:05:58 ID:RsV

だんだん長くなってやがてむこうから退去しなさいといってくるのだ


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/16(日)10:06:13 ID:DTv

>>1

早速 やりやがったな……

目的は盗掘と 沖ノ島の乗っ取りと 日本人の宗教精神の破壊……


4:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/16(日)10:32:26 ID:0KS

自衛隊の存在を憲法に明記して、国民の安全と財産、領土を守ることを明らかにして欲しい


5:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/16(日)10:34:08 ID:5tg

9条教の連中に、このニュースを突き付けてやりたい


6:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/16(日)10:46:51 ID:S8j

>>5
9条狂「日本が悪い!」


7:名無しさん@おーぷん[]:2017/07/16(日)10:56:03 ID:5tg

>>6
ふつうにありえそう


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索