物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

新発見

英国古代王子の墓室、道路脇で発見 ツタンカーメン王の墓に匹敵と専門家


1:■忍法帖【Lv=9,シャドー,pJ7】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/05/10(金)17:27:29 ID:???

*画像はリンク先にてご覧下さいませ。

【5月10日 AFP】英イングランド南東部エセックス(Essex)州の道路脇の茂みにあったわずかな
隆起の下から古代の墓室が見つかったと、調査に当たっていた考古学者チームが9日、明らかにした。
英国としては、エジプトのツタンカーメン王(King Tutankhamun)の墓に匹敵する
くらいの発見だという。

 墓室は、ロンドン北東に位置するエセックス州サウスエンド(Southend)近郊プリトルウェル
(Prittlewell)のパブと安売りスーパーの近くを走る道路脇で見つかった。英国の研究チームは2003年、
この場所を発見していたが、当初はさほど重要なものには見えなかったという。

「非常に不思議だったのは、何かが出てきそうには見えなかったことだ」。ロンドン考古学博物館
(MOLA)のソフィー・ジャクソン(Sophie Jackson)主任研究員は、当時をそう振り返る。

 それでもMOLAの考古学者40人で構成されるチームは、調査を進めることを決断。長年かけて
注意深く掘り進め、放射性炭素年代測定を行い、アングロサクソン人の王子の墓室だと結論付ける
に至った。このような墓室が英国で見つかったのは初めてだという。
 この墓室は1400年前のものとみられ、キリスト教徒のアングロサクソン人の王族の埋葬地
としては最古と考えられるという。
 墓室全体の広さは約4メートル四方で、深さは約1.5メートル。墓室には、複数の金貨や、
現在のシリアからもたらされたとみられるガラスと木で作られた色鮮やかな杯などが丁寧に配置
されている。装飾品の一部は、今も墓室の壁に掛けられている。
 発見されたものの中には、欧州民族の間で人気を集めたハープに似た楽器リラの一部もあり、
これはアングロサクソンの彩色された木工作品としては英国最古の可能性もあるという。
(以下略)



◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 94◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555465544/


3:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/05/10(金)17:28:59 ID:6CG.vy.5r

2:名無しさん@おーぷん[ ]:19/05/10(金)17:28:20 ID:hXk.kb.nq

道の墓


4:清正公◆JPFm9fq5dw[ぺっぱ~]:19/05/10(金)17:43:45 ID:8N9.as.9r

イギリスの文化も面白いよな~


5:名無しさん@おーぷん[]:19/05/10(金)18:00:04 ID:jwm.oy.mo

まさかハゲの遺伝子は、ここがか?


6:名無しさん@おーぷん[sage]:19/05/10(金)18:37:55 ID:l9F.f0.lc

アーサー王の墓だな(棒


12:名無しさん@おーぷん[sage]:19/05/10(金)20:39:35 ID:W8k.dy.fw

>>6
それは別のとこにちゃんとある


続きを読む

常識覆す奇妙なカニの化石を発見、カニ界に激震


1:■忍法帖【Lv=8,シャドー,pJ7】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:平成31年 04/30(火)11:08:25 ID:???

・9000万年前の海を活発に泳ぐ? 「カニの定義の見直しを迫るような」新種

 カニとは何か? カニをカニたらしめるものはいったい何だろうか? 奇妙なカニの化石の
発見によって、その答えが簡単ではないことがはっきりした。さらに、大規模な遺伝子研究と
あわせ、カニの進化にいま新たな光が当てられようとしている。

 4月24日付けの学術誌「Science Advances」に、現在のコロンビアで発掘された約9000万
年前の化石に関する論文が発表された。この場所で発掘された化石の保存状態は素晴らしく、
1センチ以下の小さなエビが見つかるほどだ。そんなことは極めて珍しく、熱帯ではこれまで
に数カ所しか見つかっていない。

 この場所から、ある奇妙なカニの化石が数十個発見された。それは、これまでに見つかって
いるどのカニとも似ていなかった。球状の大きな目や、オールのような大きな前脚、脚に似た
口器など、今日のカニの幼生と成体の特徴を併せもっている。そのため、「不可解で美しい
キメラ(複数の動物からなるギリシャ神話に出てくる動物)」という意味のCallichimaera perplexaと名付けられた。

「まるでカニの世界のカモノハシです」と、今回の論文の筆頭著者で、米エール大学およびカナダ、
アルバータ大学の博士研究員であるハビエル・ルケ氏は話す。

 この発見により、エビやカニ、ヤドカリなどを含む十脚目が、過去も現在も驚くほど多様
であることが改めて示された。現生種だけでも1万5000種を超え、その起源は3億5000万年前
から3億7000万年前にさかのぼる。

(以下略)

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/042600257/?rss


2:令和まで@12:50:05[]:平成31年 04/30(火)11:09:55 ID:lVd.fd.96

蟹を蟹たらしめるのは、食べて美味いことである。


3:令和まで@12:46:23[]:平成31年 04/30(火)11:13:37 ID:mdq.9v.gi

カニ界とは


4:令和まで@12:43:38[]:平成31年 04/30(火)11:16:22 ID:RC3.lh.mp

>不可解で美しいキメラ

え~っと 東京ミュウミュウのオタクか?


5:令和まで@12:36:45[sage]:平成31年 04/30(火)11:23:15 ID:OkB.1n.iq

ゲンゴロウ?

13:令和まで@01:34:32[]:平成31年 04/30(火)22:25:28 ID:Kkq.rk.ct

>>5
それにみえた


続きを読む

映画アルマゲドンの前提が崩壊? 「小惑星は破壊しても再生する」衝撃の研究結果


1:■忍法帖【Lv=16,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2019/03/08(金)14:49:39 ID:???


地球に接近する小惑星を破壊して、人類を救う――。あの感動作『アルマゲドン』の前提が崩れるかもしれない
衝撃の研究結果が発表された。

 米ジョンズ・ホプキンス大学が発表したのは、最新のコンピュータを使っての「小惑星破壊シミュレーション」。
2000年代初頭の研究では、小惑星に衝撃を与えて完全に破壊することができると考えられていたが、
今回の研究では、小惑星の破壊は今まで考えられていたよりも難しく「映画のようにはいかない」という。
公開されたイメージ映像では、一度破壊された小惑星は拡散するが、「重力」によって再び集結する様子が
再現されている。

(以下略)

https://abematimes.com/posts/5840248

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 92◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1550654062/


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/03/08(金)15:08:53 ID:FYS.jg.1z

集まる前に大気圏に入って燃え尽きる

っていう感じにはならないのかい?


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/03/08(金)16:44:58 ID:3uh.fm.it

地球がダメになるかならないかなんだ!やってみる価値はありますぜ!


4:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2019/03/08(金)16:57:05 ID:IBK.02.f9

片面に錘をつければ、進路変わらなくね?

もしくは片面に100Mtのツァーリボンバーを爆破させるとか!!


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/03/08(金)17:09:43 ID:aES.dt.f9

爆破するしかなくなった時の事だろうけど星を砕く事に全く意味がないわけではないだろうけど
焼け石に水?


続きを読む

人間の「第六感」か 磁気を感じる能力発見、東大・カリフォルニア工科大など


1:■忍法帖【Lv=17,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2019/03/20(水)07:43:19 ID:???


地図なしで長い旅ができる渡り鳥のように、人間も地球の磁気を感じる能力を持っていることを発見したと、
東京大と米カリフォルニア工科大などの共同研究チームが19日、米専門誌に発表した。
「第六感」とも呼べる無意識の潜在的な能力で、何らかの利用法が見つかる可能性があるという。

 地球は北極がS極、南極がN極の巨大な磁石で、位置に応じて方向が異なる地磁気を帯びている。
渡り鳥は地磁気を感じる能力をコンパスのように使って方位を正確に把握し、季節に合わせて移動している。

 人間の感覚は視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感だけで、磁気を感じる力はないとされていた。

 研究チームは地磁気を遮断した室内で、日米など18~68歳の男女34人の頭部を地磁気と同程度の
強さの磁気で刺激する実験を行った。
その結果、磁気の向きに応じて無意識のうちに脳波が異なる反応を示したことから、人間は地磁気を大まかに
感じ取る能力を持つと判断した。

(以下略)

https://www.sankei.com/life/news/190319/lif1903190018-n1.html


2:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/20(水)07:51:57 ID:yEH.pn.rj

>人間も地球の磁気を感じる能力を持っていることを

 (( ___ )) ゴシゴシ
 ∩彡⌒ ミ∩
 l (´・ω・`) .l


  ___
 ∩彡  ミ∩ ブチブチ
 l γ⌒ヽ l
 l (´・ω・`) l


3:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/20(水)08:01:01 ID:A89.pi.9c

北枕
https://ja.wikipedia.org/w/index.php?oldid=71258772
日本では釈迦の故事にちなみ、死を忌むことから、北枕は縁起が悪いこととされ、
死者の極楽往生を願い遺体を安置する際のみ許されていた。
過去には中国でも北枕の風習があったと言われる。但し、それは仏教に根付くものではなく、
食中毒などの急死の際に、北枕に寝かせることで生き返ることがあったためである。
北枕は、心臓への負担を和らげるため体にいいとされる考えがあり、
『釈迦が北へ枕を向けたのもそのため』とする説もある。


4:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/20(水)08:05:04 ID:hWm.fh.ag

気配というのは人の持つ僅かな磁場だとかを感じてるとかいう説あったな


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/03/20(水)08:33:31 ID:X8q.32.id

地磁気…約40000ナノテスラ(0.00004テスラ)
一般的なMRI検査…0.25~3テスラ

…能力、あるのか?


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/03/20(水)09:05:24 ID:gj7.xc.ag

よし!どの脳領域が働いているか調べるべく
fMRIで測定しよう!


続きを読む

睡眠を引き起こす遺伝子発見 「nemuri」と命名


1:ベンゼン環◆GheyyebuCY[]:2019/02/01(金)13:57:46 ID:d3N

睡眠を引き起こす新たな遺伝子が発見され、日本語から「nemuri」と
命名された。1日付の米科学雑誌「Science」で発表された。

ショウジョウバエの研究で、過剰に働かせるとハエは長時間眠る
ことが確認されている。一方、人間では「nemuri」遺伝子そのものは
見つかっていない
が、同じような仕組みが働いているのではないかと
している。

詳細はソースをご覧下さい。

ソース
A sleep-inducing gene, nemuri, links sleep and immune function in Drosophila
DOI: 10.1126/science.aat1650
http://science.sciencemag.org/content/363/6426/509

NHK 2019年2月1日 7時24分
睡眠引き起こす遺伝子発見 その名も「nemuri」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190201/k10011799031000.html


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/02/01(金)14:04:02 ID:5EK

さあ nemuriなさい


3:名無しさん@おーぷん[]:2019/02/01(金)14:08:56 ID:ny9

nemuri狂四郎


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/02/01(金)14:09:36 ID:qQq

5:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/02/01(金)16:51:24 ID:6NQ

どきんちょ!


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/02/01(金)19:10:37 ID:q8q

okiro


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索