物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

中国

習近平思想を「行動指針」に 毛沢東に迫る威信 第19回中国共産党大会


1:ん◆2R.j9FMXMSiE[sage]:2017/10/18(水)15:25:05 ID:???

 
 読売新聞によると、中国共産党の第19回大会が北京で開幕した。
 そこで習主席は、みずからの政治思想を「新時代の中国の特色ある社会主義思想」としたという。

 習氏の思想が党の最高規則、「行動指針」に盛り込まれる見通しだという。
 「行動指針」には、「毛沢東思想」や「トウ小平理論」が盛り込まれている。

 詳細と続きは読売新聞で。


>習思想を「行動指針」に、毛沢東に迫る威信確立
2017年10月18日 13時34分 読売新聞【北京=中川孝之】
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171018-OYT1T50053.html


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/10/18(水)15:27:02 ID:4eh

借りた言葉で語るなよw
鼻ホジしながら屁をこいちまうぞw


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/10/18(水)15:27:36 ID:QhH

結局、目指すは神格化か


7:名無しさん@おーぷん[]:2017/10/18(水)15:30:18 ID:4QD

イソップ寓話の虚飾のカラスそのものだな


9:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/10/18(水)15:30:56 ID:MhW

なんだか大企業が潰れまくっとるようやが>支那


10:名無しさん@おーぷん[]:2017/10/18(水)15:32:03 ID:urM

マスコミ「権力の集中」
漏れの感覚「独裁」


続きを読む

中国製練習機は使えない 南米ボリビアが他国へ「乗り換え」検討


1:■忍法帖【Lv=12,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2017/10/06(金)11:29:16 ID:???


2017年10月4日、米華字メディアの多維新聞は、南米ボリビアが、中国から購入したジェット練習機「K-8カラコルム」に
満足できず、アルゼンチン産ジェット練習・軽攻撃機「IA-63パンパIII」を8~12機導入すべく交渉を開始したと伝えている。

(略)…
アルゼンチンのFMAで開発された戦闘能力を有する練習機の購入を検討しているという。(翻訳・編集/柳川)

レコチャイ/10月5日
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=192925&ph=0

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 76◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507092720/


2:名無しさん@おーぷん[age]:2017/10/06(金)11:34:55 ID:d5f

.
                                 /               \
        もうお前は                 ´                 `、
                              /                      ,
             用済みだ        /⌒\                  i
                            {     `´ ̄ ̄``丶         ;
                            __,ハ (::)         ヽ      ¦
       _.      丶          r㌻,>,  } r‐… 、 (:::)   丿      |
      ´        ⌒ヽ     〃ア´ ヽV  \   `>   <´      l,
    (             ノ    ,:  { /〉 7    `¨¨´     `、    l \
     `: : .         ⌒   ,´   V/〉{               }    |  丿
    ⌒丶: :      _ノ. : : }/     ∨八              / \  |/
  /. :          ´. : : : : : ⌒ヽ   `¨´゙>、             ´   `,、_}
 { :            )⌒           {i_j_,> .._    ∠ __,... ´
 冫    >>チウゴク                           `{_j ア´/
 { : .    ↓             . : }               `⌒´
  `( : . ヽ(`д´: . .        ) : :ノ
    `^(_ : . . : : : :(     . : _.
       `丶、: : : . . . : : : : ´
          ` ~   ´


.


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/10/06(金)11:37:48 ID:u7B

安いんだからいいだろ(笑)


5:名無しさん@おーぷん[]:2017/10/06(金)11:40:38 ID:DzW

F4ファントムちっちゃくしてデルタ翼なくしたような機体


6:名無しさん@おーぷん[]:2017/10/06(金)12:36:29 ID:vTE

練習機としても使えないってそれって


続きを読む

ニュージーランド首相、中国スパイ疑惑議員について帰化見直しを言及


1:■忍法帖【Lv=10,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2017/09/26(火)13:57:08 ID:???

 ニュージーランドのビル・イングリッシュ首相(国民党党首)は15日、スパイ疑惑を報じられた現職国会議員で中国出身の
楊健氏(国民党選出、55)について、楊議員が2004年に提出したニュージーランド国籍帰化申請内容を見直すと明らかにした。
地元紙・ニュージーランド・ヘラルドが報道した。

 英紙・フィナンシャルタイムズとニュージーランドメディア「ニュースルーム」は14日の報道で、楊氏は帰化申請の書類や
選挙プロフィールで、人民解放軍の軍事教育機関での経歴を意図的に隠ぺいしたと指摘した。

 ニュージーランド・ヘラルド紙は、帰化の際に偽りの申請内容を提出したことは重大な違法行為で、
政治問題でもあるとの見方を示し、今後楊議員が国内法の下で処罰される可能性に言及した。

 ニュージーランドメディアによると、楊氏が2011年11月に国会議員に初当選し、12年2月16日に国会で初めてスピーチを行った。
その際、楊議員は自身の経歴について、中国国内での出身校や職歴などを述べることがなかったという。

 またスピーチの中で、楊氏が1989年に中国当局が民主化を求める学生らを武力鎮圧し、多くの死傷者を出した
「六四天安門事件」について、「学生によるデモ」と表現したという。楊氏は「天安門事件」後、米国への留学を断念し、
94年にオーストラリアに渡ったと説明した。 

 一方、楊議員は疑惑について、人民解放軍との関係を否定した。また、留学申請時、軍と無関係の学校名を使用したが、
それは当局の規定に基づいた行為だとした。

(以下略)

大紀元/2017年09月24日 10時43分
http://www.epochtimes.jp/2017/09/28419.html

関連記事
【AFP】 ニュージーランド議員に中国のスパイ疑惑 [H29/9/14]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505338649/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/


2:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/26(火)14:02:37 ID:Mh3

中国系の国会議員がいたのか


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/26(火)15:07:14 ID:gzR

哲郎アゲ


4:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/26(火)15:28:30 ID:Kbc

当然のように日本では殆ど報道されない
二重国籍どころか帰化人にまで疑いの目を向けられると困るもんなぁ
はてさて、世界はどれくらい浸食されてるのやら


5:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/26(火)15:51:45 ID:8W0

まあ日本ではあれらに忖度で報道されないわな、これ
蓮舫の話再燃しちゃうもんなあ?


続きを読む

中国、欧州産チーズを輸入禁止 理由不明、困惑広がる


1:■忍法帖【Lv=8,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2017/09/17(日)08:50:20 ID:???


 中国当局がカマンベールなど欧州産の一部チーズの輸入を突然禁止し、販売業者らの間で困惑が広がっている。
中国側は明確な理由を明らかにしておらず、欧州企業は反発、輸入再開を求めている。

 北京の欧州連合(EU)商工会議所によると、禁止されたのはフランス産のカマンベールやロックフォールなどのチーズ。
米CNNテレビ(電子版)は中国の食品輸入業者の話として、6月に当局から禁止措置の通知があったと伝えた。

 EU商工会議所によると、中国当局は2010年、食品に使用可能な菌のリストを公表したものの、
リスト外の菌でも伝統的に食品の生産加工に使われてきたものは許可し、チーズを輸入してきた。
ところが突然、リスト外の菌は許可できないとして一部チーズの輸入を禁止し始めたという。

産経web/2017.9.16 18:53
http://www.sankei.com/world/news/170916/wor1709160036-n1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/


2:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/17(日)08:57:26 ID:ki4

>>1
中国産の食品が一番信用できないのにねぇ。


3:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/17(日)09:15:43 ID:ldb

中国の平常運転。
驚くに値しない。
中国、韓国、北朝鮮と言う反日教育3バカトリオにルールなどない。
約束は破るために存在すると認識しているならず者国家と言うことは
過去の行動を思い起こせば誰でもわかる。
当代随一の進歩的文化人の福沢諭吉が、100年以上前朝鮮支那と付き合うなと
警告した通りで本質は何も変わってない。


4:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/17(日)09:21:57 ID:3ch

WTOから中国をおいだせ!


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/17(日)09:27:25 ID:lZt

政治的な理由も不明だし
なんだろコレは?


6:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/17(日)09:30:27 ID:Vky

カマンベールとかブリとかロックフォールの白カビが中国人駆除に効果があるのか?
ノーベル賞モンの大発見じゃん。


続きを読む

ベネズエラが突然、米ドルではなく人民元を使うと言い出した


1:■忍法帖【Lv=8,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2017/09/12(火)07:57:05 ID:???


2017年9月10日、中国メディアの中国経済網はベネズエラが人民元を主とする通貨バスケット制を採用すると発表したと伝えた。

ベネズエラのマドゥロ大統領は現地時間の7日、「われわれには人民元、ロシアルーブル、インドルピーがあり、
米ドルがもたらす束縛から完全に自由になることができる」と語った。

そして、ベネズエラは国際決済システムにおいて、人民元を主とした通貨バスケット制を使用し、ベネズエラの国際決済システムに
おける米ドルの主導的な立場にとって代わることになると発表したという。

これに対し、中国のネットユーザーから「国の通貨価値はその国の経済の実力を示している。中国の強国としての夢だな」と
喜ぶコメントもあったが少数だった。

むしろ、「これこそ一帯一路ですね」「また、たかる人が出てきたのか」「これこそATMのパスワードだ」などのコメントや、
「米ドルで借りて人民元で返すというのか。なんてずるいんだ」「でも人民元は米ドルに換える必要がある」などの意見が寄せられた。

(以下略)

レコチャイ/9月11日
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=190198&ph=0

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 75◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504129238/


2:名無しさん@おーぷん[]:2017/09/12(火)08:04:45 ID:i7K

ベネズエラ「ついに国の保有米ドルが0になってしまった。どうしよう?」
支那「うちの元使ってもいいですよ。偽札も刷り放題なので、足りなくなったらすぐ印刷すればいいですよ。」
べ「それ良い、乗った!」

こうですね、よかったね、ベネズエラちゃん


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/12(火)08:05:58 ID:iYK

完全移行して一緒に沈んでねハート


7:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/12(火)10:26:30 ID:qCW

>>3
どっちが?
ベネズエラは既に深海の底にいるようなもんだが


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/12(火)08:07:03 ID:wU1

ああ、それ、考えられるうちで最悪の手だわ。
亡国まっしぐらだわ。


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/12(火)08:18:48 ID:cMt

所詮は第三世界


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/09/12(火)09:19:05 ID:nnI

ベネズエラ自治区

続きを読む
スポンサーリンク
記事検索