物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

イタリア

英ボーダフォン、ファーウェイ機器の問題を2009年から認識


1:■忍法帖【Lv=8,シャドー,pJ7】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:令和元年 05/01(水)08:59:42 ID:???


英通信事業者ボーダフォン・グループは、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)が数年前に
ボーダフォンのイタリア事業向けに供給した機器で脆弱(ぜいじゃく)さを発見していたことを
ブルームバーグに明らかにした。ボーダフォンは問題は解決済みと説明するが、中国を代表する
テクノロジー企業、ファーウェイの評判はさらに損なわれる可能性がある。
  ブルームバーグが閲覧した2009、11年のボーダフォンのセキュリティー関連文書および
関係者の話によると、同社はファーウェイのソフトウエアに隠されたバックドアと呼ばれる
抜け穴を発見した。ファーウェイは、ボーダフォンがイタリアでインターネットサービスを
提供していた固定電話ネットワークに不正にアクセスできた可能性があるという。

  バックドア自体は開発者が管理目的で設けるため一部のネットワーク機器やソフトウエアで
は珍しくないが、同時にハッカーに悪用される恐れがある。

  ボーダフォンからブルームバーグに寄せられた書面によれば、同社は11年にイタリアで
ルーターに脆弱さを発見し、同年にファーウェイと問題解決に取り組んだ。データが漏えいした
証拠は一切なかったという。ボーダフォンはまた、12年にもイタリアでファーウェイが供給
したブロードバンド・ネットワーク・ゲートウェイに弱さを発見し、同年に解決した。

  ボーダフォンは「通信業界ではサプライヤーが供給する機器の脆弱さを事業者や第三者
が発見することは珍しくない」と説明。「当社は安全性を極めて真剣に考えており、脆弱さが
ないかどうか独自に機器を検査している。もし問題を発見した場合はサプライヤーと協力して
速やかに解決する」と述べた
(以下略)


https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-30/PQS07T6S972R01

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 94◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555465544/


2:名無しさん@おーぷん[]:令和元年 05/01(水)09:28:14 ID:qDF.kc.cu

欧州では意図的な仕掛けを脆弱さと呼ぶのか


3:名無しさん@おーぷん[]:令和元年 05/01(水)09:33:12 ID:054.er.hu

日本企業は認識すらしていないと、、、

ボーダフォンを買収したソフトバンクは、ボーダフォン以下か?


7:名無しさん@おーぷん[]:令和元年 05/01(水)11:38:51 ID:K7T.5x.ye

>>3
ご存知なかったのですか!?

4:名無しさん@おーぷん[sage]:令和元年 05/01(水)09:58:35 ID:wzO.ds.sx

つまりボーダフォンは10年黙っていたと


5:名無しさん@おーぷん[]:令和元年 05/01(水)10:32:11 ID:SrT.jo.g3

何でボーダフォン焦りまくっていいわけとちくるってるの?


続きを読む

地中海漂流の難民、救助してくれた船を乗っ取る 伊内相「彼らは海賊だ」


1:■忍法帖【Lv=18,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2019/03/30(土)06:50:46 ID:???


2019年3月29日 1時41分

アフリカからヨーロッパに向かう難民があとを絶たない地中海で、貨物船に救助された難民が船を
乗っ取る事件があり、ヨーロッパの国々で難民への風当たりがさらに強まることも懸念されています。

北アフリカのリビアの沖合の地中海で27日、漂流していた100人余りの難民や移民を通りかかった
貨物船が見つけ救助しました。

ところが、貨物船がそのまま目的地のリビアに向かおうとしたところ、救助された難民の一部が乗組員を
脅して船を乗っ取り、地中海の島国マルタに向かわせたということです。

このため通報を受けたマルタの軍が沖合で、貨物船に乗り込んで船を奪還し、港まで移動させて
女性や子どもを含む難民や移民全員を下船させ、数人を拘束したということです。

地中海ではアフリカからヨーロッパに向かう難民や移民があとを絶たず、NGOなどが救助活動を
続ける一方、ヨーロッパの国々は受け入れに慎重な姿勢を見せ始めていて、なかでも右派政党が
連立政権を組むイタリアは厳しい政策をとっています。

(以下略)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190329/k10011865251000.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 93◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1553203360/


2:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/30(土)08:14:51 ID:IqN.97.yd

恩を仇で返すにも程があるわ


18:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/30(土)11:34:13 ID:w7Z.my.yd

>>2
恩を仇で返す奴ら(凄い既視感


3:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/30(土)08:26:04 ID:CtE.w3.ee

恩義も仁義もない土人を対等の人間として扱うからいけないんだよ
害虫扱いが妥当
見つけ次第撃沈でよろしい


5:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/30(土)08:32:26 ID:nq1.c4.r8

今後撃沈が捗るな
どんどんやれ


続きを読む

イタリアで運転手がスクールバスに放火 移民や難民の犠牲に反発か


1:■忍法帖【Lv=17,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2019/03/22(金)05:25:37 ID:???

2019年3月21日 12時55分

イタリア北部で中学生51人を乗せたスクールバスに移民の運転手の男が火を放つ事件があり、警察は
北アフリカからヨーロッパを目指す移民や難民が地中海で死亡していることに反発した犯行とみて、
男の動機を調べています。

イタリア北部のミラノ郊外で20日、校外学習に出かけた51人の中学生を乗せたスクールバスを運転手の
男が停車させ、みずからは車外に出てバスに火を放ちました。

男は駆けつけた警察官に逮捕され、生徒たちはバスが炎上する前に全員救出されて、12人が軽いけがを
したものの、命に別状はありませんでした。

逮捕されたのは47歳のセネガル出身の男で、地元のメディアによりますと、バスの中で「海での死を止める」
などと叫び、生徒たちには「誰も生き残れない」と脅していたということで、警察は北アフリカから
ヨーロッパを目指す移民や難民が地中海で命を落としていることに反発した犯行とみて、男を取り調べています。

(以下略)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190321/k10011855781000.html


2:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/22(金)07:23:10 ID:jz1.dk.9p

移民・難民=テロリストと言う現実


4:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/22(金)08:26:40 ID:ojq.er.mx

よく洋画で見る大型の黄色いスクールバスは
50人以上乗れるか?
普通の大型バス?


5:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/22(金)08:28:17 ID:9Ch.r0.1r

運転手として雇ってくれて受け入れてくれたコミュニティに帰属意識を持たないんだから、
移民難民は危険だって話にしかならんわな


6:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/22(金)08:54:44 ID:cPm.0b.vn

再発防止策は移民受け入れの絶対禁止と、既に居住している移民を保護して施設に収容することだな。
ドイツを見習って、シャワールームも完備でw


7:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/22(金)09:30:00 ID:xU5.ku.vn

マフィアの国ならきっちり射サツしておかないとな
再犯出来ない様にな


続きを読む

フランス、駐イタリア大使を異例の召還 移民問題などで対立


1:■忍法帖【Lv=15,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2019/02/08(金)11:22:42 ID:???


2019年2月8日 6時08分

フランスとイタリアの対立が深まっています。
フランス政府は、移民の受け入れなどをめぐり対立するイタリア政府が悪意のある発言を繰り返していると
批判し、イタリアに駐在する大使を召還する異例の措置に踏み切りました。

フランス外務省は7日に声明を発表し、この数か月間、イタリア政府がフランスに対するいわれのない
非難や悪意のある発言を繰り返していると批判しました。

そのうえで、イタリアがフランスとの関係を維持したいのか疑問だとして、イタリアに駐在する大使の召喚に
踏み切ると明らかにしました。ヨーロッパの主要国の間で、大使を召還するのは極めて異例の措置です。

イタリアでは去年、EU=ヨーロッパ連合に懐疑的な立場を示す新政権が誕生し、これ以降、移民や難民の
受け入れなどをめぐって、たびたびフランスと対立しています。

(以下略)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190208/k10011807911000.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 91◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548469906/


2:名無しさん@おーぷん[]:2019/02/08(金)11:24:05 ID:gNl.ex.tb

関連記事
イタリア副首相、フランスのアフリカ政策批判 反発招く (2019/01/21)
https://jp.reuters.com/article/france-italy-idJPKCN1PF27L

伊仏間の高速鉄道建設計画に「未来ない」=伊ディマイオ副首相 (2019/02/03)
https://jp.reuters.com/article/italy-di-maio-france-railway-idJPKCN1PS0P4

イタリア副首相、「黄色いベスト」関係者と面会 対仏関係に試練 (2019/02/06)
https://jp.reuters.com/article/france-italy-idJPKCN1PU2H7


3:名無しさん@おーぷん[]:2019/02/08(金)11:26:20 ID:X3O.ao.6y

>伊政府が悪意のある発言を繰り返していると批判し大使召還
その程度で大使召還してたら
日本はとっくに隣国へ大使を送れなくなってるわw


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/02/08(金)13:18:38 ID:OA6.nt.sz

>>3
この程度で送らなくていいんだから日本は大使館を閉めてもいいな


6:名無しさん@おーぷん[]:2019/02/08(金)13:19:27 ID:dT8.qk.pv

>>3
日本が侮られてる原因だな


4:名無しさん@おーぷん[]:2019/02/08(金)11:27:12 ID:0jv.1j.gj

マクロンぶっ倒せー


続きを読む

地中海で遭難の移民拒否も批判受け、伊・独などが受け入れへ


1:■忍法帖【Lv=12,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2019/01/10(木)12:17:53 ID:???

2019年1月10日 7時23分

ヨーロッパを目指すアフリカからの移民や難民が先月、地中海で遭難したあとにヨーロッパ各国に受け入れを
拒否され、長期にわたって船の上での生活を余儀なくされていましたが、高まる批判を受けてイタリアやドイツ
などが移民らを受け入れることになりました。

ヨーロッパでは、アフリカや中東から貧困や内戦を理由に移民や難民が地中海をわたりヨーロッパを目指していて、
先月中旬から下旬にかけては合わせて49人が遭難し、NGOの船に救助されています。

しかし、イタリアやマルタなどヨーロッパ各国の政府が受け入れを拒否したことで、救助された移民らは
最大で2週間以上にわたって船の上での生活を余儀なくされ、各国の対応に批判が高まっていました。

こうした中、マルタのムスカット首相は9日、EU=ヨーロッパ連合での協議の末、イタリアやドイツなど
8つの国が受け入れに合意したことを明らかにしました。

移民らはマルタで船から降りたあとイタリアやドイツなどに移送されるということです。

(以下略)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190110/k10011772951000.html

関連スレ
【移民難民】遭難後も船上生活強いられる 欧州各国が移民ら受け入れ拒否で [H31/1/5]
https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546651188/



2:名無しさん@おーぷん[]:2019/01/10(木)12:24:07 ID:XD3.pe.wq

また負け組み連合か


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/01/10(木)12:26:39 ID:WVt.nn.yo

今度はイタ公とドイツ抜きで


4:名無しさん@おーぷん[]:2019/01/10(木)13:04:03 ID:yuA.sp.oj

バカだなあ
受け入れなんてしなくていいんだよ
そんな義務はどこにもないんだから
俺が両国の首相だったら「私には自国民を守る義務がある」と言って拒否するがなあ


5:名無しさん@おーぷん[]:2019/01/10(木)13:05:17 ID:Tyz.yu.oj

送り返せよ(笑)


6:名無しさん@おーぷん[]:2019/01/10(木)13:12:52 ID:WWl.zx.2r

違法移民を受け入れた事のメリットは上級国民にデメリットはすべての国民にだから
受け入れを決めた奴らには差し引きプラスでかついい気分にもなれるのよ


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索