物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

買収・合併

ドイツ政府が中国による企業買収に態度を硬化 ハイテク技術の流出を警戒


1:◆qQDmM1OH5Q46[sage]:2016/11/04(金)18:10:19 ID:???

独政府が中国による独企業買収に態度を硬化 ハイテク技術の流出を警戒

 ドイツ政府が中国による独企業買収に対し、一度承認した案件の再審査に乗り出すなど、態度を硬化させている。
従来は中国の投資を歓迎していたが、最近はハイテク技術の流出などへの警戒が強まっているためだ。

 独半導体メーカーのアイクストロンは10月下旬、中国の投資ファンドによる買収について、
独経済エネルギー省から再審査するとの連絡を受けたことを明らかにした。
買収計画は6億7千万ユーロ(約770億円)規模。9月上旬には当局の承認を受けていただけに、その撤回は異例だ。

 同省は再審査について承認当時に把握していなかった「安全保障関連の情報」に基づく判断と説明するのみだが、
技術が軍事転用の恐れがあるともされる。

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/world/news/161103/wor1611030051-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 58◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477196239/792


2:名無しさん@おーぷん[]:2016/11/04(金)18:25:43 ID:Rrq

こりゃ中国の崩壊がいよいよ本格的になってきたってことかな。
イギリスもどうとか言ってたし。
おまぬけ情弱日本企業は吸い付くされて搾りかすしか残ってないらしいけど。


3:名無しさん@おーぷん []:2016/11/04(金)18:35:16 ID:Mwv

イギリスに続きドイツまでも


4:名無しさん@おーぷん[]:2016/11/04(金)19:01:58 ID:VY6

中国共産党を相手にして、何を今更感満載の記事ですわ
最終目的が何なのか全く気付いてなかったなんてことはないでしょう


続きを読む

「アンメルツ」発売50周年目で、ついに米進出へ 小林製薬


1:◆qQDmM1OH5Q46[sage]:2016/09/02(金)19:34:19 ID:???

「アンメルツ」ついに米進出へ 発売50周年、小林製薬

 1966年の発売から今年で50周年を迎える外用消炎鎮痛剤「アンメルツ」が、米国に進出することになった。
販売を手がける小林製薬が1日、その足がかりとして米国の大衆薬会社を買収すると発表した。

 小林が買収したのは米パーフェクタ・プロダクツで、買収額は非公表。「ジムズマックス」のブランドで
スプレー型や貼るタイプの鎮痛剤を米国内で売っている。小林はアンメルツで培った液体型の鎮痛剤を
パーフェクタ社の販売網を使って売る方針だ。ただ、商品名はアンメルツにせず、
現地で知名度のあるジムズマックスにする可能性があるという。

続き 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ915H87J91PLFA009.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/909


2:名無しさん@おーぷん[]:2016/09/02(金)19:38:48 ID:UHJ

アメリカ人も肩こりになるのか。
日本人だけかと思った。


4:名無しさん@おーぷん[]:2016/09/02(金)20:13:18 ID:fE4

たしか肩こりという概念がないって話じゃなかったっけ?
でも似たような表現で、筋肉の疲れを表現することはないのかな?


続きを読む