物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

話題・雑学

中国「淡水魚の王」が絶滅か


1:ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe[]:20/01/04(土)21:43:08 ID:tTa

「水中の虎」「河川のジャイアントパンダ」「淡水魚の王」「象魚」...数々の異名を誇る魚が地球から姿を消した。
(以下略)

ヤフーニュース 1月4日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00010004-huffpost-int


2:■忍【LV9,バリイドドッグ,I4】[]:20/01/04(土)21:58:16 ID:0sF

中国ですしおすし


3:名無しさん@おーぷん[]:20/01/04(土)22:09:21 ID:cQf

DNAとか残ってないの?


4:名無しさん@おーぷん[sage]:20/01/04(土)22:15:20 ID:F4p

「共産党の王」は健在だから まだ大丈夫だ。


5:名無しさん@おーぷん[]:20/01/04(土)22:15:38 ID:HPk

食い尽くされたか


6:名無しさん@おーぷん[sage]:20/01/04(土)23:55:12 ID:EX5

ハシナガチョウザメは共産党員じゃないからな。


続きを読む

南極でペンギンが年越しの行進 観測船「しらせ」はおせちで新年


1:ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe[]:20/01/01(水)22:27:28 ID:BZz

南極観測船「しらせ」が停泊する昭和基地沖では年末年始にかけ、深夜でも太陽が沈まない景色の中でペンギンが行列を作って歩く姿が見られた。
(以下略)

共同通信 1月1日
https://this.kiji.is/585064801757676641?c=39546741839462401


2:名無しさん@おーぷん[]:20/01/01(水)22:36:32 ID:1hE

南極にいる方々は
本当にお疲れ様です


4:名無しさん@おーぷん[sage]:20/01/02(木)03:08:46 ID:FNA

ゾンビランドって映画で
「北極のペンギンがだなー、」
「北極にペンギンはいないっすよ」
「・・・テメェ、俺に喧嘩売ってんのか?」
ってやりとりがおもろかったな。

実際には北極にもいたけど絶滅したんですよね。


7:名無しさん@おーぷん[]:20/01/02(木)13:14:50 ID:OyD

>>4
で、南極にはホッキョクグマがいないんだよな。
ホッキョクグマがいないのは当然として、南極にはクマはいないんだよな。
南北の極の動物が被ってないって、考えたら面白いね。


5:名無しさん@おーぷん[sage]:20/01/02(木)05:07:34 ID:WHH

日本も結構寒いのに、南極とか今どんだけ寒いのやら(無知)


続きを読む

ダンゴムシのふんに秘密 小1から研究、11年目で解明


1:ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe[]:19/12/28(土)18:36:48 ID:NqQ

全国の高校生・高専生が理系の自由研究成果を競うコンテスト「第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2019)」の最終審査会が14、15の両日、
日本科学未来館(東京都江東区)であった。全国142校の516人から267研究の応募があり、最終審査会では59人が32の研究を発表した。受賞者から
7研究が来年5月に米カリフォルニア州アナハイムで開かれる国際学生科学技術フェア(ISEF)に日本代表として挑む。
(以下略)

朝日新聞 12月28日
https://www.asahi.com/sp/articles/ASMDG748JMDGULZL001.html?iref=sptop_8_07


2:名無し[]:19/12/28(土)18:53:01 ID:o7r

まさか、糞の中に防カビとは盲点。


3:名無しさん@おーぷん[sage]:19/12/28(土)18:55:38 ID:ZyL

でかいダンゴムシを持ってるな


4:/)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s[]:19/12/28(土)19:00:47 ID:kRh

ダイオウグソクムシもダンゴムシの仲間だったような。


5:名無しさん@おーぷん[]:19/12/28(土)19:02:49 ID:O8X

駄目だ…ダンゴムシなのにフンコロガシが邪魔をする


7:名無しさん@おーぷん[]:19/12/28(土)19:41:34 ID:u0X

>今回、その物質をつくる細菌が、これまでインド洋の深海でしか
>見つかったことがなかった希少な細菌だと突き止めた。

つかあれだな。
深海のグソクムシが陸に上がったのがダンゴムシとワラジムシなんだな。
すごい研究や。


続きを読む

火星に活断層帯、初めて発見 M3~4の地震を観測


1:ホムンクルス◆p6L6fkSrzrGe[]:19/12/28(土)01:00:33 ID:NqQ

はるか遠く火星の埃っぽい表面に、ロボット地質学者が一人、地震による地下のかすかな響きに耳をすましている。
赤い惑星の脈を聞くその耳は非常に敏感で、風がヒューヒュー吹く音や、つむじ風の低音や、地殻がひび割れる音など、
多くの振動を拾うことができる。
(以下略)

ヤフーニュース 12月27日
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00010002-nknatiogeo-sctch


3:名無しさん@おーぷん[]:19/12/28(土)03:20:51 ID:i97

津波が無いけど地割れするか


4:名無しさん@おーぷん[sage]:19/12/28(土)05:13:27 ID:FSW

ブラタモリ「火星編」


7:名無しさん@おーぷん[]:19/12/28(土)08:38:44 ID:K2W

>>4
タモさん万能すぎるだろ


5:名無しさん@おーぷん[sage]:19/12/28(土)05:17:12 ID:2N7

活!断!層!


6:名無しさん@おーぷん[]:19/12/28(土)06:35:05 ID:2zs

>>1
NATIONAL GEOGRAPHIC
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/122700763/?ST=m_news

素人目にも活断層とわかる線が見えますね。


続きを読む

70年前の酵母が生きていた、老舗の醤油蔵が再開へ 蔵には1000点以上の古文書、製法の記述も


1:■忍【LV29,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/12/23(月)18:16:12 ID:???


◎記事元ソース名/70年前の酵母が生きていた 老舗しょうゆ蔵が再開へ

元禄2(1689)年に創業し、戦後の食糧難による原材料不足で昭和24年頃に廃業した奈良県田原本町の老舗しょうゆ蔵元
「マルト醤油(しょうゆ)」が、70年の空白を経て復活を目指している。
廃業を余儀なくされた当主の孫が、当時のまま残っていた蔵の中で奇跡的に生き続けていた酵母菌を発見。
この酵母菌を使って来年2月にも本格的にしょうゆの醸造を始め、その2年後の商品化を目指す。(川西健士郎)

 老舗のしょうゆの復活を担うのは、18代当主にあたる木村浩幸さん(43)。平成13(2001)年に17代目の祖父、
藤平(とうべい)さんが87歳で亡くなった際、「蔵を廃業時のまま残していた祖父は、蔵を閉じたことに負い目があったのではないか」
と思い至り、しょうゆ造りの再開を考えるようになった。

 直接的な転機は10年後。蔵から千点以上の古文書が見つかり、醸造の製法を示しているとみられる記述もあった。
これがきっかけとなり、木村さんは当時勤めていたアパレル会社を退社。しょうゆに対する料理人の考え方を知るため、ホテルの
和食部門に勤務するとともに、古文書を読み解きながら伝統の製法を探った。

 しょうゆの醸造は大豆と小麦に麹菌(種麹)を混ぜ、塩水と混合して発酵、熟成させる。こうして作ったもろみをしぼって製品化する。
発酵を支える微生物のうち、麹菌は味、乳酸菌は香味や色、酵母菌は香りの決め手となる。

 蔵にもともとあった酵母菌は、その蔵独自のしょうゆの香りに影響する。微生物は市販されているが、奈良県産業振興総合
センターバイオ・食品グループによると、伝統的な製法を守るしょうゆ蔵では、製造の過程で蔵に付着した酵母を使うことがあるという。

(以下略)

産経web/12月23日
https://www.sankei.com/premium/news/191223/prm1912230001-n1.html



2:名無しさん@おーぷん[]:19/12/23(月)18:36:19 ID:iw.yc.L2

これはぜひうまくいってほしい


3:名無しさん@おーぷん[sage]:19/12/23(月)18:44:58 ID:ng.h0.L1

どっかの蕎麦もそうだけど、よくもまぁ今まで残ってたなぁ・・・。すごいわ。


4:■忍【LV22,デスジャッカル,JP】ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw[]:19/12/23(月)19:03:32 ID:FB.yc.L22

すごいの一言


5:名無しさん@おーぷん[]:19/12/23(月)19:18:01 ID:Xa.0j.L3

すばらしい
売り出したら買う


6:■忍【LV9,バリイドドッグ,I4】[]:19/12/23(月)19:26:10 ID:KE.hi.L9

2年後かあ……
奈良の醤油は使ったことが無いから楽しみ


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索