1:■忍【LV23,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:21/02/08(月)12:11:17 ID:???


*リンク先に画像あり!!

2020年末、高知・安芸市で太平洋戦争中の不発弾が見つかった。

長さ130cm、重さ500kg。アメリカ製の1000ポンド爆弾と呼ばれる大型のものだ。

1月31日、自衛隊により無事に撤去作業が完了
……

(以下略)

FNN 2021年2月8日 月曜 午前6:30
https://www.fnn.jp/articles/-/138960



2:名無しさん@おーぷん[sage]:21/02/08(月)12:37:47 ID:EB.gk.L1

もう25年ほど埋めたままにしてたら芽が出て不発弾のなる木になったのになぁ。


3:名無しさん@おーぷん[sage]:21/02/08(月)12:49:05 ID:Pf.5w.L1

見晴らしのいいところにウンコしていくイノシシのおかげで尾根でも芽が出ると知ってちょっと感動。


4:名無しさん@おーぷん[]:21/02/08(月)14:51:45 ID:Gi.4d.L1

こんな大きな物落としておいて不発とか不良品過ぎるわ


5:名無しさん@おーぷん[]:21/02/08(月)20:56:46 ID:MF.tf.L5

危険手当って安いらしいな



管理人談話:
調査した陸上自衛隊によると、「信管が残っているものの、爆発の
可能性はない」ものだったそうですが、万が一の場合に備えた対策が
進められました(テレビ高知より)。

1000ポンド爆弾は昨年(2020年)10月に、酒田港(山形県)付近の
海中で、米軍の不発弾が見付かった事案もありました。
腐食状況などから、起爆装置の信管を取り外すことが難しいため、
移動させた上で爆破処分されています(山形新聞より)。