1:■忍【LV16,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/09/19(土)10:35:06 ID:???


台湾国防部は18日、中国軍の戦闘機18機が同日、台湾海峡の中間線を越えて台湾の防空識別圏に入り、台湾空軍機がスクランブル(緊急発進)したと発表した。
台湾では前日から米政府高官が訪問しており、18日は蔡英文総統と会談する予定。中国国防省は18日から台湾海峡付近で軍事演習を開始したと発表していた。
台湾総統府は中国に自制を求めた。

中国は米国と台湾の関係強化の動きに神経をとがらせている。

米国務省のクラック次官(経済成長・エネルギー・環境担当)が17日に台湾に到着。18日に蔡総統と会談し、19日には李登輝元総統の
告別式に参列することになっている。中国外務省は17日、クラック次官の台湾訪問に関し「必要な対応」をする方針を示していた。


中国国防省の任国強報道官は18日の会見で、人民解放軍の東部戦区が参加し台湾海峡の近くで演習を実施していると明らかにし「台湾海峡に
おける現状への対応で、中国の国家主権と領土の一体性を守るためだ」と説明した。

台湾は純粋に中国国内の問題であるとし、外国の介入を拒否する姿勢を示した。

任報道官は「最近、台湾の民主進歩党(民進党=与党)と米国が結託を強め、しばしば問題を引き起こしている」と指摘。「台湾を利用して
中国をコントロール」しようとしたり、「外国人を頼りに独立」しようというのは考えが甘く、いずれ行き詰まるとし「火遊びする者はやけどする」と述べた。

中国人民日報傘下の有力国際情報紙、環球時報の胡錫進編集長は、中国版ツイッター、微博(ウェイボー)上で、軍事演習は必要となれば台湾を攻撃するための
準備だとし「米国務長官や国防長官が台湾を訪問すれば、人民解放軍の戦闘機が台湾上空に飛来し行動する」と述べた。

台湾総統府の報道官は会見で、台湾海峡や周辺地域で最近見られる中国の好戦的行動は中国の国際社会におけるイメージに良くない影響を与えかねないと述べた。
また、市民に対しては軍が状況を十分把握しているとして、心配しないよう呼び掛けた。

台湾国防部によると、18日に台湾海峡の中間線を越え台湾の防空識別圏に入ったのは、
中国空軍のH-6爆撃機2機、J-16戦闘機8機、J-10戦闘機4機、J-11戦闘機4機の計18機。

台湾空軍機が緊急発進するとともに、ミサイル防衛システムで中国軍機の動きを監視していたという。国防部は地図で中国軍機の飛行経路を示した。

台湾の自由時報紙はこれより先、台湾空軍機が18日朝、中国空軍機に対して4時間にわたりスクランブルを17回行ったと報道。
台湾東海岸沿いの花蓮の基地でF16戦闘機にミサイルが搭載される写真も掲載した。

(以下略)

ニューズウィーク 9月18日
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/09/post-94475.php

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 114◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599802488/



2:名無しさん@おーぷん[]:20/09/19(土)10:38:03 ID:yx.cg.L26

こんなにあからさまなことをして


3:名無しさん@おーぷん[sage]:20/09/19(土)10:41:36 ID:z2.aq.L1

こういうのはアメリカ人のガンマンスピリットを刺激するだけのような。


4:名無しさん@おーぷん[]:20/09/19(土)12:14:13 ID:gO.ko.L1

日本じゃないんだから、さっさと撃ち落とせばよいのに、何遠慮しているんだろうな


5:名無しさん@おーぷん[]:20/09/19(土)12:18:34 ID:Xm.j5.L3

それでもまだ中国に拠点がある日本企業があるのはなぁ


6:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:20/09/19(土)12:41:35 ID:UU.di.L1

練度と整備の問題で、チャイナか台湾のどっちが先に事故で墜ちるかハラハラ


7:名無しさん@おーぷん[]:20/09/19(土)14:53:47 ID:ld.sx.L1

全部撃ち墜としてやんよ!
クソが!


8:名無しさん@おーぷん[]:20/09/19(土)19:01:50 ID:Ht.ao.L2

.
中国軍が台湾海峡で軍事演習 米高官の訪台を牽制 2020年9月18日
→ https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=000193566
.
日本のマスコミが故意で報道しないのかは不明だが、今現在、中国の台湾への軍事侵攻の危機がかなり高まっている。
中国共産党は米中経済対立とコロナ処理及び自然災害で、国内の経済発展は停滞ではなく下降は避けられない状況で、
このままでは習近平の主席維持は困難になり、習反対派との権力闘争が始まる。 そこで11月の米大統領選挙に乗じ
.
て台湾への軍事侵攻の模擬戦争を開始して、中国国内の不満をそちらに転嫁させるためにも、年末から年始にかけて
台湾情勢は一気に緊迫化するかも知れない。 それにより習近平は主席権威の回復を狙う。 まず中国共産党は台湾に
対して中国漁船による台湾の漁場荒らしや、台湾領空への中国軍機の侵犯を繰り返して、台湾による防衛過失を誘う。
.
さらに中国共産党はそれをエスカレートさせるが、米軍が介入しない程度に調整する。 さらに米国と台湾には正式な
国交が締結されていない。 米国の大統領選挙の集計直後の、米国大統領としての権威確定の空白期は最も危ない。
もはや米国の大統領選出は米国だけの問題ではなく、中国周辺の自由民主主義国には死活問題である。
自由民主主義国はトランプ氏の再選を願うばかりだが、息子の中国献金疑惑のあるバイデン当選は台湾への死刑宣告だ。


9:名無しさん@おーぷん[]:20/09/19(土)19:04:22 ID:Ht.ao.L2

.
台湾、対中防衛を国際社会に要請 民主主義の防波堤を強調 2020年9月17日
→ https://www.afpbb.com/articles/-/3305116
.
台湾の呉釗燮外交部長は16日、中国が武力行使に訴える恐れがあるとして、台湾と周辺地域を中国の「拡張主義的」
動向から防衛する支援を国際社会に求めた。 台湾は「共産主義の中国に民主主義が侵略されないよう防衛する最前線」
に立っていると説明。 中国が近年「台湾に対する軍事的脅威を強めており」、台湾近海での軍事演習を拡大している
.
ことに言及して、他国からの支援の必要性を訴えた。 先週30機を超える中国軍用機が台湾の防空識別圏に進入した
ことについて、呉外交部長は「非常に脅威的」と指摘。 「台湾はここ数年間、自前の防衛力強化に懸命に努めてきた。
だが同時にわれわれは、民主主義国家としての台湾が、
影響力の拡大を試みる独裁国家の中国に脅かされていることを、国際社会に理解してもらいたい」と述べた。


10:名無しさん@おーぷん[sage]:20/09/19(土)20:32:03 ID:z2.aq.L1

>>9
バックファイアの技術もらう前に、
中ソが喧嘩しちゃったからそこ止まりっすかね。


13:名無しさん@おーぷん[]:20/09/20(日)10:34:25 ID:V6.dd.L3

>>10
表向き仲良く見えるが、武漢ウィルスやら密輸やらで結構たいへんらしい。
農地も買われているみたいで、いつ追い出すか機会を狙っているらしい。
だから一水会は日本はロシアと手を組むべきだと進めてたみたいね。


11:名無しさん@おーぷん[]:20/09/19(土)21:25:09 ID:PM.ao.L11

こういう目立つ侵略ばかりではない

台湾の皆さん、背乗りに気を付けてください


12:名無しさん@おーぷん[]:20/09/20(日)07:00:04 ID:2k.4q.L1

怖いよ~、怖いよ~
戦争はいやだよ~、
そうだ!、日本は巻き添え食わないように、台湾とは絶交して中国を怒らせない様にしよう。
国内の刑務所にいる中国人も恩赦で釈放してやろう。
…ん~なんか、変な夢みたな。



管理人談話:
翌日となる19日には爆撃機も含む19機が、台湾防空識別圏に侵入して
います(読売新聞より)。

今回の訪台は次官でしたが、中国国営メディアは「米国務長官らが台湾に
来たら、台湾上空で軍事演習を行うだろう」などとしました(MBSより)。

クラック次官の訪台は断交後の米国務省にとって、最高位の高官派遣です。
また、同次官の他、国務次官補(民主主義・人権・労働担当)や、無任所
大使(国際女性問題担当)、商務省からは次官補(グローバル市場担当)が、
国防総省から元次官補(インド太平洋安全保障担当)なども訪台しています
(中央社より)。