1:■忍【LV16,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/09/02(水)16:02:25 ID:???


■香港における「当局と外国メディアとの対立」
「香港の自由が失われる」と日本語でも支持を訴えている民主活動家、周庭氏(アグネス・チョウ、23)らが逮捕された8月10日、香港では
驚くべきことが起きていた。日本経済新聞の香港支局に警察当局の捜査員3人が令状を持って訪れていたのだ。

この日、周氏のほか、反中を訴える新聞「りんご日報(アップル・デイリー)創設者の黎智英氏(ジミー・ライ、71)とその息子ら計10人が 
当局によって逮捕された。こうした当局の動きはいずれも6月30日に施行された香港国家安全維持法(国安法)違反の疑いによるものとされるが、
外国メディアの出先機関にまで捜査の手が伸びている事態は尋常ではない。

今回は、香港における「当局と外国メディアとの対立」について検討してみることとしよう。

■「デモシスト」の意見広告を問題視
日経香港支局への捜査員訪問を報じたのは、フランスの通信社AFPの記事だ。この記事は、匿名の人物がAFPに対して語った話として伝えられている。
捜査員3人は8月10日の周氏逮捕の数時間前に香港島にある日経の香港支局に令状を持って訪れ、同紙がおよそ1年前に周氏らが所属していた
民主派団体「香港衆志(デモシスト)」が国際的な支援を求める意見広告を載せたことについて、事情聴取を行なったという。

日経新聞広報室は「法的な理由でコメントを差し控える」としている(日本経済新聞、9月1日)。一方、国安法違反容疑で保釈中の周庭氏は9月1日に
地元警察へ出頭。取り調べ後の取材に応じた際、警察が日経香港支局を捜査したことに言及した。

取り調べでは、2019年にデモシストが日経紙面に掲載した意見広告を証拠品として警察から見せられたという。AFPは「意見広告は世界の主要紙に掲載され、 
その費用はクラウドファウンディングにより集められたもの」と伝えており、これ自体は疑わしいものとは思えない。

もし、AFP報道や周氏の発言が正しいとしたら、こうした香港当局による捜査は、国安法に綴(つづ)られた「本法律の施行後の行為は、法律規定に
よって処罰される(第39条、つまり、法の効力発効前の事案には遡及しない)」とする条文に明らかに抵触する。なぜなら捜査の理由が「1年前の
広告の掲載が問題」としているからだ。

逮捕から24時間後に保釈された周氏が「何が理由で逮捕されたのかよく分からない」と言っている状況と類似性がある、ともいえようか。

■米中の「報復合戦」が行われている
香港の外国人記者クラブ(FCC)は8月6日、「複数の外国人記者に対するビザについて『極めて正常でない対応』がなされている」と指摘。 
米中両国に対し「記者の処遇を政争の具として使うことをやめてほしい」と述べた。

現在、米中双方が相手国の記者に対するビザ発給を拒む状況が続いている。今年に入って、中国本土では米国の主要3紙の記者らが実質的に国外追放
となった。香港でも、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)、ニューヨーク・タイムズ(NYT)の記者らに対するビザ延長手続きが遅れているという。

FCCはこうした事態に対し「プロの記者が作る正確な情報が人々から求められる今、ジャーナリストをターゲットとした報復合戦は誰に対してもマイナスと
なるものだ」と糾弾している。

こうした外国メディア関係者へのビザは、これまでなら「一国二制度」のもと、香港政府の権限で手続きがなされてきたが、現状ではなんらかの変化が
起きていることをうかがわせる。

■ビザ審査のため新設された謎のセクション

(以下略)

9月2日
https://news.infoseek.co.jp/article/president_38444/

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 113◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597634129/る



2:名無しさん@おーぷん[]:20/09/02(水)16:19:23 ID:mF.kq.L10

韓国に軟禁された産経の加藤支局長みたいになる


3:名無しさん@おーぷん[]:20/09/02(水)16:22:28 ID:rE.lg.L1

まぁ、このタイミングで離脱しておかないと、的になっちゃうよね
15日以降が目安だしw


4:名無しさん@おーぷん[]:20/09/02(水)18:03:31 ID:wf.kq.L18

帰ってこないでもいいけど?


5:名無しさん@おーぷん[]:20/09/03(木)01:35:25 ID:Oe.qw.L2

蘋果日報はずっといると言ってたよね
生中継毎日見てたよ


6:名無しさん@おーぷん[sage]:20/09/03(木)07:12:58 ID:OB.eo.L1

>プロの記者が作る正確な情報

何割が記者としての矜持を持ち合わせているのか疑わしい

日本の場合は捏造と偏向によるプロパガンダのスペシャリストばかりだしな


7:名無しさん@おーぷん[]:20/09/03(木)08:10:29 ID:I6.n3.L1

中共さんが蟻の穴を残すことはないだろうし
香港住民の皆さんにはとにかく生き延びてくれとしか


8:名無しさん@おーぷん[sage]:20/09/03(木)12:22:31 ID:vk.ks.L10

中国で日本人が捕まっても自分達の命惜しさに碌な報道をしなかった上級メディア様が何だって?


9:名無しさん@おーぷん[]:20/09/03(木)21:18:53 ID:Hs.eo.L10

不肖宮嶋カメラマンはどうしているかな、
以前はこういう話題の地域の最前線には必ずいたが。


10:名無しさん@おーぷん[]:20/09/03(木)23:58:32 ID:Kg.qw.L1

あのひともけっこうアカいからなあ・・・


11:名無しさん@おーぷん[sage]:20/09/04(金)03:48:02 ID:OG.j6.L1

一国二政府状態を支持しろと?
事実上宣戦布告になるが



管理人談話:
逮捕された蘋果日報(アップル・デイリー)創業者の黎智英氏は、国安法
違反の他、親中派のライバル紙記者を威嚇したとして脅迫罪に問われ、
裁判が行われていましたが、こちらは裁判所が無罪判決を出しました。

元々、起訴は難しいとされた事件でしたが、中国当局の政治的圧力で
起訴までされたという背景も指摘されています(共同通信より)。