1:■忍【LV14,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/08/01(土)13:13:44 ID:???



◎記事元ソース名/国際社会、中国の脅威認識 G7国安法非難は「日本主導」―米長官

 【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は30日、上院外交委員会の公聴会で、米国の精力的な外交により、国際社会は中国共産党の
脅威に対して目覚めたと語った。その上で、中国認識の「潮目は変わった」と強調。トランプ政権の対中強硬路線への各国からの支持に
自信を示した形だ。  

 ポンペオ氏は、先進7カ国(G7)外相が6月、中国政府の「香港国家安全維持法」導入に「重大な懸念」を表明したことに関し
「日本がG7を主導した」と称賛。中国が進出を強める南シナ海をめぐっては、日本やオーストラリア、英国などの友好国と連携を
強化していると指摘した。
 
(以下略)

時事ドットコム 2020年07月31日08時59分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020073100343&g=int



2:名無しさん@おーぷん[sage]:20/08/01(土)13:28:23 ID:el.kd.L6

いまさら暴支膺懲か。

落としどころは中国共産党の支配をやめさせて、
自由で民主的で、牧歌的で自然に優しい中華な国を、
30~40ヶ国ぐらい樹立するってところだろうな。


3:名無しさん@おーぷん[]:20/08/01(土)13:36:52 ID:YG.ac.L1

日本が悪いにもっていかれそうな予感


4:名無しさん@おーぷん[sage]:20/08/01(土)13:40:24 ID:Ga.or.L34

>>3
まあ西側諸国にとってもこれは賭けだ
賭けに負けたらそうなる。

負けないとは思うがな
どう転んでも中国の影響力は排除される。


5:名無しさん@おーぷん[age]:20/08/01(土)13:47:02 ID:Yw.sa.L4

>>3
日本を完全に味方にしたいなら、そういう意図も込めてるだろ。
退路を断つみたいな。
日本政府も覚悟きめてるから主導したんじゃないの?
雨傘革命に相乗りしてたパヨクさん達はなんて言うかな?


8:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:20/08/01(土)14:04:47 ID:MD.t9.L1

>>3
米国上流階層と、シナ共産党幹部は、力と金と性の信奉者という意味ではよく似てますからね
一般人はそうでもなくても、
また宋美齢みたいなのが哀れっぽく泣き叫べば、かわいそうなものが好きな米国人がまた熱狂しかねない


6:名無しさん@おーぷん[]:20/08/01(土)13:52:00 ID:M9.28.L4

そういやマスコミが英米主導の香港非難決議に日本が賛同してないと批判に持ってこうとしてたな
すぐに日本は別口で非難出しとるわと反論されてたが


7:名無しさん@おーぷん[]:20/08/01(土)13:55:19 ID:mB.t9.L12

香港国安法に関して日本政府はどうした!
って言ってたパヨどもも満足するお話ですねw


9:名無しさん@おーぷん[sage]:20/08/01(土)14:25:54 ID:IC.or.L1

実際でもオーバー表現でも大変誉れな事だ。
実際の実際では、米英と対立的な仏、独、伊に日本の立場を明確に言ったぐらいだろ。
日独支那市場奪還戦の相手が言えば独も安心だろうし、独国内の反応もある。


10:名無しさん@おーぷん[sage]:20/08/01(土)14:36:20 ID:o1.xu.L1

西側諸国の一員としての立場をはっきり表明した形だな
これは誇らしい


11:名無しさん@おーぷん[]:20/08/01(土)18:09:57 ID:To.sm.L9

「連合国」の枠組みがやっと変わるってだけの話。


13:名無しさん@おーぷん[]:20/08/01(土)23:10:39 ID:ST.mr.L3

いつものように言うだけで何もしないってこと。
何も変わらない。
北方領土や拉致問題と同じ。


14:名無しさん@おーぷん[sage]:20/08/01(土)23:35:40 ID:PZ.or.L1

まぁ何もしないが、不思議な事に変わっては行くんだよね。


16:名無しさん@おーぷん[sage]:20/08/02(日)05:27:51 ID:yr.4n.L1

日本が非難決議に参加しなかった!とパヨが文句言ってたね。これで大喜びだろう


17:名無しさん@おーぷん[sage]:20/08/02(日)07:50:47 ID:A1.pc.L1

西側分断作戦も実らず悔しそうなパヨクたち



管理人談話:
香港国家安全維持法では香港警察が、民主派の6人を指名手配しました。

アメリカ国籍者やイギリス在住者、ドイツで亡命が認められた人物などを対象と
しており、同法を海外在住にも適用する動きです(ブルームバーグより)。