1:■忍【LV4,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/05/13(水)16:21:09 ID:???


 宇宙・サイバー・電磁波という防衛上の「新たな領域」をめぐる最先端の軍事的脅威が10日、明らかになった。
2014年から続くウクライナへのロシアの軍事介入で、ロシア軍は「電子戦」「サイバー戦」を一体化させた世界初の
作戦を展開。ウクライナ軍の無線通信を電子戦による電波妨害で遮断し、サイバー戦により携帯電話網を通じ虚偽指令を
ウクライナ軍兵士にメールで送信して誘導した上で、火砲などの攻撃を連動させていることが鮮明になった。

 中国がロシアと同様の作戦を行う能力を備えることにも防衛省・自衛隊は警戒を強めている。対処力を強化するため、
陸上自衛隊は新型電子戦装備の運用に向けて始動した。

 ウクライナへのロシアの軍事介入についてはこれまで、電子戦によりウクライナ軍の無線通信や衛星利用測位システム(GPS)の
利用を妨害しているとの指摘があったが、電子戦とサイバー戦の一体化に関する総合的な分析はなかった。

 ロシア軍はウクライナ軍の無線通信の利用を電子戦で妨げた上で、司令部などとの連絡に携帯電話を使わざるを得なくなった
ウクライナ軍兵士の携帯にメールなどで展開拠点を変更させる虚偽指令を送信。虚偽指令を信じ、ある地点に誘導された兵士を
待ち伏せするように火砲などで集中的に攻撃を加えていた。

 ロシアのウクライナへの軍事介入は日本政府が一昨年に「防衛計画の大綱」を改定する要因になり、中国軍も実戦的な能力を
向上させている。両軍の電子戦を任務とする航空機は日本周辺で電波情報の収集も行っている。

 こうした脅威を受け、陸自は今年度末から運用を始める新型電子戦装備「ネットワーク電子戦システム」の導入に着手した。 
運用する隊員の教育も7月から始める。

 車載式のネットワーク電子戦システムは指揮統制や電波の収集・妨害を担う5種類の装備がある。既存のシステムに比べ対応
できる電波の周波数の範囲が広がったのが特徴で、各国が軍事用に利用する周波数を網羅する。

(以下略)

産経web/5月10日
https://www.sankei.com/politics/news/200510/plt2005100011-n1.html

■関連記事
ロシアのクリミア併合から戦い方が変わった 小野寺五典・前防衛相に聞く新たな防衛大綱 ― 日経ビジネス (2018/11/20)
https://business.nikkei.com/atcl/report/16/082800235/111400011/

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 100◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588903603/



2:名無しさん@おーぷん[sage]:20/05/13(水)19:18:18 ID:mS.nk.L8

おそロシア。
やってることは指揮通信の遮断や欺瞞情報等昔から変わらんが。


3:/)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s[]:20/05/13(水)21:20:11 ID:2I.gn.L1

あー日本でも通信インフラにいろいろやっているな@露助、中共、上下朝鮮あたりが…


7:ツチノコ狩り[]:20/05/14(木)10:09:29 ID:Jc.og.L25

>>3敵国にインフラまかせてるアホな国
それが日本


4:名無しさん@おーぷん[]:20/05/13(水)21:29:51 ID:P6.wb.L5

確かアメリカの衛星ストーカーしてたよね
物理的に落っことすことも考えてそう

ロシア衛星が米衛星を追跡、「異常かつ不穏な挙動」 米宇宙軍
https://www.cnn.co.jp/world/35149234.html


5:/)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s[]:20/05/13(水)21:33:55 ID:2I.gn.L1

>>4
冷戦まっただ中アメリカの軍事衛星が飛んでない時間をしらべて開発をしていたカスピ海の怪物。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3


6:名無しさん@おーぷん[]:20/05/14(木)07:45:58 ID:Bh.yt.L1

日本軍が一番苦手な戦略
今も変わらない



管理人談話:
ロシア軍のサイバー攻撃はドイツのメルケル首相も先日、ロシアが自身を
標的としたハッキングを働いていると不快感を示し、さらに、「言語道断な
スパイ行為」を試みた具体的な証拠があると主張しました(AFPより)。