1:名無しさん@おーぷん[]:20/04/23(木)13:26:18 ID:wMA

在日米軍司令部(USFJ)
@USFJ_J
北日本沖で4月22日、エルスワース空軍基地のB-1Bと米空軍三沢基地 @TeamMisawa
のF-16が、航空自衛隊 @JASDF_PAO
のF-2と二国間共同訓練を実施しました。
https://twitter.com/USFJ_J/status/1253142980019380224


2:名無しさん@おーぷん[]:20/04/23(木)13:32:32 ID:wMA

訓練後B-1Bはサウスダコタ州まで帰っていった。
アメリカ本土から東アジアを爆撃可能だというところを見せるため行われたという説がある。


4:名無しさん@おーぷん[]:20/04/23(木)16:26:40 ID:wMA

>>2
B-1Bは往復30時間の飛行
三沢米軍のF-16 6機、自衛隊からはF-2 7機、F-15 8機参加
パンデミックの中にあっても全世界に展開できることを示した
https://www.pacaf.af.mil/News/Article-Display/Article/2161283/us-japan-bomber-fighter-integration-demonstrates-dynamic-force-employment/


5:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/23(木)16:45:48 ID:oeW

>>4

空母が使えないからね…
コロナもあるし…


3:名無しさん@おーぷん[]:20/04/23(木)14:21:47 ID:GiL

B-1かっちょええすなぁ



管理人談話:
韓国メディアは同訓練を、北朝鮮の金委員長の身辺異常説が出たすぐ翌日に、
本土の爆撃機を動員して、異例の訓練を実施したと取り上げました。
また、グアムに最近配備したB-52爆撃機を今月(4月)16日に、米国本土へ撤収
させたことも、こうした戦略と関連があるともしています。