1:■忍【LV6,キャットフライ,SB】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:20/04/16(木)13:35:04 ID:???


◎記事元ソース名/新型ウイルス、武漢の研究所から流出したものか調査中=トランプ氏


[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢にあるウイルス
研究所から流出したものかどうかを米政府が調査中だと明らかにした。新型ウイルスの発生源はまだ解明されていない。

ミリー米統合参謀本部議長は14日、米国の情報活動によると新型ウイルスは自然発生した可能性が高いとして、中国が
人為的に作り出したウイルスが事故によって流出したとの説に反する見方を示した。ただ、いずれの説にも確証はないと述べた。

FOXニュースは15日、新型ウイルスは武漢の研究所で生物兵器として作られたのではなく、ウイルスを特定して戦う中国
の能力が米国と同等かそれ以上であることを示す目的で作られたと報道。

他のメディアも、安全基準の緩い同研究所から新型ウイルスが流出し、近くの市場で感染拡大が始まったと伝えている。

トランプ氏はホワイトハウスでの記者会見で、新型ウイルスが武漢の研究所から流出したとの報道について問われると、
認識していると回答。「われわれは徹底的な検証を行っている」と述べた。

(以下略)

Yahoo!ニュース 4/16(木) 10:54配信 ロイター
https://news.yahoo.co.jp/articles/32dcf963c65ea25487cdb8ea33ea58a4aadee736
https://hosyusokuhou.jp/archives/48876461.html



2:カール・リープクネヒト◆j7NH1KX2JFKF[sage]:20/04/16(木)14:19:54 ID:f8.es.L3

Jacob ; 「 I know, I know well 」


3:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)14:32:50 ID:KN.nt.L1

どんどんやれ

で、世界中から賠償を求める流れを作ってやれww


5:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)15:30:50 ID:qs.gh.L1

結論は分かってる
「研究所からの流出を否定する証拠は無い」

これだけで支那が疑われ続けるには十分だ


12:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)20:11:56 ID:c1.20.L1

>>5
証拠消すために、研究所爆破したもんね~~~アル


6:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)18:49:40 ID:N1.wm.L1

人為的だろうがなかろうが
どっちにしろ中国はコロナを生物兵器的に利用してるのは事実


7:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)18:55:39 ID:Yo.ro.L10

アメリカは理由なんてどうでもいい。ムカついたら取り合えずぶん殴る国だ。二~三発殴られる覚悟をチャイナはすべき


9:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/16(木)20:03:48 ID:uE.sq.L1

コリアンが流してる731部隊や福島の風潮手法を上手く利用してるな。
日米欧紙がトランプの主張を非難すると、コリアンの対日世論工作の非難に繋がる論法になっていく。
つまり自分達の墓穴を掘り始める。


10:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)20:08:13 ID:2l.mi.L1

アメリカの場合は特に流出じゃなくて意図的に持ち込まれた可能性も検証すべき
アメリカのインフルエンザ流行のドサクサに紛れてばら撒かれていた
或いはインフルエンザも同時にばら撒く事で混乱させる複合型のバイオ攻撃だった可能性
インフルエンザの死者の数も異常だし現在の拡散スピードも異常
現在も工作員が感染拡大活動をしている可能性すらある
R4も如何に感染を拡大させるかと言ってたのも実は偶然じゃないのかも


17:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)21:42:36 ID:70.5p.L3

>>10
コロナでうっかり忘れてたけどそれだ
昨年から流行ってたあやしい病は口蹄疫、豚コレラ、米国のインフル
中国発のコロナがハイブリッドな攻撃である可能性が高まったのでは


19:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/16(木)21:44:19 ID:IY.gy.L14

>>17
肺ペストも中国で発生してたよね?
あれ、実は武漢肺炎だったのか?


11:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)20:10:42 ID:c1.20.L1

支那にいるアメリカのスパイが全滅したという話だし、どうやって調べるんだろう?
人口衛星使うのかな?


13:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/16(木)20:17:07 ID:uE.sq.L1

支那の反論とその擁護は、強者の認識とその判決への非難になるから、
東京裁判への反論とその反論の擁護と似通った論法になる w
連合国の良心的な判事や弁護士が示したこの論法を上手く使おう w


14:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/16(木)20:48:19 ID:8e.sq.L1

コビト19とか支那擁護をしたW-AHOは、
武漢細菌研究所の遺伝子操作をその流失疑惑の主張概要を示して、
その反論を根拠にしないと、ただ反発だけの流失根拠がないでは説得力がない。

その他支那の取る道は、朝日記者の悪魔の証明に引っかかった安部ちゃんがした公開裁判に掛ける手がある。
日本では証拠がない限り流言非難側は勝てない。
米国の場合は、非難側の偽証証言だけでも勝ってるようだが w


15:■忍【LV1,ミミック,IR】[]:20/04/16(木)21:11:22 ID:yz.xq.L1

もしこれが本当に武漢の研究所から
漏れた事が立証されたら
中国どころか全世界に散らばってる
中国人が虐殺されるぞ。


16:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)21:28:14 ID:N1.wm.L1

>>15
アフリカじゃもう中国企業が襲撃を受けてる


21:名無しさん@おーぷん[]:20/04/16(木)22:14:47 ID:lT.up.L1

当初ネットに流れてた経緯なら、
アメリカは隣の国にも事情聴取しとけよw


22:扶桑不死◆S.LrennY2rPS[]:20/04/17(金)01:58:26 ID:DP.oe.L3

散々陰謀論だーーーーー

って火消やってた奴らどうしてるんかな????


23:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)03:14:43 ID:sn.fr.L18

アメさんも『新型インフルエンザで死者1万人』とか言ってたからな

冗談で
新型インフルエンザ=新型コロナなんじゃねーの
って書き込みした記憶があるけどガチな気もする


25:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)04:48:07 ID:X4.tz.L8

アメリカが大義名分作りのターンに入りました
というより、どうやって殴るか終息待ちだろうがな


26:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)04:55:26 ID:uI.vj.L1

選挙があるからそれなりの報復はしないとだよな


27:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/17(金)04:58:50 ID:Bv.ja.L1

トランプが会見で「武漢の研究所から流出したものか調査中」と発言した事で
中国との対決姿勢は鮮明になったな


29:■忍【LV0,作成中..】[]:20/04/17(金)05:54:25 ID:cJ.pw.L1

カナダでウィルスの検体を
持ち出そうとして逮捕されたのは
中国人だったのは事実だよ。
1月の時点で中国軍が防護衣に身を包んで
消毒してたのは早期から
新型コロナの危険性を知っていたって事。
知っていながら情報を隠蔽した。
今も死んだ人数を隠してる。
中国とWHOには殺人に対する
未必の故意が成立するよ。
特にWHOは世界的な機関でありながら
対策させないように誤情報を流し続けた。
立場を利用して非常に悪質だと思うわ。
逮捕して徹底的に調べたほうがいい。


30:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/17(金)05:57:38 ID:Bv.ja.L1

>>29
危険を訴えていた医師を拘束したり
習主席が雲隠れしたりと怪しい事実があるよね


32:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/17(金)06:58:05 ID:cE.tz.L1

ジョンソン首相は自ら肺炎ウィルスに重篤にさせられ生還したから怒り心頭だろうね
トランプ大統領との連携も強くなると予想


33:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)07:20:38 ID:kv.tz.L1

インフルエンザも発生源はほぼ中国だからな
それが何故かアメリカで突如として発生したかのように広がった件
そこにコロナでもこの異常な被害
そもそも危険を冒してカナダから盗み出し
厳重に管理されていた筈のコロナウイルスがそう簡単に流出するのかって話


36:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)10:20:40 ID:AV.wq.L10

全世界がチャイナに損害賠償請求起こせば良い。途上国なんてチャイナに借金漬けされてるのを債務放棄したりアメリカなら国債を無効にしたり。日本は国内のチャイナ資産差し押さえかな


37:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)10:30:49 ID:Uo.wz.L2

▼武漢肺炎ウイルスと中国共産党政権の生物兵器の関係 = 世界各国の疑問
https://www.visiontimesjp.com/?p=4425


38:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)10:54:38 ID:b5.uj.L3

国際法廷の次の段階はそうした「(経済的に)中国抜きの世界に再編しよう」って英米の強い動きだろうね
そもそも常任理事国に盗人のような国家が混じってて共存共栄は無茶だった

戦争はすっ飛ばし、いつまでも後ろから兵士が湧いてくるような実戦はもう米国はしたくないはず


39:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)11:20:11 ID:SU.ew.L1

米国からこういう話が出てくる時は既に裏どりが終わってるか
工作活動の準備が終わったかだよな


40:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)11:31:33 ID:mu.vj.L7

あめりかはちゅうごくとwhoを第一級殺人で告訴する準備をしてるそうだ。ミサイル打ち合う戦争なしで中国は解体されるだろうか。



43:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)11:42:03 ID:V5.vj.L6

>>40
そんな国とも言えない蛮族どもを支援していた二階以下有志?一同は吊るされるべきだね。


52:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)22:06:11 ID:j3.vy.L1

>>40
中国は、今回のコロナウイルスへの対処から共産党内でも
意見が対立して内部分裂してるね。
既に航空機が北京で撃墜される事件がおきたりしてるし。
またクーデター起きて政権がひっくりかえされるか、
それより早く習金平氏が共産党を解散して
政治を民主主義化したりして戦争を回避するかみたいな
事になってきてるのだろう


44:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)12:04:21 ID:8c.ja.L1

>>40
中国側は逆ギレしてミサイル撃ってきそうだけど


45:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/17(金)12:09:58 ID:Yh.3d.L4

>>44
先に物理的に手を出させたら勝ちだよね


49:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/17(金)20:09:45 ID:BR.sx.L1

>>44
アメリカはミサイルによる本土攻撃を察知したら戦略爆撃機を全機出動させるから、核ミサイルを使わずとも中国が無くなるレベルで爆撃される


51:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)22:02:35 ID:8c.ja.L1

>>45
>>49
まず日本を攻撃してきそうなんだよね中国


42:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)11:34:37 ID:jS.tw.L1

ここで出てくるのがなぜか日本。
お得意の、欧米人は日中韓の区別がつかない、を利用して
日本が悪いって方向に持っていくだろうから注意しないと。


47:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)13:54:05 ID:b5.uj.L3

日本は一回その手にはまったからね…米の教科書でも未だに悪のエンパイアでしょ
てことは前段階として物資供給や経済圏からのハブはこの上無く効くわけだ


46:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)13:50:16 ID:AI.tz.L2

中国人はペストを媒介するネズミと同じなので
ビザを厳格化して海外渡航が出来ないようにして
高額な関税で中国製品の輸出を出来ないようにして
まずは自転車と人民服の時代に戻してやらないと


48:名無しさん@おーぷん[]:20/04/17(金)14:03:43 ID:a3.7s.L1

生物兵器説をとなえたインドの研究者 論文出した1週間後に消されちゃったもんね


55:名無しさん@おーぷん[sage]:20/04/17(金)23:13:55 ID:Fk.23.L1

経済的ダメージを与える為にアメリカに撒いたが思ったより広がったって可能性はある?


56:名無しさん@おーぷん[]:20/04/18(土)00:08:56 ID:Af.qp.L5

>>55
どっちかというと
馬鹿な、ちうごくじんが開発中に自爆感染だろ
やっぱし


57:名無しさん@おーぷん[]:20/04/18(土)00:16:03 ID:9p.lx.L2

>>56
それで自国だけがダメージ入るのを嫌って世界中に拡散やろな
同時に侵略利用もするしたたかさ



管理人談話:
ポンペオ国務長官と楊潔チ党政治局員(中国外交トップ)が15日、電話で
会談し、ポンペオ長官は中国政府が「完全な透明性の確保と情報共有」を
行う必要があるとしています(産経新聞より)。

米国からはさらに、中国が昨年(2019年)中、秘密裏に低出力の核実験を
実施した可能性を指摘する報告書の公表もありました(読売新聞より)。