1:■忍【LV15,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:19/07/11(木)13:21:38 ID:???


中東ホルムズ海峡などの海上警備をするため、アメリカ軍が同盟国との有志連合を結成する
考えを表明したことを受けて、政府は対応の検討に入った。

アメリカ軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は9日、エネルギー供給の大動脈、
「ホルムズ海峡などで民間の船の安全を確保するため、同盟国と有志連合をつくれないか、
多くの国と協議している」と述べた。

これを受け、政府が協力ができるかできないかや、協力する場合のあり方について検討を始めた。

日本の法制度では、日本と関係のない外国の船を護衛できないなど、現状では、有志連合に
よる海上警備活動に参加するには、法的な制約がある。

(以下略)


FNN/7月11日
https://www.fnn.jp/posts/00420615CX/201907110628_CX_CX

[関連]
米、日本に有志連合への協力打診 イラン沖で船舶護衛
ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO47215960Q9A710C1MM8000/

米、イラン沖で有志連合を結成へ 中東の船舶護衛
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47173910Q9A710C1MM0000/


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 96◆◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561686977/


2:名無しさん@おーぷん[]:19/07/11(木)13:27:30 ID:jlj.j1.lg

必要な法整備して協力しましょう


3:名無しさん@おーぷん[]:19/07/11(木)21:39:23 ID:Ym5.qi.3b

関連立法を全力阻止する民主党筋が水晶玉の中に見えます


4:名無しさん@おーぷん[]:19/07/11(木)22:58:35 ID:l91.j1.zt

自衛隊を日本軍にする過程の絶好のチャンスだ。
政府が
石油が入らなくなったらどうすると野党に聞けばいい。
おそらく、それならそれで仕方ないとか無責任にいうはずだ。
そしたら責任ある政府としては立法化せざるを得ないと言って、
ちゃちゃっと法整備すればいい。
とにかく、野党の無責任売国ぶりをアピールするべきだ。


10:名無しさん@おーぷん[]:19/07/12(金)08:04:19 ID:Y33.cl.zs

>>4
いい考えだね。

一方でまた安くしたいからパナマ船籍にするデメリットとして
きちんと理解してもらいたい一件にも思える。
たとえばタックスヘイブンしている組織を守る義理は本来ないとおもうが、
同様な事態が起こればまた甘いこと言うんだろ?


5:名無しさん@おーぷん[]:19/07/11(木)23:31:05 ID:5Iz.j1.p7

今も日本のタンカーはホルムズ海峡を航行していないの?
なぜ今、自衛隊はホルムズ海峡にいないの?


6:名無しさん@おーぷん[]:19/07/11(木)23:37:55 ID:aoL.ck.p7

???「石油の輸入が8割止まっても
今と同じような快適な生活が出来ない程度であり
危機的状況ではない。
人命に関わる問題じゃないから武力攻撃を
受けたとは言えない。」


7:名無しさん@おーぷん[sage]:19/07/12(金)00:37:03 ID:8Vs.xu.tr

革マル枝野滅びろ


8:名無しさん@おーぷん[]:19/07/12(金)02:46:52 ID:dGd.pm.wl

ホント、エヘルギーが乏しくなったら、真っ先に死ぬ人のことに思い至ってない。
水も食料も、流通も、製薬もダメになるという。
冬の北海道とか。


9:豚頭の大怪獣[]:19/07/12(金)08:00:27 ID:tE1.u3.ax

即時、無条件で参加の意志を表明するべし
参加という結論ありきで、
検討を飛ばして調整すれば良いんじゃねーの?

タンカーの護衛という緊急性があるのだから、
法的な整備は後付けでOK
超法規的措置で日本の国益を護るのだ

憲法ではなく国際協調が日本を守ると
つまり現行憲法はヘッポコ欠陥憲法なんだぜ


11:名無しさん@おーぷん[]:19/07/12(金)08:05:07 ID:Y33.cl.zs

>>9
国益を考えたら最優先でそれだよな。
理屈なんかあとからでもつけられる。


12:名無しさん@おーぷん[]:19/07/12(金)08:58:32 ID:uj4.te.ao

ピースボートも海賊から守るため自衛隊に護衛を依頼するんだから
流石の辻本も反対しないでしょ

しないよな?



管理人談話:
有志連合は2~3週間以内にも始動する見通しとなっており、仮に日本からも
派遣するなら、自衛隊法に基づく「海上警備行動」か、相手を海賊と認定し、
海賊対処法に基づく護衛、また、安保関連法の「重要影響事態」と判断して
後方支援、さらに、日本が集団的自衛権を行使する際の「存立危機事態」も
ありますが、これはハードルが高いようです(産経新聞より)。

期限のある特措法制定も方法の1つですが、こちらは立法に時間的な余裕が
ないとされています。