1:ベンゼン環◆GheyyebuCY[]:平成31年 04/10(水)23:01:34 ID:Ozi

極めて重力が強く、光すら吸い込んで外に出られなくする天体、
ブラックホール。
このたび、その輪郭を撮影することに世界で初めて成功した。

撮影に成功したのは地球から5500万光年の距離にある、おとめ座の
銀河「M87」の中心にあるブラックホールである。このブラック
ホールは、質量が太陽質量の、一説では65億倍にもなるという
「超巨大ブラックホール」であることが分かっている。

詳細はソースをご覧下さい。

ソース(動画あり)
NHK 2019年4月10日 22時10分
世界初 ブラックホールの輪郭撮影に成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190410/k10011879971000.html


2:名無しさん@おーぷん[sage]:平成31年 04/10(水)23:19:27 ID:Qia

>>観測は南米チリにあるアルマ望遠鏡など世界6か所の電波望遠鏡をつなぐことで、口径がおよそ1万キロという地球サイズの巨大な望遠鏡を構築

地球サイズってスゲー と思ったけど、
5500万光年の距離にくらべたら微生物レベル


3:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 04/10(水)23:33:44 ID:SUB

ブラックホールの地球から飲みかけの大きさが約1億分の1度だって。
地球から見た月面上にテニスボールを置いたのを見るくらいの大きさとか。


4:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 04/10(水)23:34:13 ID:SUB

6:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 04/10(水)23:43:13 ID:SUB

5:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 04/10(水)23:42:23 ID:SUB

国立天文台のサイト。

史上初、ブラックホールの撮影に成功 ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る
2019年4月10日
http://www.nao.ac.jp/news/science/2019/20190410-eht.html


7:名無しさん@おーぷん[sage]:平成31年 04/10(水)23:54:56 ID:MmS

今度は火星軌道付近に電波望遠鏡を並べて超超超長~基線電波干渉計つくろうず。


8:名無しさん@おーぷん[投票]:平成31年 04/10(水)23:55:46 ID:YyA

世界の望遠鏡を繋いで地球規模の望遠鏡にするってもうなんかアニメの決戦兵器みたいでめちゃかっこいい


11:名無しさん@おーぷん[sage]:平成31年 04/11(木)00:10:07 ID:Dpd

そんなことはないのだろうけど光すら吸い込むって言われると
観察した瞬間に吸い込まれそうでコワイ


12:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 04/11(木)00:14:42 ID:q2z

その癖、BHからジェットが吹き出しているのだから謎。


13:名無しさん@おーぷん[]:平成31年 04/11(木)04:19:03 ID:CoE

まどろっこしいことやってないで誰か実際に見て来いよ



管理人談話:
8つの電波望遠鏡で集めたデータは、2週間で5000兆バイトに及び、
これをスパコンで処理し、画像を構成したそうです(CNNより)。

5000兆バイトは約5ペタバイト=5000テラバイト=500万ギガバイトの
データ量となります(1024を単位とするなら、約4.5ペタバイト=4550
テラバイト=465万ギガバイト以上)。