1:■忍法帖【Lv=17,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[]:2019/03/23(土)06:29:39 ID:???


[北京 22日 ロイター] - 中国商務省は22日、欧州連合(EU)、日本、韓国、インドネシア
から輸入するステンレス製の鋼片と熱延鋼板に対し、反ダンピング関税を23日から暫定適用すると発表した。

(以下略)

https://jp.reuters.com/article/china-anti-dunping-idJPKCN1R309S


2:西早稲田2-3-18研究会[]:2019/03/23(土)06:47:28 ID:Cw7.c4.ua

>>1
自前で特殊鋼が作れるならどうぞ御勝手にw


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/03/23(土)08:22:00 ID:GX0.d3.dw

中国に売らなければいい

4:名無しさん@おーぷん[sage]:2019/03/23(土)08:28:49 ID:smv.7w.9s

どーぞどーぞ


5:名無しさん@おーぷん[]:2019/03/23(土)13:33:40 ID:FoD.mt.bq

売ってもらえてただけありがたかったと遠くない未来に思うことになる



管理人談話:
反ダンピング関税の適用で特に大きな要因となったのは、インドネシアからの
輸入が急増したことにあり、中国企業が保護措置を求めたためのようです。

税率の範囲の内、最も低い18.1%が日本冶金工業で、他の日本製が29.0%、
最も高い103.1%は韓国製(ポスコのみ23.1%)に適応されます。
輸入が急増したインドネシアには20.2%で、要因から見ても各税率の根拠は
不明です(鉄鋼新聞より)。