1:■忍法帖【Lv=4,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/10/29(月)09:51:20 ID:fXC

(最終更新 10月29日 06時00分)

 防衛省が新規開発して2030年代に導入する次期戦闘機について、米ロッキード・マーチン社との共同開発
が有力案として浮上した。
同社製のF22ステルス戦闘機を基に、エンジンなどに日本独自の技術を採用することを想定している。
年末に策定する新たな中期防衛力整備計画(中期防)に新規開発の方針を盛り込んだうえで、
日米共同開発に踏み切る見通しだ。

 航空自衛隊のF2戦闘機は30年代から耐用年数を超える。F22の既存機をベースに能力を向上させる
改修を提案していたロッキード社が、共同開発に提案を変えたことを受け、防衛省は実現可能性の調査を始めた。
同省は対空、対艦、対地の多任務戦闘機として、主に離島防衛などに活用する方針だ。

 F22は世界初のステルス戦闘機で性能が高い。
「世界最強の戦闘機」と言われる半面、1機当たりのコストが高騰し、オバマ米政権時代の09年に製造が打ち切られた。
防衛省はかつてF4戦闘機の後継機としてF22の調達を目指したが、機密情報の流出を懸念した
米議会が輸出を認めず、11年にF35ステルス戦闘機の導入に切り替えた経緯がある。

(以下略)

https://mainichi.jp/articles/20181029/k00/00m/010/126000c


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 87◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540017034/


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)09:55:49 ID:5Yw

F22に35のアビオニクス等を組み合わせて、日本側には50%程度云々という話を聞いたけど・・
どうなんだろね?
X2の技術だけ持ってかれそうな気もするけど・・


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)10:16:34 ID:RR1

日本だけで独自に開発することはできないものかのう


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)10:19:26 ID:i2y

>>3
自国に必要なもんは自国で調達する。
これが当たり前なんだが、アメは邪魔しやがるしな…。


5:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)11:12:54 ID:BFj

少し前に5ちゃんで書いた自分の文章をコピペ

戦闘機の国産化は是非が難しい問題。
国の予算は無限じゃないというのもあるし
作ったはいいが性能的に自衛隊の要求を満たせませんでしたとなったら悲劇だ。
自衛隊のパイロットに軽自動車でF1レースに参加させるような事はあってはならない。
優勝まではいかなくても準優勝、最低でも
入賞確実な性能の戦闘機を開発しなければならない。
しかも国産だと調達数に限りがあるから一機辺りの値段は数百億円にもなると思われる。
そういうリスクを呑み込めるか否か。

輸入する場合。
アメリカから輸入するならアメリカの貿易赤字が減るとかそういうのもあるけど
国防的に日本はアメリカに依存してますという意味がどうしても出てくる。
アメリカはその方が望ましいし中国やロシアは面白くないだろう。
また、戦闘機の維持やメンテナンスを考えた時にアメリカに首根っこを掴まれてしまうというリスクもある。
その代わりに日米同盟は極めて磐石になり中国とロシアは
日本に決定的な手出しできなくなるだろう。
アメリカの戦闘機を採用ということは事実上、
日本がアメリカの縄張りという意味になるのだから。


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)11:32:25 ID:IUh

戦闘機の開発は大きな負担だからな
その費用とマンパワーをミサイルにつぎ込んだ方が、コスパは全然高いだろう


8:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/29(月)11:39:29 ID:Mic

これ、日本の予算や財務の問題ではなく、通商の問題だよ。
日本で独自開発って言うのは理想だし、たぶん誰が見てもそう思うだろう。
でも、日米の連携を国防だけで語るのは論外。
開発費が折半であろうと、財務上の連携をする事で、多岐にわたる通商問題の解決にもつながる。
アメリカから兵器を購入するのは、国防力を高める事にもなるが、貿易収支の差額分を埋める効果もある。
同盟国家であり同時に双方が先進国である以上、摩擦をゼロにする意味でも貿易収支は±0が望ましい。


9:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)11:43:09 ID:IUh

共同開発とは名ばかりで、現実は費用は折半、日本は雑用しかやらせて貰えないのでは


10:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)12:00:40 ID:BFj

>>9
メリットなければ純国産に舵を切ると思う。
そういう意味では心神を作っておいたのは良かった。
場合によっては純国産も考えてるしそれがウチの国は出来るよ?
とアピール出来たから。


11:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/29(月)12:13:40 ID:bUg

F-2の後継機ってことは国産対艦ミサイル4本積みは出来ないとだろ?
当然吊り下げになるわけで、ステルスの必要があまり無いような・・・

それとも中国製みたいにアホみたいに胴長にして格納する??


12:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/29(月)13:29:50 ID:Ge5

完全国産以外には認めない
貿易摩擦問題を抱えているわけでもないのにデメリットが勝る共同開発と言う名の妨害を選ぶ理由がない


14:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/29(月)15:26:41 ID:Mic

>>12
貿易摩擦が無いと思っている時点で無知すぎる。


15:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)15:54:40 ID:VCc

中国共産党が崩壊するか弱体化するまでは米国の顔を立てるのも良いんじゃないか?


16:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)16:04:18 ID:bZ1

まあ、米国との連携を考えたら妥当な所か
しかし、国産エンジンがすでにあるだけに国産開発採用見送りは惜しい


17:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)16:13:13 ID:Tcb

F22後継機の共同開発なら技術的に
メリットあるんじゃね?


18:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)16:16:09 ID:rRo

自衛隊は飛行停止リスクを回避するために三種類の戦闘機を運用する
F-4後継はF-35を輸入+国内組立
F-2後継は日米共同開発で輸入+国内製造?
F-15後継は…?


19:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/29(月)16:22:20 ID:BFj

>>18
F2後継機の成果次第じゃね?
共同開発が上手く回ればまた共同開発になるかもだし
アメリカ側の意向もあるし
共同開発が散々でもう懲り懲り、次は純国産にする!
となるかもしれない。


20:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:2018/10/29(月)17:21:28 ID:NSk

こと戦闘機開発の話になると米国はフェアじゃないし
日本企業と米軍需の関係もフェアになる理由が一個も無い

海外輸出を視野に、ハイローのロー側を共同開発するのは日本側にもメリットあると思うけれども
日本側の国防のメインを張る対艦・制空戦闘機を共同開発するのはデメリットが大きい
戦闘機の開発費用は世界的にもう一国では賄えないという寝言は、一人前の国防費を捻出できるようになってからいうべき


24:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/30(火)00:39:42 ID:xGw

ミサイルのステルス化はできないのかね。
そうすりゃ機外につるしといても問題なかろ。


30:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/30(火)01:24:06 ID:Im2

XASM-3空対艦ミサイルを内臓で4発積める事とステルスが必須条件やね。
運動性能はそこそこでええわ。どうせ旋回したら人間の限界を直ぐに超えるんだし。
対空ミサイルは4発もあれば十分

F-22よりちょっと大きめ位で落ち着くんじゃないかな


31:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/30(火)02:10:24 ID:uWy

>>30
B-21よりちょっと大きめの間違いでは?
ASM-3を4発内蔵となると

そもそもそういうのを求めてるわけじゃなさそうなんだよなぁ
以前からステルス機同士の戦いだと大きめで空対空ミサイル携行数が多く
航続距離が長い方が有利とか防衛省は言ってるわけで
(コンピューターシミュの結果との事だが明らかに防衛省の意思が入ってるよね)


32:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/30(火)07:47:17 ID:nT7

例によってマスコミの言うことは信用できない。
共同開発が決定→防衛省否定→独自開発へ→やっぱり共同開発へ(今ここ)

二転三転してるからまだ様子見だな。


33:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/30(火)07:51:51 ID:SMr

>>32
共同開発の分担について交渉中なのでは?
アメリカがゴネたら単独開発をチラつかせ
アメリカが譲歩したら共同開発で確定したかのような立腹サービスをする。


34:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/30(火)07:52:30 ID:SMr

リップサービスだ。
なんだよ立腹サービスってw


36:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/30(火)11:25:52 ID:KQn

>>34
いや、それなんか気に入ったし


38:■忍法帖【Lv=6,ばくだんいわ,2Dc】[]:2018/10/30(火)11:45:59 ID:ku1

見通しか
見通しねえ


40:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/30(火)15:01:19 ID:xmC

記事には何も決定的なことは書いていない
日本はあくまで独自開発をして、米国製の部品と性能差が大きい部品のみ
技術移転付き購入しゆくゆくはその部品も徐々に国産化すればいい

F-3の決定権は日本側が持ち、部品を輸入することで目先の貿易収支も改善する


41:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/30(火)15:10:50 ID:uWy

>>40
技術移転には部品交換の可否について承諾を必要とする契約がついてくる
自ら進んで自分の首に首輪とチェーンを付けてもらいに行くようなものだ
忠犬の思考だよ。

日本企業で実現できず戦闘機に必要な新技術があるんなら
開発費名目でカネを出して海外企業に開発させる事だ。


42:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/30(火)16:17:47 ID:xmC

>>41
開発費名目でカネを出して海外企業に開発させるのはいい考えだ

>技術移転には部品交換の可否について承諾を必要とする契約がついてくる
契約というのは甲と乙が合意すれば書き換えられる
今までは買う方と売る方に米国が絡んでいたから変なことを押し付けられたんだろう
特にベース機種を決めてしまうと部品購入も事実上一社独占で売り手の言いなりになってしまうので
ベース機種など決めずに日本がすべての決定権を持つ独自開発をすべきで
LMが日本の条件を飲めなくても金をだせばボーイングやヨーロッパ勢がOKしてくるだろう


45:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/31(水)17:31:16 ID:H2U

そもそもアメリカが共同開発を積極的に打診してくるときって
日本側にちょいと注目な新技術ある時なんだよね

アメリカが一番懸念する事の一つは兵器市場のライバルに
日本が浮上してくることと言うのは皆知ってる事だと思うけど、
その市場には日本自身も勿論含まれるわけで
俺とお前の仲だろ?一緒にやろうぜb俺んとこの技術使っていいからさ
で、お前んとこも何かよさげなもん出来たんだって?それも組み合わせてさ、な?な?な?
こんな感じで、顧客を失わず・潜在的なライバルを友達に留め、且つ美味しい所もちょっとある
というのが以前からのアメリカの既出の手。

日本側からすると、デメリットも勿論あるけど、メリットも多々ある
ま、軍事や技術は兎も角、後は政治のお話になるんでしょうって事だよね結局


46:名無しさん@おーぷん[]:2018/10/31(水)17:42:19 ID:EqP

それで完成したら輸出はするのかね?
生産機数が増えるほどコストが下げられるだろ。


48:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/10/31(水)18:47:02 ID:5U0

>>46
今回防衛省はかなりトンガッた仕様の戦闘機を要求していると言われている
なので「売りますよ」という話になったとしても誰も買わないだろう。

まあそれ以前に多分完成品輸出はしない。部品単位では輸出する可能性がある。



管理人談話:
まあ、ロッキード・マーティン側が共同開発に傾いたのもX-2や推力15トン級
ジェットエンジンが完成したからこそでしょうか。

F-2の後継機については、かつてF-22と争ったYF-23の開発企業ノースロップ・
グラマンも参画を模索していると報じられたことがありましたが(ロイターより)、
うまいこと、米国内の競争を引き出したいですねえ。