1:■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/08/21(火)11:28:42 ID:???


 中国の一帯一路構想は米国、欧州、日本など先進国の積極的なけん制を受けている。各国は一帯一路を
中国が開発途上国に借金を負わせ、該当国をコントロール下に置こうとする「債務帝国主義(debt imperialism)」と
見なしている。

 欧州では英国と欧州連合(EU)を主導するドイツ、フランス、イタリアの首脳がいずれも一帯一路構想に関する
覚書への署名を拒否している。
4月には中国に駐在するEU28カ国の大使のうち、ハンガリーの大使を除く27人が連名で異例の声明を発表し、
一帯一路を非難した。
大使らは「一帯一路は中国政府の補助金を受け取っている中国企業が利益を独占するだけで、欧州企業は同等の
機会を得られない」と指摘した。

 米国はインド・太平洋地域に投資する別の基金を創設すると表明し、対抗作戦に突入した。
ポンペオ米国防長官は7月30日、インド・太平洋地域に1億1300万ドル(約124億9000万円)を投資すると表明した。
中国の1兆ドルに比べれば微々たる規模だが、ポンペオ国務長官は「地域の平和と反映のための着手金という性格だ」と
説明した。
これとは別に、米国は昨年から日本、インド、オーストラリアと共同で一帯一路に対抗するインド・太平洋地域
インフラ事業の立ち上げについて協議している。

 先進国のほか、インドと中国のラブコールを退け、一帯一路への参加を拒否している。
(以下略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/20/2018082000544.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 84◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530150407/


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)11:30:51 ID:7RJ

ドイツ、ここは意外と頑張るんだ?w


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)12:03:37 ID:Wlw

武器からゼニに持ち替えたってことか…。


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/21(火)12:06:55 ID:dgt

まぁ侵略行為だよな


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/21(火)12:09:48 ID:Jbc

欧米のリベラルもやっと支那疲れしてきたんかな
おせーわ


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)12:19:15 ID:ylG

皆で踏み倒せば怖くない


8:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)12:55:28 ID:nsg

> 債務帝国主義

先進国から多額の借金して、「朕に逆らったら返さないアル」と開き直るのかと思った


9:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)13:35:20 ID:VTK

USA!USA!


11:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)15:58:09 ID:Kzf

だからAIIBの時点で日米は危険だと言ってたのに
ホイホイ加盟したドイツ一派は猛省しろと思うよ(-_-;)


12:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)17:14:44 ID:BKY

知ってたby日本


13:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)17:58:22 ID:DNX

借金国は早く中国が無くなるのを祈るしかないな。


16:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)19:46:04 ID:ycN

欲の皮突っ張らせてホイホイAIIBに加入したのに、自分達に全く利益が無いと判った途端これだよ。
まあ、しかし、欧州に入り込んだ中国人がこれから大活躍するだろうから、今更辞めたってもう遅い。


17:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/21(火)20:38:44 ID:emb

中国は、自国経済が火の車なのに
どこにそんな余裕があるんだよ?


18:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/21(火)20:52:19 ID:1Tt

先にバスに乗ったバカ



管理人談話:
マレーシアではトップに返り咲いたマハティール首相が、前政権で一帯一路に
関わっていた中国との大型公共事業中止を習主席と李首相に伝え、「目下の
最優先は債務削減だ」と強調しました(時事通信より)。

また、インド・太平洋戦略では小野寺防衛相が19日から、インドとスリランカを
訪問しており、スリランカでは中国の援助で建設されたハンバントタ港の視察など、
中国を牽制する動きも見せています(産経新聞より)。