1:■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/08/15(水)11:44:12 ID:???

2018.8.15 05:00
 政府が尖閣諸島など日本周辺の監視強化に向け、超小型衛星の導入を検討していることが14日、分かった。
既存の情報収集衛星を低コストで補完し、中国の積極的な海洋進出に対抗する。国内の民間チームが来年打ち上げる
超小型レーダー衛星の性能を見極めた上で、数年内での導入も視野に議論を加速させる。

 構想では多数の超小型衛星を打ち上げ、情報収集衛星との同時運用で尖閣諸島や南シナ海などを監視する。
1基当たりの費用は情報収集衛星の数百億円に対し、超小型衛星は数億円に抑えられる利点がある。

 情報収集衛星は識別能力が高く、船舶の装備や搭載物も見分けやすいが、1日1回しか撮影できない。
衛星の数が多いほど撮影頻度は高まり、例えば数十基の超小型衛星なら数時間ごとに監視が可能で、
中国の軍港を出た艦船などの動きを継続的に追跡できる。

 実現の鍵を握るのは、夜間や悪天候でも撮影できる「合成開口レーダー」の小型化だ。
尖閣諸島をはじめ日本周辺は雲に覆われた日も多く、監視の実効性を確保するためには欠かせない。

 超小型レーダー衛星はビジネスや災害対応などでの利用を想定し、来年から国内で実証試験が始まる。
福岡市のベンチャー企業「QPS研究所」は来年夏までの打ち上げに向け、来月から1メートルの物体を
見分けられる衛星を組み立て始める。
一方、慶応大の白坂成功(せいこう)教授らは政府から約20億円の支援を受け、来年末までの打ち上げを目指す。
(以下略)

http://www.sankei.com/life/news/180815/lif1808150002-n1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 84◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530150407/


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/15(水)12:23:05 ID:KHx

不審船と交戦した時もアメリカの衛星に頼ったって話。
あれから何年もたつのにな。


5:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/15(水)12:29:41 ID:ofc

>>3
今までは、まー大丈夫とか思ってたんやろかね
ここにきて、そろそろ中国ヤバイって思ったんやろか
予算は有限だから後回し案件だったって事かな


6:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/15(水)12:31:43 ID:fZL

検討じゃなくてすぐやるべし


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/15(水)12:34:23 ID:JIU

>>1
>一方、慶応大の白坂成功(せいこう)教授ら

縁起の良い名前ですな。


13:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/15(水)12:44:50 ID:QZx

本格的な監視システムですね
スムーズに移行よろ


14:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/15(水)13:04:30 ID:Cpg

監視と攻撃機能も持たせよう


16:ツチノコ狩り[]:2018/08/15(水)17:19:32 ID:fRe

イプシロンを量産しよう


18:警備員◆OQUvCf9K4s[]:2018/08/15(水)17:23:10 ID:Mng

>>16
もうイプシロンの次を開発している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/SS-520%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88


19:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/15(水)17:34:37 ID:Zk5

特に利害関係が複数入りくんでる訳でもなく、侵入してくるのは支那船ばかりだから、取り敢えず侵入されたのが分かればいいって話か。
割り切ったプランで割り切った機能だけを持たせて値段を下げて数を上げて、見えない時間を無くそうってか。


20:ツチノコ狩り[]:2018/08/15(水)17:42:09 ID:fRe

>>18空中発射型なんてあるんだねワクトキだわww
>>19厳重な監視網下に突撃してくる中華艦隊を機雷原で一網打尽にwww


17:FX-502P■忍法帖【Lv=5,メタルキメラ,OUu】[]:2018/08/15(水)17:22:12 ID:CzT

監視体制が拡充されるのはもちろんいいんだけど
発見したのを排除できるようにしていかないとだめなんでは


21:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/15(水)17:53:09 ID:fUR

本丸は鹿島が護岸工事した南酉島の水没作戦 アメチャンも海底資源の利権がらみで黙認な。


22:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/15(水)17:54:09 ID:JX8

何も手出しできないのを「頑張ってます」って誤魔化してるだけのような


23:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/15(水)18:59:20 ID:KED

本当はフル機能な衛星を追加投入出来る予算が降りる方が良いんだがね…(-_-;)


24:名無しさん@おーぷん[]:2018/08/15(水)19:15:15 ID:4ZF

なんでもやれい
足らん足らん足らんぞー


27:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/08/15(水)22:18:15 ID:p4G

5000隻ぐらいの武装漁船が押しかけたときに備えて、
1000機ぐらいの無人機飛ばして、CBU-97(最大40隻を仕留める)的なやつを、
1000発ぐらいはばら撒ける体制にしておくべきだろう。



管理人談話:
超小型レーダー衛星を使って、実証試験をするQPS研究所の代表によると、
将来的には36機の衛星打ち上げを予定していて、実現すれば、平均10分
間隔であらゆる地表の最新映像が見えるようになるとか(産業革新機構より)。

また、白坂教授は慶応大の教授ですが、その前は三菱電機のエンジニアとして、
宇宙開発に携わっていた人物です。