1:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/14(土)11:07:45 ID:d1d

【ソウル聯合ニュース】人気俳優、イ・ビョンホンの主演で注目を集める韓国
ドラマ「ミスター・サンシャイン」(原題)の内容に親日的な部分があるなど
の指摘が出たことを受け、制作サイドは13日、謝罪するとともに内容を修正
すると発表した。

 ドラマ制作サイドはこの日発表したコメントで、「本ドラマの公式ホームページ
や制作発表会で紹介された(ユ・ヨンソク演じる)ク・ドンメのキャラクターは
日本を美化する素地があるほか、歴史的事件の中にある実際の団体を背景にする
ことは正しくないとの指摘を受け、制作側は仮想の団体として内容を修正した」
とした。
 先週放送された2話から本格的に登場したク・ドンメは「黒竜会」という組織
の支部長として登場した。同組織は実際に存在した極右団体であることから問題
になった。 

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/07/13/0200000000AJP20180713005000882.HTML


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/14(土)11:45:22 ID:cwR

死んで詫びろ(´・ω・`)


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/14(土)11:47:30 ID:cwR

あ、これNETFLIXのやつかな?
NETFLIXで反日はダメだな(´・ω・`)


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/14(土)12:07:07 ID:RBF

やっぱり異常な国だな

5:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/14(土)17:52:49 ID:Neg

楽しいヘイト 愉快なヘイト ヘイトヘイト!



管理人談話:
今年は日韓パートナーシップ宣言から20年という節目でしたが、
来年(2019年)は韓国で抗日100年(1919年に独立運動と大韓民国
臨時政府が樹立)となり、記念事業の推進委員会が発足するなど、
ますますうるさくなりそうです(産経新聞より)。