1:■忍法帖【Lv=21,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/06/30(土)05:24:10 ID:???

 奈良時代に漆(うるし)の生産拠点「漆部造(ぬりべのみやつこ)」が置かれ、「漆発祥の地」とされる
奈良県曽爾(そに)村が、長年廃れていた村産漆の復興に取り組んでいる。古くから塗料や接着剤など多様な
用途に使われ、英語で「japan」と訳されるほど日本を象徴する素材の漆だが、実は現在国内で使う97%が
中国などからの輸入。
国宝や重要文化財建造物の修復にすら外国産漆を使わざるを得ない現状に、「日本の宝は日本の素材で守る」と、
発祥の地の誇りを胸に立ち上がった。(田中佐和)

漆文化の発信拠点完成
 奈良市から車で約1時間半。三重との県境に位置する曽爾村で5月25日、ものづくり工房「漆復興拠点ねんりん舎 
Urushi Base Soni」の完成式典が行われていた。
 20年間空き家だった古民家を改修して作られた同施設は、県内外の漆作家らが活用するシェア工房であるとともに、
観光客向けの漆製品の展示やカフェスペースを設けた、漆文化の発信拠点にもなっている。
 村産漆の復活に取り組み始めて13年。式典で芝田秀数村長は、「文化の復興、継承には若い力が必要。
この工房がそのための場所となるよう、村を挙げて取り組む」と高らかに宣言した。

職人が住んだ漆部郷
 人口約1500人の小さな村、曽爾村は「ぬるべの郷(さと)」の愛称で親しまれる。「ぬるべ」は「漆部」
と書き、漆塗り職人を指す。ここは漆が多く自生する土地として、奈良~平安時代に朝廷に献上する漆や漆器の
生産拠点「漆部造」が置かれた、漆発祥の地とされている。

 鎌倉初期までに成立した辞典「伊呂波字類抄(いろはじるいしょう)」には、漆部造設置にいたる漆塗りの起源が、
こんな伝承で紹介されている。

 《倭武皇子(ヤマトタケルノミコ)が山で狩りをしていたとき、獲物に矢を射たがとどめを刺すことが
できなかった。それならばと、漆の木を折って木汁を矢先に塗り込めて再び射ると、見事仕留めることができた。
手が黒く染まっていることに気付いた皇子が持っていた品物に木汁を塗ると、黒い光沢を放って美しく染まった》
 曽爾村は他にもさまざまな時代の文献で「漆部郷」の名で登場するが、時代とともに漆塗りの文化は廃れ、
いつしか職人もゼロに。戦後はスギやヒノキの植樹のために大量の漆が伐採され、村には「ぬるべの郷」と
いう名前だけが残った。

(以下略)

https://www.sankei.com/west/news/180629/wst1806290001-n1.html


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/06/30(土)05:35:24 ID:iZ2

日本の方が品質が良いらしいね
てか自給出来るならそれに越した事はない


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)06:19:38 ID:0fL

>>2
中国産は直ぐに割れが入るらしい。日本産の方が長持ちするんだって。


5:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)06:23:43 ID:5Nu

>>4
ネットで割れてリアルでも割れるのかwww


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)06:12:37 ID:5Nu

>曽爾(そに)村
SONY当たりと組めばいいんじゃ


6:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)06:56:19 ID:T2D

なんや、支那産ってどんなもんでもパチもんやねんなwww。


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)07:50:22 ID:ULR

> 長年廃れていた村産漆の復興に取り組んでいる

> 村を挙げて取り組む」と高らかに宣言した。

1970年 3,189人
1995年 2,645人
2005年 2,193人
2015年 1,549人

人口減少が加速している、漆復興より先に村が消滅するわ


8:■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】[]:2018/06/30(土)08:00:44 ID:NJx

>>7
ま、だからこそ起爆剤の一つとして期待をかけてるんでしょうな。


10:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)08:21:20 ID:KGS

>現在国内で使う97%が中国などからの輸入
漆って、そんな事になってんのか


13:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)08:59:02 ID:fTn

中国産はこれから関税かけりゃ良い
日本の産業を守るためにも是非政府は実行に移すべき
そしてその為にも、国内企業は中国から少し距離を取るべき
政府の考えている事と財界の考えていることが真逆すぎる
政府は対中包囲網に躍起なのに、財界は中国べったりすぎる


14:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)09:06:56 ID:8TX

漆が何で廃れたのか不思議だったんだが
杉とかの植林で伐採されたのか…


26:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)10:06:17 ID:fTB

ヤマトタケル、イヅモタケル、ワカタケル、クマソタケル、、、。
このタケルは役職名だったのか、それとも古代はタケルが人気の名前だったのか…。

スレ違いスマン。


88:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/02(月)14:15:19 ID:PVG

>>26
太郎次郎三郎みたいな命名ルールの可能性(何


40:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)11:37:56 ID:ae6

中国との貿易量減らすしかないんだよなぁ
こういうのを守るってさ


41:■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】[]:2018/06/30(土)11:42:12 ID:NJx

>>40
まず国内生産の振興が先ないと、
単純に漆の値上がりになって、
国内漆器産業のコスト増→衰退になるだけだぞ。

現状3%の国産シェア。
これがどうがんばったって、すぐに33倍になるはずがない。
数年かけて倍、さらにかけてその倍、そのくらいがせいぜいだろ。
国産比率がせめて半分程度あるならそういう中国産絞る方針はありだけど、
現状それやっちゃうとトランプのハーレー脱出と同じ轍をふむぞ。


42:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)11:45:27 ID:8TX

何か伸びてるから覗きにきたら漆と関係ないとこで伸びてたのねw

>>41
先ず漆の木を増やさないと駄目みたいだしねぇ


43:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)11:47:15 ID:ae6

>>41
同時進行で振興費を国が出せばあるいは
徐々にでも増やしていくしかないよね
減ったのもいきなりじゃないはず


51:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/06/30(土)12:34:19 ID:IOE

漆じゃ無いアルヨ、地溝油100%の特製塗料アル
とってもエコアルヨ


53:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)13:06:08 ID:UpJ

村に住む、まさに郷にいれば郷に従う、だぞ、本当にわかっているのだろうが

奈良県曽爾村

田舎暮らしQ&A
https://www.vill.soni.nara.jp/forms/info/info.aspx?info_id=16053
定住したらその地区の自治会組織へは加入しなければならないのですか。
回答
加入します。
都市部でも町内会などの組織があるように曽爾村でも○○大字という、
それぞれの地区に大字組織があります。大字の祭ごとや、水道施設の維持管理、
道の草刈り、集会所の清掃などなど大字の公益的な仕事があります。
また、各年度毎(2年任期もあり)に役員の改選があります。
田舎では、昔より農耕を中心とした相互扶助の精神が脈々と生きています。
その意味でも都市部とは違い、それぞれの大字で強い結びつきがあるのです。
このことを理解したうえで、その大字に住み、その大字に加入することが
当たり前のことなのです。郷にいれば郷に従うという言葉を思い出し、
かみしめてください。

初めて転入したら隣近所へあいさつが必要ですか。
回答
前述しましたように田舎は、人口密度は低いですが、近隣のつきあいの密度は
高くなります。隣に住んでいる人はいったい何者かわからないという状態は、
正しいことではありません。「○○から来た○○です。よろしくお願いします。」
とあいさつすることは、当然のことです。
それと忘れてはならないのが、大字の役員の方々へのあいさつです。
知らない地に住んで、これから色々な人に世話を願うわけですから。


56:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)16:40:21 ID:Azw

職人増やすのはいいけど漆の木の植林も進めてるの?


57:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/06/30(土)17:04:06 ID:eC0

漆系の樹は紅葉最強 山の賑わい
無知が触ってかぶれて駆逐されていく


70:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/01(日)01:51:25 ID:0En

>>57
昔は幹に切り傷があったから判別可能だったそうなんだけどね


59:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/06/30(土)18:51:46 ID:s4r

漆器製品の製造コストの大部分はおそらく人件費だよ(-_-;)


60:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/06/30(土)18:56:22 ID:s4r

俺が思うに、もっと完成品で輸入されている自転車あたりに対して
対中報復関税かけて排除したとしても
製造ラインなどの復活は3年程度で元の規模を取り戻し
十分に販売可能な価格の商品が市場に並ぶよwww
(中共参入による価格破壊前の水準だがね)

価格破壊による安値を基準値にしてる奴は馬鹿だな。
だから利益が出ねえんだ。


64:名無しさん@おーぷん[]:2018/06/30(土)20:07:34 ID:Xqx

でも公務員採用に国籍条項のない奈良なんだよね・・・


67:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/01(日)00:31:46 ID:zvi

>>64
籠池も奈良の公務員出身なんだっけ


66:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/01(日)00:31:08 ID:Oep

文化財に使う漆は日本産の漆じゃないと劣化が早いらしいな。
だもんで、歴史的建造物の大規模な改修工事が始まると
民間に出回る量が極端に減る。


68:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/01(日)00:33:54 ID:zvi

>>66
湿度とか気温とか順応して育ってきた環境も重要なんだろうな


71:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/01(日)07:44:40 ID:6NL

>>68
中国産漆は成分から違うらしい。
ゴムみたいな成分が多いから塗っても伸びず、分厚いぼってり質感になって
ゴム質がすぐに劣化するし硬度も低いから、強く爪が当たったくらいでも傷がつくような品質で
すぐに駄目になるとのこと。
同じ日本産でも東北産の漆だとそんな感じになるものが多いらしいから、気候が重要みたい。
関東以南の漆が薄く硬く耐久性もある、つややかな仕上がりになるらしい。


75:■忍法帖【Lv=19,スカルゴン,vlJ】ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw[]:2018/07/01(日)11:41:41 ID:Zr2

縄文時代の古い頃から漆器を作ってきたのが日本
この伝統は絶やしてはいけないだろ


78:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/01(日)17:04:56 ID:tgD

ちなみに、戦後の昭和34年から3年間、政治的な理由で中共は漆の対日輸出を停止した前例があるようだ。
https://unit.aist.go.jp/tohoku/techpaper/pdf/4308.pdf

おそらくこの構図は現状でも全く変わらず
いつでも中共の恫喝カードとなり得る日本産業(それも伝統工芸だ)のウィークポイントなのだと考える。
早急に支援してほしいものだと切に願う。


84:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/01(日)19:40:41 ID:qWx

以前、NHKで放送していた記憶がある。
日本の漆生産高は岩手県が圧倒的だ。
後継者が少なく値段も高い。
しかし、中国産は遥かに安いが耐久性に欠けるそうだ。
国宝級の修理は値段が高くても日本産を使うべきだ。
耐久性が遥かに優れている。
これも悪貨が良貨を駆逐する例か。
奈良県も頑張ってほしいが、漆の木が成長するのに時間がかかるだろう。


91:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/03(火)13:22:34 ID:0pY

NHKの報道はどういうことかと言うと、中国産の漆で修理したところは変色して
駄目だったと言うこと。
だから少なくとも国宝や重要文化財は値段が高くても日本産を使うべきだと。
文化庁もそのような方針にしたとか。
日本産の漆と中国産の漆は種類が同じでも気候土壌が違うので同じようにならないのじゃなかったかな。


89:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/02(月)16:17:18 ID:9tD

でも従業員は外国産なんでしょ?


90:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/03(火)10:34:29 ID:M2X

この前刀のことでスレたったけど日本の伝統工芸の汚染は
すごいらしいな。
後継者がいないのがいけないんだろうけどな。
伝統職人でさえ息子は銀行員とか公務員にしたがっちゃうからw


92:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/04(水)01:35:35 ID:zGn

まあ鎌倉彫くらいなら中国産の漆でもいいかなw
鎌倉の街並みから鎌倉彫を扱う店がどんどん消えてるけど。
100円ショップのお椀なんかはだいたい中国産だな。


93:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/04(水)02:03:23 ID:E8e

>>92
100均で漆?w
ウレタン塗装のこと?


99:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/05(木)22:10:16 ID:1MO

>>93
あはは。そうかも知れない。


94:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/04(水)06:53:01 ID:voC

だって100均の業者のほとんどが・・・あとCMでおなじみの廉価インテリアショップも・・・


95:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/04(水)10:21:54 ID:5Bh

日本で使われている漆の99%が輸入で主に中国からのものだ。
国産は1%ぐらいで、岩手が圧倒的で茨城、栃木と続く。
今朝のNHKラジオのニュースを聴いていたら、岡山県の真庭で漆生産に
乗り出したと言っていた。
すでに漆の木は1000本植えていて、今年はその一部から漆をとる作業を始めたと。


98:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/04(水)17:10:33 ID:REs

>>95
いいねいいね


96:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/04(水)10:39:40 ID:aSV

知的財産権の侵害だな
米国と手を組んで、中国を追い詰めるべき


97:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/04(水)14:40:12 ID:3yr

とりあえず筆頭敵対国に物資依存するような
異常な状況をなんとかしないといけない。
中共はいつ政治利用してきてもおかしくないのだから。


102:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/05(木)23:50:00 ID:hvp

頑張ってくれ


103:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/06(金)23:35:29 ID:Aws

やはり国産はいい
中国産だと安かろう悪かろうでなぁ



管理人談話:
漆生産全国一の岩手県では「地域おこし協力隊」の制度を活用し、
2016年度から募集を開始。他県から漆掻き職人などを目指す若者が
二戸市にやって来ているとか(デーリー東北より)。

同市は2022年度までに、年間2トンの漆の生産目標を掲げ、一丸となって
原木の確保に取り組んでいるそうです。

一方、その漆掻きに必要な道具を生産する職人も、後継者の育成に難航
しているようです(デーリー東北より)。