1:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/02(月)15:30:35 ID:???

ロペスオブラドール氏はまた、主要な公約である汚職対策にも力を注ぐと語った。
ロペスオブラドール氏は、国境の壁建設には否定的な見方を示しているほか
NAFTAについては維持する姿勢を示している

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-35121796-cnn-int


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/07/02(月)18:38:50 ID:???

こいいうふうに終息させるしかないのかもな


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/02(月)23:04:56 ID:???

あれ?あのイケメン大統領じゃなくなっちゃったのか?


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/03(火)02:05:50 ID:???

ラブドール


5:名無しさん@おーぷん[]:2018/07/03(火)14:00:37 ID:???

元メキシコ市長か。ドゥテルテのような期待感でもあるのかな。



管理人談話:
メキシコは汚職に加えて、フィリピンと同様、麻薬戦争によって治安の悪化も
ひどく、去年(2017年)の殺人件数は約3万件と、1997年以降の統計では
最悪となっています(産経新聞より)。

また、同日(1日)に実施された同国首都のメキシコ市長選では、初となる
女性市長が誕生しました(暫定市長では女性もいた)。
当選はメキシコ市トラルパン区の前区長クラウディア・シェインバウム氏で、
物理学者でもあります(時事通信より)。