1:■忍法帖【Lv=20,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/05/29(火)09:41:07 ID:???

2018.5.28 23:54
 【シンガポール=吉村英輝】マレーシアのマハティール首相は28日、クアラルンプール近郊で記者会見し、
同国とシンガポールを結ぶマレー半島高速鉄道計画の廃止を表明した。同計画は、中国が、経済圏構想「一帯一路」の
主要事業として、受注攻勢をかけていた。

 マハティール氏は、同計画廃止を「最終決定」とする一方、違約金交渉が必要だとした。
ナジブ前首相と2016年末に協定に署名したシンガポールは、26年の開通へ向け、国内の用地取得などに着手していた。

 高速鉄道はクアラルンプールとシンガポールの間の約350キロを約1時間半で結ぶ計画。
現在は車で約5時間かかり、空路の利用者も多い。

 事業者を選定するための入札手続きを昨年12月に開始していた。日本の企業連合も、新幹線方式での受注を狙い、
中国と激しく受注を競っていた。

(以下略)

https://www.sankei.com/world/news/180528/wor1805280025-n1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 83◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524541339/


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/05/29(火)09:48:25 ID:DAF

賄賂をもらっていた前政権のスタッフの追及も始まりそうだな…。


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/05/29(火)09:51:18 ID:X2g

高速列車を提案したり、港湾建設を提案したり…
一帯一路って、一体なんなのでしょうね


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/05/29(火)09:54:10 ID:i2H

関連スレ
【国際】中国がマレーシアの1兆3000億円鉄道プロジェクトを受注―中国紙 [H28/11/3]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478605855/

【一帯一路】マレーシア東海岸鉄道計画中止か ~1兆5000億円総工費は中国の”融資トラップ” [H30/5/23]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527043744/


7:ツチノコ狩り[]:2018/05/29(火)11:47:56 ID:78q

よかったね植民地にされなくて


8:名無しさん@おーぷん[]:2018/05/29(火)12:10:13 ID:at1

日本は90年代になんでマハティールの呼びかけに応じなかったのかなあ
二国で協力すればアジアはもっと安定していたかもしれないのに


9:名無しさん@おーぷん[]:2018/05/29(火)12:11:13 ID:at1

マハティールの後に、中国に篭絡されないしっかりした首相が
出るかどうか心配だ。


10:名無しさん@おーぷん[]:2018/05/29(火)12:16:23 ID:DAF

>>9
あくまでこの人は、”ワンポイントリリーフ”だもんな。
言っちゃなんだが、齢90は、いつ何が起こっても不思議じゃない。
短期間で、しっかりした若い後継者を育てて欲しいものだね。


12:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/05/29(火)12:41:51 ID:RIK

>>9
基本的に権力者が引退すると次の権力者は方針変えたがるものだ
シラクの次のサルコジのように。
まあ安全保障関係で酷いことが起こらなければいい。


11:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/05/29(火)12:34:00 ID:FjW

中国の企業が、中国の物資と機材を使って、中国人労働者で、
工事をすすめる。

支払いは、事業進行状況ではなく、計画上の進行状況に応じて、
AIIBから中国企業に直接支払い。

建造物もしくは建造途中残骸と債務だけが締結国に残る。

建造物は、占有権・地権・使用権を借金のカタとして中国に取られる。

結果、借金だけが残る。

何故にこんなボッタクリ契約をするのか?
・飲む・打つ・抱くの賄賂攻勢と、脅し


13:名無しさん@おーぷん[]:2018/05/29(火)13:22:51 ID:ciD

まともな判断だよ。
中国に魂を売る奴らが権力を持つとろくなことにならない。


15:名無しさん@おーぷん[]:2018/05/29(火)14:20:23 ID:Ylk

まんま大陸打通作戦でマラッカ海峡とか東シナ海までの権益を丸取りつもりだもんな

その内、海域を利用したければみかじめ料出せと言いかねない



管理人談話:
マハティール首相が今回の高速鉄道計画廃止とともに、見直しを進めている
同国最大規模の鉄道建設計画は、約1兆5000億円の事業費とされてますが、
中国の銀行から、受注した中国の建設業者に直接融資され、マレーシア側は
一度も引き出してなかったり、利息も含むと、中国への債務は2兆5000億円に
達するとされています(産経新聞より)。

日本の河野外相は来月(6月)8日から、マレーシアとシンガポールを訪問する
方向で調整に入りました(読売新聞より)。