1:■忍法帖【Lv=19,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage]:2018/04/29(日)09:46:40 ID:???


 刑務所に携帯電話が密かに持ち込まれる問題は、世界的な悩みの種となっている。
そんな中、中央アメリカ南部の国、コスタリカは、携帯電話の運び屋として猫を使用した世界初の国になったようだ。

 4月17日、コスタリカ司法省は、アラフエラにあるラ・リフォーマ刑務所に入り込もうとした猫を途中で
捕まえた動画を公開した。

 この猫は胸や首に奇妙な包みを結びつけられていた。
なんとか猫から包みを奪い取り、中身をあらためると、中古の携帯電話、充電器、交換用電池、イヤホンが出てきた。

 コスタリカ司法省の広報は、猫を捕まえた正確な場所などは明らかにしていない。
また、この猫を捕まえるのに職員がどれほど骨を折ったかについての明言も避けた。

 だがこの数週間のうちに、訓練された猫が看守に捕まるのはこれが二度目だと発表した。

(以下略)

カラパイア/4月28日
http://karapaia.com/archives/52258714.html



2:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/29(日)09:49:33 ID:RVQ

>また、この猫を捕まえるのに職員がどれほど骨を折ったかについての明言も避けた。
なんか微笑ましいなw


3:ツチノコ狩り[]:2018/04/29(日)09:55:43 ID:oQR

カリカリですぐに寝返る予感


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/29(日)09:59:53 ID:mF3

実はこの猫が本当の黒幕

5:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/29(日)11:00:48 ID:4jb

>>4 ニャラボルタ


6:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/29(日)11:03:14 ID:7B2

これメリカか旧ソ連のどっちかが猫にボム括り付けた実験したとかいう
都市伝説もあったような?


9:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/29(日)12:27:42 ID:EKS

>>6
体内にマイク埋め込んで盗聴器ってのは、米露両方でやってた筈。
スパイ同士が公園のベンチで世間話しながら情報交換ってのは本当にやるみたいで、それを盗聴する為に、
「常に公園のベンチの下に居る猫」として訓練()したらしいが、結果はお察しの通り。
戦車の下に潜り込む犬爆弾はナチスがやったが、訓練の際に自軍の戦車を使用した為に、実戦でも自軍戦車の下に行く事が殆どで以下同文。
どうせこの猫も、看守の詰所に餌でもねだりに行ってバレたんだろう。


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/29(日)11:03:35 ID:cf2

コスタリカの奴らは頭悪いな
マタタビのにおいをかがせればイチコロではないか


8:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:2018/04/29(日)11:10:12 ID:HBD

名前はジジ?


10:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/29(日)16:04:52 ID:8FT

名付け親の最後の手紙を届けるお役目中かも知れないだろ!


11:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/29(日)16:28:35 ID:HPJ

こうみょうなさくせんだ


12:警備員◆OQUvCf9K4s[sage]:2018/04/29(日)17:32:40 ID:3xG

因みに靖国神社には、軍馬、軍犬、伝書鳩の慰霊碑があるとか。

あまり関係ないのでサゲ



管理人談話:
記事には、軽いもの(麻薬など)を鳩に運ばせた事例が挙げられていますが、
猫と同様に、携帯電話を運ばされた鳩も、南米(ブラジルだったか)の刑務所で
見つかっています。

近年はドローンを使った方法も、見られるようになりました。

持ち込んだ電話で、逃走計画の支援や薬物の処分、外部の人間に報復を
命じるといったことなどに使われます(単に外部との接触に飢えていることも)。