1:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/14(土)12:04:54 ID:2c4

トランプ米大統領は米東部時間13日午後9時(日本時間14日午前10時)ごろ、シリアのアサド政権による化学兵器使用を受けた「精密攻撃」を命じたと発表した。
英仏両軍も作戦に参加。AFP通信などによると、演説の最中に首都ダマスカスで複数の爆発音が聞こえた。米国防総省は、首都ダマスカスや中部ホムス県のシリア政府軍の化学兵器関連施設を攻撃したと明らかにした。

 アサド政権による「化学兵器使用」を理由にした武力行使は、昨年4月に次いで2回目。米政府は13日、シリアの首都近郊で用いられた化学兵器について、猛毒の神経剤サリンが含まれているという情報があると指摘した。
アサド政権の後ろ盾であるロシアの警告を無視して軍事攻撃を実施したことで、両国関係がさらに悪化するのは避けられない見通しだ。

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018041400289&g=use


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/14(土)12:29:20 ID:wQi

どこかの豚もガクガク震えている頃だろう。


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/14(土)12:48:35 ID:AYt

わーたーしーはーやってないー


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/14(土)13:56:57 ID:oDq

英仏もか。



管理人談話:
シリア攻撃について、安倍首相は「米英仏の決意を日本政府として支持する」と
表明しました(ロイターより)。

今回の攻撃はシリアでのロシアの影響力拡大に危機感を抱く英仏が、トランプ
大統領に攻撃を働きかけたことも背景にあると指摘されています(産経新聞より)。
ロシア軍との衝突を避けるため、専用回線で通告したともあります。

また、米国務省はシリア政権による化学兵器使用の信頼性が高い証拠を入手
したとも発表しました(ロイターより)。