1:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/08(日)10:45:54 ID:8af

ドイツ経済は絶好調だ。経常収支では中国を凌ぐ世界一の黒字。国家予算のプライマリーバランスも2014年から連続黒字。だがそんなドイツで、貧困問題が深刻化しつつある。
助け合いの精神で運営されてきた草の根の貧困層支援活動が大混乱しているという。なにが起きているのか――。

ドイツに、ターフェル(Tafel)という運動がある。ターフェルには「食卓」という意味があり、1993年にベルリンで、1人の女性が始めた慈善事業だ。
お店で売れ残ってしまった食料品(期限切れではないもの)を、企業やスーパー、あるいは個人から寄付してもらい、それをお金のない人々に無料、あるいは廉価で提供している。

最初は1軒から始まったこの活動が、いまではドイツ全土に広がり、1000近くのターフェルが2100カ所もの配給所を運営している。日本でも、フードバンクと呼ばれる同じような援助活動がある。

ドイツのターフェルの経費は草の根の人々の寄付で賄われている。働いている人たちは主にボランティアで、6万人。
お店は週に1度か2度、時間を限って開かれ、食料だけでなく衣料品の配布、炊き出しなどをしているところもある。訪れるのは主に、何らかの理由で満足な年金がもらえないお年寄りや、シングルマザーたちだ。

ところがここ数年、そこに多くの難民が加わり、各地で援助が困難な状況になってしまった。
列に並ぶ習慣のない人たちが押しかけ、内側に人がいるのに開かないドア(まだ時間になっていないから開かない)を突き破ったり、子供を使って勝手に食べ物をとらせたりと、多くのターフェルで大混乱が起こった。

そうこうするうちに、ボランティアで働いていた人が押し寄せる若い難民たちを怖がりはじめ、それまで食料をもらいに来ていた人たちもターフェルを離れていった。
ここに至って、分け隔てなく助け合うというのがモットーで、皆が決まりを守って運営されていたターフェルが、機能しなくなってしまったのだ。

http://president.jp/articles/-/24843


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/08(日)10:54:20 ID:P4T

知ってた


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/08(日)12:56:56 ID:Xsf

ま、そうなるな


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/08(日)14:17:22 ID:OFz

そして誰もいなくなった

5:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/08(日)16:06:46 ID:fSt

文句があるならメルケルに言え


6:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/08(日)16:46:56 ID:gVT

あほくさ
追い出せよ



管理人談話:
イスラエルがアフリカからの難民希望者1万6000人余りをカナダやイタリア、
ドイツへ引き渡す見通しとなりました(CNNより)。

元々はアフリカの第三国へ送る計画としていましたが、人権団体が反発。
最高裁でも執行の一部差し止めが命じられたためです。

ドイツはまた難民が増えますねえ。