1:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/04(水)15:00:42 ID:TFi

2日に衆議院で行われた拉致問題特別委員会において、日本共産党の笠井亮議員が
「北朝鮮が南北協議の合意で、北に対する軍事的脅威が解消されれば核を保有する理由がなく、
対話を持続する間は核実験やミサイル発射による挑発を行わないというモラトリアムを明確にしている」
と質問したことに対し、河野太郎外務大臣は「そもそも安保理決議案に違反している核開発など、
やってはいけないことを止めたからといって褒美があるわけではない」と述べた。

http://ksl-live.com/blog14861


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/04(水)15:18:39 ID:Lby

せやな(´・ω・`)


3:ホムンクルス◆oN7dKohdLoRV[i.roadstere@docomo.ne.jp]:2018/04/04(水)16:26:29 ID:l1Y

正論だね。


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/04(水)20:48:05 ID:At3

背景まで含んでるねwwwGJ


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/05(木)03:16:42 ID:MAq

茶番のいつもの延命時間稼ぎ



管理人談話:
そもそも、共産党の笠井議員は「北に対する軍事的脅威の解消」を
どのような状態と考えているんでしょうかねえ。
「対話の持続」だって、北朝鮮側がやめた場合はどうなるのか。