1:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/02(月)15:26:20 ID:uNT

ペルシャ湾岸で最小の産油国であるバーレーンは、
1932年に原油生産を開始して以来最大の油田を発見した。

続きはソースで
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-01/P6J3EB6S972801


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/02(月)17:01:29 ID:Era

野球場からバーレーン


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/02(月)20:23:26 ID:69E

>>2
書こうと思ったら俺がいた


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/02(月)17:21:24 ID:UeH

バーレーン史上 最大の油田


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/02(月)18:17:52 ID:1gS

ウッキウキで増産してくれればガソリン価格下がるのに。


5:名無しさん@おーぷん[]:2018/04/02(月)19:47:31 ID:OGx

脱石油が進みそうだから、この手の観測気球も頻発しそう


7:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/04/02(月)20:51:39 ID:5wS

ばーれーたーかー



管理人談話:
バーレーンは現在、歳入の約8割を石油に頼っていて、去年(2017年)11月には
ペルシャ湾岸の同盟国に外貨準備の補充をはじめ、金融支援を要請していた
こともあります(ブルームバーグより)。