1:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/31(土)13:27:29 ID:JK3

米国国務省が、すべてのビザ申請者に対して過去5年分のソーシャルメディアのアカウント情報や履歴
その期間に使用していた電子メールアドレス、電話番号の開示を要求するとCNNなどが報じています。
米国では、これまでテロ活動の活発な地域からの入国者などに限定して同様の要求をしていましたが、
今回米連邦官報向けに提出された書類によると、
移民か否かにかかわらず米国に入国するほぼすべての人にまで対象が拡大されることになります。

唯一例外となりそうなのは外交官や公用ビザ申請者ですが、
これに関しても国務省の文書では"ほとんどの"という表現が使われているため、
場合によってはソーシャルメディア履歴の提出を求められる可能性も指摘もされています。

https://japanese.engadget.com/2018/03/30/5-sns-e/


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/31(土)13:45:20 ID:XbY

SNSのアカウントを持ってないから怪しまれるな


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/31(土)14:25:45 ID:lCA

JCの裏垢は?


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/31(土)16:06:03 ID:o8A

国家安全保障のためにテロリスト予備軍入国拒絶

日本もやれ


5:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/31(土)18:14:09 ID:KmT

Facebook こっそり調べてたのが問題になったからかな


6:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/31(土)18:23:36 ID:SD8

あかんネカマがバレてまう


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/31(土)18:25:12 ID:iN6

ピザ注文するだけでなんと面倒な



管理人談話:
日刊工業新聞によると、公務での渡航者の他、日本など38ヶ国に認められている
ビザなし・90日以内の米国渡航者の申請では除外されるとみられています。

具体的なSNS名は出ていませんが、有名所のツイッターやフェイスブック以外に、
中国版ツイッター「微博」なども含まれる可能性が指摘されています。

米政府は去年(2017年)、同措置を導入する意向を示したものの、人権団体が
プライバシー侵害の恐れがあると反対していました。
今回も、人権団体「全米市民自由連合」が情報の提出について、「イスラム圏からの
移民希望者が不当に狙い撃ちされる恐れがある」と批判しました。