1:こたつねこ◆AtPO2jsfUI[sage]:2018/02/07(水)23:52:20 ID:tDD

日本版GPS使い除雪 道央道岩見沢―美唄で試験

ネクスコ東日本北海道支社は道央道岩見沢インターチェンジ(IC)―美唄IC間で、
日本版の衛星利用測位システム(GPS)を使ったロータリー除雪車の試験運転を行っている。
従来のGPSより誤差が少なく、白線やガードレールが雪に埋もれた環境でも、
安全に路肩を除雪できるのが特長だ。

■誤差20センチ以内を目標

日本版GPSは日本のほぼ真上にある衛星を使ったシステム。従来のGPSは衛星位置の
関係で、山や高層ビルに電波が遮られ、環境によっては10メートルほどの誤差が生じた。

同支社は日本版の利用で、走行時の誤差を白線の幅と同じ20センチ以内とするのが目標。
運転手は座席のモニターで自分の車両の位置や角度を確認しながら路肩の除雪を行う。
試験は1台で1月中旬に始め、除雪シーズンの終わりまで使う。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/162431

北海道新聞 02/07 10:40


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/02/08(木)07:06:58 ID:J3N

???
車道じゃなくて路肩を除雪するの?


5:警備員◆OQUvCf9K4s[]:2018/02/08(木)10:48:30 ID:UIA

>>2
高速道路で除雪をすると路肩に雪がたまる訳で…

で路肩には、いろいろな道路構造物とかあるからそれを避けなから作業するのにGPSを使った機械を使おうって話だと思う。


8:[sage]:2018/02/08(木)11:25:44 ID:hNb

>>2
警備員さんが解説されたことに加えて、
北海道は時として路肩に吹きだまったパウダースノーが
吹雪(ふぶき)により視界を悪くするので路肩の除雪も必要、
ということなんじゃないかな、と俺は思った。


3:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:2018/02/08(木)07:16:49 ID:9OD

ttps://static.hokkaido-np.co.jp/image/article/650x366/162/2db0beffb45068c9ce6788decded6a11.jpg
穴掘ってるところが白線かな?

20センチ誤差でGPSを頼りに道の真ん中を進む感じかと


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/02/08(木)09:17:21 ID:ifb

北海でもやるのか(´・ω・`)。
とおほぐでも始めようって話見たけどな(´・ω・`)。


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/02/08(木)10:52:11 ID:nWU

月面に鏡ならべて豪雪地帯に照射すれば溶かせるんじゃ


10:名無しさん@おーぷん[]:2018/02/10(土)02:14:20 ID:ptm

どこまでが道でどこまでが用水路かわからなくなるから、これ大事



管理人談話:
時事通信によると、除雪車の操作には障害物の回避など、熟練した技術が
必要ながら、除雪車オペレーターの内、61歳を超える人の割合が3%ほどだった
1998年から近年、19%まで増加し、人手不足が懸念されているようです。