物見ニュース

何となく目に付いたものを取り上げています。

2018年03月

米露、外交官追放合戦 英暗殺未遂で対立拍車


1:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)15:13:48 ID:???

英国で起きた元ロシア情報員暗殺未遂事件を契機に、米欧とロシアの対立が大規模な外交官追放合戦に発展した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000074-jij-n_ame


2:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)16:04:57 ID:???

日本はどうすんだ?
これも蚊帳の外?


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)16:13:42 ID:???

日本は直接関係ないだろ


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)16:48:45 ID:???

遠交近攻と言うから日本も英国に同調する方がいいだろうな


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)20:58:32 ID:???

んんんー?
なんか起こってるのお???

な、テイでよろしw


続きを読む

北朝鮮までモリカケ言い出す


1:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)17:42:20 ID:zUJ

北朝鮮、このタイミングで「森友」あげつらう 安倍政権は「退陣直前」と論評
 北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩委員長が電撃訪中で南北・米朝首脳会談の地ならしを進める中、党機関紙の労働新聞は日本に批判的な論調を展開している。
 北朝鮮が日本について「ありもしない脅威を煽っている」などと非難するのはこれまでどおりだが、今回は森友学園をめぐる「超大型不正スキャンダル事件」で、
安倍政権が「退陣直前の状況」だと指摘。森友問題から国民の目をそらして政権の危機を脱するために拉致問題を持ち出していると、新たな主張を展開している。
対決姿勢を続ければ「永遠に平壌の敷居をまたげなくなる」と、思わせぶりだ。

労働新聞に署名論評記事
 安倍首相を非難する論評記事は、2018年3月29日付の労働新聞に、「ラ・ソルハ」なる人物の署名入りで掲載された。記事では、日本政府が米国や韓国に対して、
北朝鮮との首脳会談で拉致問題を取り上げるように求めていることを

 "「他人に食い下がって自分の利をむさぼるのに長けている日本の反動層ならではの意地悪な妄動」"

などと非難。その上で、

 "「日本の反動層はありもしない私たちの『脅威』を粘り強く世論化し、それをあからさまに彼らの侵略の野望を実現しようと狂ったように暴れている」"

などと恒例とも言える主張を展開。

 "「安倍一味が反共和国(編注:北朝鮮)対決にしがみついているのには別の理由がある」"

として、森友学園の問題を持ち出した。


https://www.j-cast.com/2018/03/29324908.html?p=all


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)17:54:53 ID:in5

言ってる事がザル


3:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)18:26:40 ID:REo

よく言うわな
国会議員に工作させてるくせに


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)18:41:08 ID:W5f

辺野古のハングルといい、本当に隠さなくなったな。


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)20:56:10 ID:EzU

んまあwww


続きを読む

宇宙船50回ぶつければ小惑星を弾き飛ばせる? NASAの研究結果


1:◆dy5OJynnfTQj[sage]:2018/03/26(月)11:53:06 ID:2h2

 地球に衝突しそうな直径500メートルの小惑星をはじいて安全な軌道へ移動させるには、重たい宇宙船を10年間に約50回ぶつける必要があるとの研究結果を、米航空宇宙局(NASA)などのチームが26日までにまとめた。

 もっと大きな小惑星が飛来したり、地球への衝突直前に見つかったりすると、重い物をぶつけるだけでは対処できない可能性もあり、チームは「核爆弾を検討する必要がある」としている。

(省略)

毎日新聞2018年3月26日 09時42分(最終更新 3月26日 10時05分)
https://mainichi.jp/articles/20180326/k00/00e/040/165000c


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/26(月)11:56:02 ID:GCi

一ヶ国一機出せば合う単純計算


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/26(月)11:57:05 ID:PKC

>小惑星「ベンヌ」の衝突確率は現時点で2700分の1
>この大きさの小惑星がぶつかる頻度は1億年に1回程度と考えられている
衝突確率の意味がわからんな
何と何の比率なのか


4:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/26(月)11:57:34 ID:5w3

エアロスミスが50回流れるのか。

5:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/26(月)12:00:42 ID:7nt

アルハゲドン50回もやるのか・・・


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/26(月)12:01:15 ID:h1Y

ブルース・ウィリスも必要になる


7:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/26(月)12:06:30 ID:tCK

>>1
ぶつければってwあんたw


8:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/26(月)12:14:32 ID:uXo

小惑星に核パルスエンジンをつけて、地球との衝突コースから逸らせばいい


9:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/26(月)12:16:41 ID:6F0

そんなものガンダムで押し返してやれ


続きを読む

民進党、新党構想表明 希望の党と合併念頭


1:ホムンクルス◆oN7dKohdLoRV[i.roadstere@docomo.ne.jp]:2018/03/29(木)22:29:49 ID:jpN

民進党の大塚耕平代表は29日の常任幹事会で、新党結成を表明し、民進党出身の国会議員に参加を呼びかけた。
「『中道的な新しい党』『新しい民主党』に同志を糾合し、政権交代実現のための中核的な新党を構築する」と述べ、
賛成多数で了承された。30日の両院議員総会での了承を経て4月中の結党を目指す。
http://www.sankei.com/politics/news/180329/plt1803290025-n1.html


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/29(木)22:33:14 ID:lse

希望もなくなったかw


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/29(木)22:39:49 ID:uXJ

中核派なのね


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/29(木)23:02:29 ID:R6e

くっつけて「希民党」にでもなったら、
絶対「棄民党」って呼ばれるやろなw


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/29(木)23:21:16 ID:lrQ

先の総選挙で、
小池が自民の対抗馬を割ってくれた点だけはて良かった

比例選出だけど、中山夫妻は早く離党しろ


続きを読む

京大「軍事研究は行わない」初の明文化


1:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)00:11:59 ID:iu0

 京都大は、人類の幸福などを脅かす軍事研究は行わないとする基本方針を策定した。

 これまでも「軍事機関からの研究費援助は好ましくない」とする学内の申し合わせがあったが、明文化は初めて。

 基本方針は28日の役員会で決定。「研究活動は、社会の安寧と人類の幸福、平和へ貢献することを目的とし、それらを脅かすことにつながる軍事研究は行わない」と明記した。
今後、個別の研究が軍事技術につながるかどうかを審議する学内委員会を設置する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00050081-yom-soci


2:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)00:24:52 ID:yod

軍用韋駄天炬燵開発の道は閉ざされた


3:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)01:17:12 ID:tUe

そういう判断をすることそのものはいいんじゃないの?
ただ防衛関連との研究をする機関がスポンサーに恵まれた時に嫉妬したらかっこ悪いけど


4:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)01:38:57 ID:nP6

>>3
うむ
嫉妬または無力感
それが後にノーベル賞なんか取ろうもんなら


5:名無しさん@おーぷん[]:2018/03/30(金)02:05:32 ID:c11

aruha


6:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)05:55:42 ID:KUj

人類の幸福の前に日本の幸福に貢献する気のない公機関ってどうなの


7:名無しさん@おーぷん[sage]:2018/03/30(金)08:03:55 ID:0O2

耳触りのいい嘘つくなよ、京大の在チョン准教授が北朝鮮の核開発の主要人物だって再入国禁止になってたろ
日本の国益には寄与しない癖に日本を標的にしてる敵の軍事研究には熱心なんだよな

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/02200600/?all=1


続きを読む
スポンサーリンク
記事検索