1:◆qQDmM1OH5Q46[sage]:2017/01/29(日)12:28:24 ID:???

仏大統領 電話会談でトランプ大統領の政策を強く批判

(略)

アメリカのトランプ大統領とフランスのオランド大統領は、28日に電話で会談しました。

フランス大統領府によりますと、オランド大統領は、難民の受け入れといった原則に従うことこそ、
民主主義を守る闘いだと強調したということで、トランプ大統領が難民の受け入れを一時的に
停止することなどを命じる大統領令に署名したことを批判しました。

また「不安定で不確実な世界に直面する中で、自国に引きこもるのは絶望的な対処法だ」として、
トランプ大統領の保護主義的な政策に対しても強く批判しました。

さらにオランド大統領は、トランプ大統領に対して、イランの核開発をめぐる去年1月の合意は尊重し、
完全に履行されるべきであると伝え、イランの核合意を破棄する考えも示唆するトランプ大統領をけん制しました。

続き NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170129/k10010856741000.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 64◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485556821/66


2:名無しさん@おーぷん[]:2017/01/29(日)12:31:29 ID:ZLP

今年で居なくなるし、後腐れなく色々言える立場だからな
メルケルも似たようなこと言うかもね
まああの人は再選あり得るから同じ立場じゃないか


4:名無しさん@おーぷん[]:2017/01/29(日)12:42:23 ID:s6d

自分の目から見ると、EUこそが
引きこもりばばあの猫屋敷に見える。


5:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/01/29(日)12:42:25 ID:aw0

ヨーロッパに飛び火してくるは時間の問題だからな


6:名無しさん@おーぷん[]:2017/01/29(日)12:45:26 ID:6rz

>オランド大統領は、難民の受け入れといった原則に従うことこそ、
>民主主義を守る闘い

こんなバカな事いってる国がフランス
乞食に施すのと民主主義一緒くたにすんなよw


7:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/01/29(日)12:47:12 ID:KFn

気違い「イスラム化することこそ、民主主義を守る闘いだ」


8:ミリヲタ相模川右岸[ ]:2017/01/29(日)12:49:53 ID:v52

経済はヨーロッパ分断、軍事はNATOで合衆国の支配下に置く。
メリケンの考えは、わかりやすい。


10:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/01/29(日)13:13:19 ID:OjT

アメリカに渡る金があるなら難民じゃないんはね?


11:名無しさん@おーぷん[sage]:2017/01/29(日)13:21:35 ID:6RE

難民受け入れと民主主義を守る事は関係なくね?

今の国民が受け入れを拒否すればそれが民主主義ってもんでしょうが。


12:名無しさん@おーぷん[]:2017/01/29(日)13:26:41 ID:IX8

国として守りたいのは何?
というのが、これからの国家の大問題になるだろうな。
別にイスラム教の国になってもそれが新しいフランスだからそれでいい
というのなら、それも一つの考え方だ。


13:名無しさん@おーぷん[]:2017/01/29(日)13:28:05 ID:Hrj

フランスの国歌は立派なのにな


14:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage]:2017/01/29(日)13:28:57 ID:Bi3

いやいやw電話で批判とかやる意味あるの?w
仏の政治力も落ちたものですね


15:名無しさん@おーぷん[]:2017/01/29(日)13:33:48 ID:8f5

アメリカちゃんばっかりずるいずるい!
ってやつ?

>「不安定で不確実な世界に直面する中で、自国に引きこもるのは絶望的な対処法だ」

不安定で不確実なら自国を守るのに一番確実な方法だと思うが



管理人談話:
自身のその考えが与党・社会党をはじめとする左派勢力が、次期大統領選から
脱落した要因なのにね。

オランド大統領はトランプ大統領が就任前、EUの将来に悲観的な見方を
示したことに、「部外者の助言はいらない」なんて言ってもいます(時事通信より)。

メイ英首相は「米国の難民政策は米国が決めること」としていましたが、
英国内や党内の反発もあり、報道官から「この種の措置には同意しない」との
言及がされました(時事通信より)。

トランプ大統領は日・独・露・仏・豪の首脳と電話会談しています。
日本との首脳会談は来月(2月)10日に決まりました。